50年目のデート

November 13 [Tue], 2012, 1:23
先日50年後のデートownerid6370513で書いた従姉妹とのデートは今週実現した。
歴史的なデートではあったが、場所はロマンチックとは程遠いわが家であった。
花火大会を見て親密度を深めてはというマイミクの方の提案もあったのだが、彼女は義母の介護のため、週に3日、ヘルパーの来る日の昼間しか出かけられないという事情があったのでやむを得ない。
彼女に限らないが、周りの熟年and老年女性はほとんどが老人ホームに興味を示す。
親や伴侶と別れた後、子供の世話にはなりたくないという人が多く、老人ホームが有力な選択肢として浮かび上がり、実際に行ってみて情報を得たいと思うようである。
駅からブラブラと歩いてきた彼女を自室で迎え、会話はごく普通に進行した。
彼女も別に無口ではなく、懸念されたように沈黙が場を支配するということにはならなかった。
娘は結婚し、息子は新宿で居酒屋をやっていて、彼女は94歳で歩けない義母の介護をしているのだが、内臓は健康なようで100歳まで行く可能性もあるという。
早く自由に出歩けるようになるといいね、とも言いかねるところである。
彼女は何かしなくてはということで、理容でもできれば近所のお年寄りの頭を整えられるのだが、今から理容学校へ行く気もしなくて、パソコンや写真の教室に通っているという。
私の暮らし方が何か参考にできるかと思ったらしいのだが、説明すると、あまりにいろいろやっているので参考にならないという。
寝たきりになったら何ができるかと考えるというので、瞑想ならできるのではと言ったが、瞑想の前の精随W中で眠ってしまう私が言うのは気がひけるところがある。
彼女は私がここを選んだ経緯を聞き、部屋を興味深く観察して、広く、明るく、風通しもよく、環境もいいところだという評価を下した。
彼女はベネッセでは月額26万円などという話を聞いていて、自分の年金では払えないと思ったりしていた。
ここでは16万と聞いてそれ位ならと安心したようである。
昼、夜の食費は合わせて月額44000円位だが、それをやめて自炊にすればさらに2万円浮かすことも可能であろう。
食堂でなめことろろうどん、揚げ出し豆腐などの昼食を共にして、デザートやおやつは部屋に戻ってから。
わが家での定番は、ステラおばさんのクッキー、サティーの生チョコ、とらやの羊羹、豆から挽くコーヒー、自作のアイスクリームといったところである。
果物はその時々のものになり、今回はミカンであった。
アイスクリームは生クリームや卵の白身を泡立てて15分かけて仕込むオーソドックスなものと、泡立てなしの4分で仕込む簡単なもの4分で仕込める超簡単アイスownerid6370513とを作っていたのだが、簡単な方を出した。
彼女は普通のより濃厚な味でおいしいと言う。
たしかに泡がないだけ同じ容積でも普通のものより重く、ねっとりした感じである。
それを聞いて反省したのだが、今まで普通のアイスに遜色ないというとらえ方をしていたのは、泡立てたものがまともなものだという固定観念に囚われていたものとも言える。
素材を混ぜただけの簡単アイスで十分おいしいのだから、これを重厚かつ豊潤な帝王のアイスとでも名付けて堂々と出せばいいのだ。
そうすれば、食べる方でもそういうものかと納得してしまうだろう。
今後はこの方針で行こうと決意できたのは、大きな収穫だといえる。
父親譲りの酒豪らしい彼女に、日本酒、ブランディーなどを飲んでもらった。
伝心の凛という純米大吟醸にエネルギーを入れてみたが味が変わらないと言われ、自信を喪失しかけた。
気を取り直して玉の光の味と設定してエネルギーを封入したら、あっ変わった、玉の光になった、とビックリしていたのでホッとした。
最初変わらなかったのは味替えが苦手という意識によるのか、よく分からない。
彼女はヨガストレッチをやっていて、前屈すれば両掌が床に着くのだが、エネルギーを送るともうちょっとで頭が着くかという位藷ャォが増した。
その他、眼をパッチリさせるとか小顔にするとかの美容テクニックも試したかったが、あまり引き止めるわけにも行かず、その辺で楽しいデートは終わりになった。
あとで彼女からきたメールには今まであまりお付き合いがなかったので、newdirさんは寡黙で自宅で研究三昧の方。
と思っておりましたが、まったく違った面を見せて頂き驚きました。
私よりずっと活動的で、社交的な方だと知りました。
とあったが、一対一なのでホストとしての責任上しゃべっていたので、数人いて自分が話さなくてもいいとなれば、やはり寡黙であることが株式会社レイリー判明すると思う。
次に会うのは来年4月のいとこ会か、それまでに深大植物公園とか彼女の自宅とかで会うか、未定である。
なお、前の日記今回もだがについて、年月に関しては正しくは50年前ではなく、467年前で、さらに当時私は大学生ではなく大学院生であった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s8shqbp1xq
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/s8shqbp1xq/index1_0.rdf