不妊の一因は冷え性だともいわれています。体

January 27 [Fri], 2017, 18:57
不妊の一因は冷え性だともいわれています。

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することにつながります。


こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。



血行を良くして、新陳代謝を促し、体全体をリラックスさせる効果があります。
冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を造る力を強めるというはたらきがあります。

これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすくなるというわけです。葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。青菜系の野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)に多く含まれている事が有名ですが、フルーツの中では、イチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと有名です。


他の果物では、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのもおススメです。少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。

葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと雑誌で読んだことがあったので、妊活中の彼女に勧めておきました。友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなとねがっています。
妊娠しにくい体質を改善する食品というと、手近なところでは豆腐・納豆(大豆を菌で発酵させた食品ですね。苦手だという人も少なくありませんが、好きな人もまた多い日本独特の食べ物です)、魚といった和食の基本的な食品でしょう。


ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。

マドンナなども実践しているんだとか)ではブロッコリーが良いですね。

大事な栄養素が含まれていますから、意識して摂取していきたいですね。



全体的にはバランスよく一つの食品群に偏らないことが理想的です。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、産後までは我慢したほうが良いですね。

サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。


妊活中の女性において、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、いろいろなものが売られています。
どのようなものがオススメかと言うと、葉酸が配合されたものが、一番のオススメですよ。葉酸が持つ効果としては、貧血を防ぎ、胎児の正常な細胞分裂に働聞かけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。

それから、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。妊活中の夫婦それぞれに多くの効果が見込めるサプリだという事です。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。
一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが推奨されています。ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、そのような事はありません。

葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、みんながご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が重要な期間だという事です。
ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している理由であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。妊娠が発覚した後、葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。



それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。

しかし、葉酸が担うはたらきは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々なはたらきをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといったはたらきに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で母体の健康を保つサポートをしてくれるという理由ですね。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、よりあまたの葉酸を摂るよう厚生労働省が通知を出しています。
なぜなら、十分な葉酸を摂る事で神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。



そうしたサプリを利用する方は、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも忘れないようにしてください。

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。
疑い初めたのは結婚3周年を迎える前でした。
基礎体温はつけていたんですけど、ぜんぜん妊娠できなくて、お友達知人が妊娠し立という話をきくたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤が有効というので試してから、早々に妊娠が発覚しました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)は、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。
マドンナなども実践しているんだとか)です。妊娠後、早めにこうした食材を食べるようにして下さい。
葉酸は胎児の正常な発達に働聞かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると知られています。とはいえ、毎日大量の野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)を食べることが難しいという場合には、納豆(大豆を菌で発酵させた食品ですね。



苦手だという人も少なくありませんが、好きな人もまた多い日本独特の食べ物です)やホタテといったもので葉酸を摂取するのを推奨します。意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛をしっかりと摂取するようにして下さい。


亜鉛が卵巣に働聞かけ、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。



また、亜鉛の効果は女性に限らず、妊活中の男性にも効果があります。
それは、亜鉛の摂取によって健康的な精子の増加をサポートしてくれるという理由です。



妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を試してみてください。赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊活期間から十分な摂取がもとめられる葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして十分な摂取が出来なかった、という事も出てくることもありますよね。葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリを飲む事なんです。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心です。妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけ立という方も多いと思います。
普段の食生活で賄うために、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。不妊体質を改善するために、いつもの食事を改めてみるのも大事でしょう。



精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、食生活が劣悪だと妊娠しやすいげんきな卵子、精子は、望めません。

育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。


健康的な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにして下さい。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニシナ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる