FX初心者は知識も経験も多くないので失敗することが

October 27 [Thu], 2016, 10:51
FX初心者は知識も経験も多くないので、失敗することが多いです。

FXを始めたばかりの人が損失を出さないためには、損切りのポイントを設定するというのが大切です。

また、1回の取引だけに囚われず、トータルで勝ったか負けたかを捉えるようにしましょう。

9度の取引で勝っても1回大きく損失を出すことで負けることもあります。

FX投資で生まれた利潤には税金がかかると思いますか?FX投資で得た利益は税制上、「雑所得」の内訳になります。

一年間の雑所得の合計が、20万円以下だと、税金は生じません。

しかし、雑所得の合計が20万円以上である場合には、確定申告をする義務が発生します。

税金を払わずにいると不正経理になってしまいますので、ご注意ください。

流行りのFX投資ですが、これで利益を出すことができたらそれは課税対象となりますから、「知らずに脱税してしまった」などということのないよう気を付けるべきでしょう。

巨額の利益をFX投資で手に入れたというのにそれを申告しなかったり忘れてしまう人もいて中には、税務署に詳しく調査されて追徴課税されてしまう人も一定数おります。

金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、確実に確定申告をしておく必要があります。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。

たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX業者による強制的な決済が行われるのです。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので不足分の証拠金を追加で入金すると強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。

この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。

FX投資をやり始める前に、所有する通貨数を決めておくというのも大事です。

所有する通貨量を前もって設定しておき、もっと上のポジションは所有しないようにしてください。

こんなふうにすることで、勝った際にも利益は低下しますが、損もしづらくなります。

株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、損切りという手法はとても大事です。

投資の世界に少し触れれば実感することですが、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。

損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかはトレイダーとして投資に向き合い続けられるかどうかというところで大変重要なポイントとなることは間違いありません。

損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールを作り、作ったそのルールを曲げたりせず徹底して守ってください。

タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、それに伴いFX用アプリをリリースする業者も同様に増加中です。

そういった業者の中には、自社アプリを利用して投資をスタートさせると、いくらかのキャッシュバックがあるなどの恩恵つきキャンペーンを打っている所も珍しくなくなってきました。

口コミの意見を調べたり実際に使ってみていろいろと比べ、使い勝手の良いアプリを入手してみるのがおすすめです。

口座を新規で持つだけならFXの知識は不要です。

申し込み画面に書いてある通りに操作するという簡単な手続きなので、パソコン初心者や投資初心者でも心配いりません。

しかし、手軽さ故に、高いリスクを伴います。

誰でもFX口座を持つことができてしまうので、全く知識なしに取引を始めてしまう人もいます。

FX投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、それでも特によく相場が動く時間帯はあります。

世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、大まかですが日本時間にして21時〜午前2時頃は活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで為替相場が大きく変動することがあり、これは要注意です。

重要な経済指標の発表日は押さえておきましょう。

数十社ほどもあるFX業者のその大方はデモトレードという取引のシミュレーション環境を提供しているはずですので、これは是非とも使っておくのが良いです。

実際の取引同様のデモトレードですが、バーチャル取引ですからどんなミスがあっても懐は痛みませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。

手持ちの大事なお金をいきなり動かして本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、取引のあらましを理解できるようになるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。

近頃では、システムトレードによって、FX投資する人がたくさんいるようです。

外国為替証拠金取引では、買った外貨が急に大きく下落すると平常心を失ってしまい、上手く損切りを実行できないケースがあります。

なるべく損失を少なく済ませたいという思慮が損切りする機会を逃させてしまうのです。

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、たくさんあるFX業者の中でどの業者を利用するかによって違う金額になります。

最低保証金の具体的な例では100円という所や予算に合わせて、5千円、1万円、5万円の所もあり様々です。

さらに、最小取引単位についても業者によって違います。

1000通貨のところもありその10倍の10000通貨の業者もありまして、FX投資が初めての方は1000通貨単位での取引可能なところにしておくとリスクを小さくできるかもしれません。

多くの手法が存在するFX投資ですが有名な手法としてサヤ取りという方法があります。

サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、一方を売って一方を買うことで儲けを出すという方法です。

スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、要領を呑み込むまではどちらにしても利益は見込めないかもしれません。

手始めに仕組みと注文のしかたを知っておいてください。

FXの口座を最初に開く場合、少しめんどくさく感じることもあります。

必要情報の入力だけならすぐ終えることができますが、身分証明書の送付をしないといけません。

しかし、近頃ではオンラインを使って送ることができるようになり、運転免許証を携帯などで撮って、その画像を送信すればいいFX業者も中にはあるでしょう。

ところで、FX投資を行うことにより年間20万円を超える利益を出せた場合は、忘れずに確定申告するようにしましょう。

確定申告にあたり、FX投資に付随する諸々の経費は得た利益の分から差し引けます。

またもし、利益をそれ程得ることがなかった場合であっても、確定申告はしておきましょう。

申告しておくと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、確実に確定申告をしておく必要があるでしょう。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s5rdtsorao07n0/index1_0.rdf