石垣でモックン

January 03 [Tue], 2017, 11:52
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。
治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。
それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。
また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。
まれな症例として、手術後の死亡例もあります。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるしかありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユヅキ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/s87amdeuielrcl/index1_0.rdf