ストレスが蓄積していく論理

December 20 [Sun], 2015, 22:42
ストレスが蓄積していく論理や、有効なストレス緩和策など、ストレスに関わる基本的な知識を勉強しようとする人は、現時点ではまだ多くないようです。
ポリフェノール最大の働きはL-アスコルビン酸(ビタミンC)やトコフェロールなどとは違い、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ効果を持っているのです。
汗疱(かんぽう)とは掌や足裏、または指と指の間などに細かな水疱ができる皮膚病で、通俗的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出現すると足水虫と混同される場合が結構あります。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも一緒ですが、数値の位置づけは国によってそれぞれ少しずつ異なり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22を標準、BMI25以上を肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と広報しています。
アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝という病気は、肝硬変を始めとする多くの病の元凶となる恐れがあることをご存知でしょうか。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために作用する特別な酵素や、細胞・組織などの代謝に深く関係する酵素など、200種類以上もある酵素を構築する要素として絶対に外せないミネラルだといわれています。
20〜30才代で更年期が来たとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患を指します(日本においては40才未満の女の人が閉経することを「早発閉経(POF)」と称しています)。
内臓脂肪タイプの肥満が確認され、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上該当するケースのことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と名付けました。
「肝機能の悪化」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)等の値によって確認できますが、ここ最近では肝機能が減衰している人数が徐々に増加しているそうです。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側が狭まってしまって、血流が途絶え、酸素や様々な栄養を心筋まで届けられず、筋肉細胞が機能しなくなる危険な病気です。
道路交通事故や建築現場での転落事故など、かなり大きな負荷がかかった場合は、複数個所に骨折が起こってしまったり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、重症の場合は内臓が破裂することもあるのです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を有していない一般人でも利用できる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに従って行動することで、心臓の心室細動の治療の効力をいかんなく発揮します。
なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「取り去るべき」と敬遠しがちですが、実を言えば、人間は大小のストレスを経験するからこそ、活動することが可能になっています。
流感、即ちインフルエンザに適した予防の仕方や病院での手当を含めた基礎的な対策というものは、季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても一緒です。
今、若い世代で感染症のひとつである結核に対抗するだけの免疫力を保有しない人々が増えたことや、早合点のせいで受診が遅れることが素因のアウトブレイクや院内感染の発生頻度が高くなっています。


ライザップトレーニング
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s6lth345360
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s6lth345360/index1_0.rdf