<タンポポ>西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け(毎日新聞)

May 11 [Tue], 2010, 10:47
 外来のタンポポの侵入状況などを調べる民間の「タンポポ調査・西日本2010」(実行委員会主催)が、西日本の19府県で実施されている。大規模なタンポポ調査は異例。花や種を郵送すれば誰でも参加でき、昨年の予備調査以降、2万件以上の情報を収集した。タンポポの外来種と在来種の分布状況は環境破壊の指標とされる。実行委は広域調査によって、タンポポの生態から環境の変化などを分析したい考えだ。実行委は、教育現場をはじめ幅広く一般参加を呼び掛けている。

 同実行委によると、関西はもともと在来種のカンサイタンポポが主流だった。70年代ごろから、外来種のセイヨウタンポポやアカミタンポポが拡大、雑種も生じている。宅地開発などで地面が荒れた場所は、在来種が育ちにくく、外来種が繁殖する。

 タンポポ調査は身近な自然を考える材料として、各地で行われているが、75年にスタートした関西は先がけ。社団法人「大阪自然環境保全協会」(大阪市北区)が事務局となり、大学や自然保護団体、博物館などが協力し、5年おきに実施している。

 これまでの調査は近畿が中心だったが、今回は中四国と福岡、佐賀の九州の一部が初参加。その結果、愛媛県大洲(おおず)市周辺で、東海地方を中心に広がる「トウカイタンポポ」と似た新種とみられるタンポポを発見した。実行委は仮称「オオズタンポポ」と名付け学会発表もした。

 実行委事務局の木村進・大阪府立泉北高校教諭(56)は「身近な草花だが、詳細な分布データは少ない。新種を発見できる面白さもある」と魅力を語る。今年の調査は5月31日まで。採取日▽採取地点▽採取者の連絡先などとともに、タンポポの花と種を各府県の実行委へ郵送する。問い合わせは大阪自然環境保全協会(06・6242・8720)。【曽根田和久】

【関連ニュース】
平等院鳳凰堂:柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か
特定外来生物
特集:きょうは「みどりの日」 守れ!鹿児島・奄美の生態系
地球と暮らす:/106 神戸カワバタモロコ保全推進協 外来魚駆除し再放流
まちかど:「要注意」外来種チョウ、県内で幼虫確認 アカボシゴマダラ繁殖か /埼玉

交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
今年最大、400円超の下げ=円高、欧米株下落で全面安−東京株(時事通信)
<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/s8plq1lb/archive/51
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。