ワインの効能

February 23 [Sat], 2013, 4:02
この世には、焼酎・日本酒・ウイスキー・ビール等、ドリンクには本当にいろんな種類があるですけれど、そのなかでもワインはか必ず一日当たりグラス1杯飲むというようなことを習慣づけることによって、いろんな効能を得るというようなことが出来るみたいです。

一日当たり一杯のアルコールを摂取するのは、なんだか悪いことのようにおもわれがちですけれども、適度に取り入れるのであれば日々飲んでもべつに害はなく、むしろ日々飲むというようなことによって得られる良い作用もあるようです。

ほとんど毎日かかさずグラス1杯のワインを絶対に飲んでいるという70代の女の人と同年代でワインを飲んでいない女の人たちに記憶力クイズを行ったら、日々ワインを飲んでいる人たちの方が高得点を得られたという研究があったみたいです。アリゾナ大学医学部の研究者によれば、ワインは血が固まったり血管が炎症をおこしたりするのを防ぐ利き目があるとのというようなこと。それに、善玉コレステロールを多く含んでいるため、最悪の場合は死に至るケースもあるような病気、たとえば動脈硬化なども防ぐ作用もあるとのというようなことが報告されました。

適度にワインを摂取していた人は、ほかのアルコール飲料を飲んでいる人よりも、胴回りが細く、体脂肪率も低い事が分かったみたいです。ワインを飲んだ後の90分間は余分なカロリーを消費している助けになり、これによってダイエット利き目を得られるとかんがえられていますとのというようなこと。同じように少ボリュームのビールも同じような利き目を得るというようなことが出来るみたいです。

イギリスの研究によると、日々グラス1杯のワインを飲んでいる人間は、ピロリ菌やバクテリアによる感染症・胃炎・潰瘍・胃癌の発症率が11パーセント低いというようなことが分かったみたいです。又、スペインの研究によるとサルモネラ菌による食中毒に対しても利き目がある可能性もあるとかんがえられているみたいです。

オーストラリアの研究によると日々グラス1杯のワインを飲むというようなことによって卵巣ガンの発症率が半減しているというようなことが分かったみたいです。こういうのはワインに含まれる抗酸化物クオリティやフィトエストロゲンと言う物クオリティによって利き目が得られているんかじゃないかとかんがえられているみたいです。加えて、ミシガン大学の研究では、赤ワインが卵巣癌細胞を死滅させる働きがあるのではないかということも報告されていました。



居酒屋で同窓会とか♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s76kr98a
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s76kr98a/index1_0.rdf