西野っちの高杉

May 07 [Sat], 2016, 11:30
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。では、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が最も注意する期間ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。あるいは枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが大変だという方は、無理をせずサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できるという訳ですね。お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参ってしまう人も少なくありません。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされることが一般的に行われているようです。治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、助成回数を増やしたほうが良いように思います。私だって来年には四十になるので、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、ストレスも限界です。妊活は女性が行うものだと考える方も居ますよね。ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。流産や不妊の原因因子として、女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。熱によって失われやすい葉酸は、調理法に気を付けてほしいポイントがあります。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱調理が避けられない場合には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、熱は通す程度にした方が良いと思います。こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、葉酸サプリで摂取するのが良いでしょう。葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。例えば不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって葉酸を摂りすぎる場合がありますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。サプリであれば、一日の摂取量がすぐに分かりますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試してもらいたいですね。妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。食べ物から摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを食べるようになったという妊婦さんもいらっしゃると思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理の際の加熱によって葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、総合的な摂取量としては不足している、という場合もあります。葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への積極的な摂取が求められています。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいますよね。もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は摂取できているという事ですね。妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。こうした動画を活用すれば、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。適度に体を動かすことは、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。これは、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。例えば、フルーツでは、イチゴ、ライチに多いことが知られていますね。それ以外では、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心結
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる