がん保険、入る?入らない?

July 31 [Wed], 2013, 7:58
保険とはまさに保険の名のとおり
その時はわかりませんが
あとになって必要だったか不必要だったかがわかるものです。

生命保険の中には
医療保険とがん保険とがあります。

どちらに入ったほうがいいのか?
という疑問がわきますよね。

ちょっと調べてみました。

<<以下サイトより引用>>

ガンは不治の病と言われていましたが現在では、早期発見、早期治療さえすれば傷病により完治する場合があります。しかしながら、現状での死亡率は各年齢層でほぼ第一位を占めています。
死因全体の約15%です。

死因が一位であり、不治の病と言われてきたため、ガンについては注目が集まりますが、医療保険、ガン保険の目的は治療費を補うためです。
従って、保障してもらうための条件は出口の死亡率ではなく、入り口の病気になって入院する方の病歴が基準になります。

その病気になる病歴の割合では平成14年患者調査ではガンと診断されて入院する方の割合は
全体の約12%弱しかありません(平成14年患者調査より)。
反対に88%強の方々はガン以外の病気やケガで入院されていますので、必要な保障、保険を考えた場合、医療保険であれば全ての入院に保障対象になりますが、ガン保険はガンのみの保障です。

ガンと診断されての入院は12%ということから医療保険の保険料と比べてガン保険の保険料は高すぎるような気がいたします。また、死に至らない病気で数年間にわたり長期入院になっている患者も少なくありません。
このような事実により医療保険で長期入院に対応できるタイプに加入していたらガン保険は不要かも知れません(患者調査、平均在院日数・再来患者平均診療間隔より)。

<<以上サイトより引用ここまで>>

なるほど。
それぞれ考え方の違いがあるとは思いますが
医療保険とがん保険の両方に入ることが難しいなら
医療保険に絞るという考えもありですね。



見直してみましょう、がん保険



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s7pucs1jt9aleu
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s7pucs1jt9aleu/index1_0.rdf