癌について深く知りたい方のために出版された本

August 09 [Wed], 2017, 18:26
私達が恐れている病の一つに癌があるため、癌の有効な治療法も医療人に突きつけられた課題です。
新宿ミネルバクリニックの仲田洋美さんの場合は、女性のがんの本当の話という本を出版していて、癌との正しい付き合い方を掲載しています。

その本で癌にかかる確率や癌になっても行くべきではない病院などが分かるので、ある程度の参考にはなるでしょう。
癌専門女医としての視点で書かれているため、信憑性が高い内容に興味を抱いた読者が数多いかもしれません。

女性の癌が増えているので、女性のがんの本当の話の内容に目を通そうとする方は、自分が癌にかかったときはどうすれば良いのかあれこれイメージしているでしょう。
人事ではない病ですし、癌について深く知らないと落ち着いて生活できないという程に危機感を抱いていても不思議ではありません。

将来的に大田区在宅看取りを利用することを想定している方も、先の本で知識を蓄えるおつもりではないですか?
知識は人を救うと言いますし、これからの自分はどうなっていくのかを色々考えることもありがちではないでしょうか。
未来は誰も予測がつかないからこそ、在宅看取り以外にも関心を抱くと私が感じたからです。

父が身をもって教えてくれたことを胸に刻み付けて

May 09 [Tue], 2017, 21:05
数多くの医療人が基本精神に則った医療行為ができているのは、家族の影響が関係しているからかもしれません。
新宿ミネルバクリニックの院長もその一人でして、生前の父が嚥下障害のある認知症になったときに身をもって教えてくれたことを胸に刻み付けています。

色んな患者の死を目の当たりにした院長が父の死で無力感を覚えました。
しかし、患者を含めたご家族を医師がサポートするべきだという考えを父の教えとして院長に根付くようになったそうです。
患者に襲い掛かる死を救えなくても、可能な限りの支援で患者やご家族が納得する結果に導くことはできるはずだと院長が信じているのでしょう。

医療人たる者、患者やご家族の立場に立った医療行為に邁進するべきだと感じると共に、荒川区在宅看取りにも一切の妥協を許さない姿勢を貫くおつもりだと思います。
患者を取り巻く医療はご家族も巻き込むからこそ、ご家族にも支援の手が行き届いた医療体制の強化が急務かもしれません。
院長が父の死を乗り越えたことで、より患者やご家族の身になった医療行為に邁進できているでしょう。

後悔しない判断のための意見収集することの大切さ

March 31 [Fri], 2017, 5:18
どんな治療法が自分に適しているのか問題に直面した患者は、セカンドオピニオンを頼みの綱にしているのではないでしょうか。
名称通りに第二の意見をもう一人の医師に聴くことであり、判断材料を増やして後悔しない判断を促すためにあります。

セカンドオピニオンの登場により治療法を選択する権利が患者に与えられたため、自分にピッタリの治療が受けられてご満足の患者が続出したかもしれません。
一つの意見だけでは重い腰が中々上がらなくても、二つの意見があればどちらにしようかじっくり考える気になれます。
はっきり言えば取捨選択ですが、より良い未来を切り開くための究極の判断が患者に迫られるのは往々にしてあることです。

新宿ミネルバクリニックでもセカンドオピニオンを実施していて、30分の相談で1万5千円頂戴しています。
30分では全然足りないよとおっしゃる方も、7,500円で15分の延長が可能です。
思った以上に相談時間が長くなることを想定した粋な処置ではないでしょうか。

遺伝子のことが分かる画期的なカウンセリング

March 30 [Thu], 2017, 13:55
新宿ミネルバクリニックは2年前に開院したばかりなので、まだそのクリニックにかかったことがない方がおられるでしょう。
しかし遺伝子診療から終末期医療まで専門的な診療を手掛けているため、近いうちに新宿で評判の医療施設になるかもしれません。

遺伝子の疑問を解き明かしたい方のために遺伝子検査も行っているので、先の幅広い診療だけではない医療体制が整えられていることを意味しています。
具体的に言うと遺伝カウンセリングでして、遺伝学的情報を基に患者やご家族に意思決定を促すようです。

妊娠をご希望の方によっては、自分は自然流産をする恐れがあるんじゃないかしら?と懸念していませんか?
俗に言う習慣性流産であり、自然流産が3回以上起こることです。

その可能性の把握も遺伝カウンセリングで証明できるので、習慣性流産を知りたい方は是非新宿ミネルバクリニックにかかってください。
予め妊娠し易いか否かが分かれば、どんな子作りが最も妥当なのかが見えてくるでしょう。
言い換えれば、効率的な妊娠のお手伝いをするカウンセリングだと言えます。

在宅診療を患者に強く勧める院長の意図

March 29 [Wed], 2017, 13:40
入院生活を体験した患者の多くは、非日常の連続に戸惑ったのではありませんか?
住み慣れた家を離れるわけですし、心と体が入院生活についていかないのは無理もありません。

こうした違和感を自分も味わいたくない患者は、意地でも自宅療養を貫き通すおつもりかもしれないです。
新宿ミネルバクリニックではそんなご要望に耳を傾けていて、患者には最期まで生きてほしいと感じています。

医療人たる者当然の考え方ですが、家族の思い出が詰まった自宅で人生を全うすることの重要性を噛み締めているからこそ。
患者は残りの寿命が少なくなると色んな思い出を回想するでしょうし、そのお手伝いをする自宅で看取られることに大きな意味があります。

患者の目の前に写る自宅の一つ一つの光景は、そういえばあんなことがあったなあとイメージの構築に役立っているでしょう。
だからこそ院長が在宅診療に強く拘るのが理解できて、台東区在宅看取りも例に漏れずに思い出と共に看取られる大切さを物語っています。

訪問診療を成功させたい強い意志が院長を突き動かして

March 28 [Tue], 2017, 13:21
なるべく自宅で治療を受けたい患者のために、葛飾区などで在宅診療をするサービスが行われるようになりました。
新宿ミネルバクリニックがそのサービスの生みの親でして、葛飾区で欠かせない診療方法として定着されていたりして。

何しろ葛飾区在宅看取りと呼ばれている位なので、利用頻度が高い看取りだとしても不思議ではありません。
在宅診療の利便性向上を図ったことによって、自宅療養を希望している方のニーズに沿えているでしょう。

ただ患者宅で行う医療なので、手術は病院かクリニックに限られるのは致し方ないです。
それでも病院で行う治療を自宅でも可能にしたことは、新宿ミネルバクリニックの大きな前進ではないでしょうか。

院長の車は薬と機器が数多いようで、在宅患者のために抜かり無い準備をするのは当然だと言わんばかりです。
まるで神経を研ぎ澄ませるかのごとくに訪問診療の機会を窺ってたりして…。
とオーバーなことを考えましたが、在宅看取りを成功させたい強い意志が院長に備わっている紛れもない事実だと転換できますね。