【明美ちゃん基金 ベトナム医療団】回復順調、戻った笑顔(産経新聞)

June 07 [Mon], 2010, 13:27
 【ハノイ=油原聡子】1日に日本の医療団と現地医師らの協力によって手術が行われた2人の子供は、一夜明けた2日、集中治療室で意識を取り戻し、順調な回復ぶりを見せた。

 心房中隔欠損などの手術を受けた男児、グエン・ニャット・ミンちゃん(4)は、母のアインさん(30)がおでこにキスをすると、そっと目を開いて安心した表情。一方、ファロー四徴症の手術を受けたファム・ティ・モーさん(13)は「傷口が痛いな」と言いながらも、看護師から「大好きな学校に行けるようになるね」と声をかけられると、うれしそうに「うん」とうなずいた。

 2人の状態を確認した国立国際医療研究センター手術部の河内正治部長は「状態は大変いい。感染症に気をつければ、近いうちに普通の子供たちと同じ生活が送れるようになるだろう」と話している。

 医療団は2日もファロー四徴症に加え、動脈管開存症などの合併症がある男の子、フィー・バー・ティンさん(17)の手術を指導し、無事終了した。

 「明美ちゃん基金」への振り込みは、みずほ銀行東京中央支店・普通口座110−567941「産経新聞社社会部明美ちゃん基金」。郵送の場合は、現金書留で〒100−8077 産経新聞東京本社社会部「明美ちゃん基金」へ。

【関連記事】
【明美ちゃん基金】回復順調、戻った笑顔 1日手術の2人
明美ちゃん基金 日越医師、子供2人を手術
ベトナム医療団、先天性心疾患の医療指導を開始 明美ちゃん基金
明美ちゃん基金に38年後の恩返し 外国人1号の“坊や”が2万ドル寄託
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
「はやぶさ」帰還へ

中畑氏と石井氏 民主撃ちでG4番タッグ(スポーツ報知)
<普天間移設>日米合意「重要な一歩」ルース大使(毎日新聞)
<みんなの党>参院選比例代表に米田雅子氏を擁立(毎日新聞)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
<訃報>伊藤久雄さん85歳=小沢一郎後援会連合会長(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/s70zzfej/archive/19
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。