コバだけどクロムフォルレンダー

August 20 [Sat], 2016, 18:32
仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と勤務している他の人に知ってもらうために現場でよく使われています。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。

一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、そんな習慣が業界用語として残っているのです。

ともあれ今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。


資格取得の難しさですが、介護士資格の場合はどのくらいのレベルになるのでしょうか。調べてみると、介護士国家試験の合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。内容も学校の授業を普通に勉強していた人だったら十分に合格できるものですので、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。

一般的な介護施設に勤める介護士の多くは、業務上、患者やその家族と接しなければいけないので、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。
介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大事です。
介護施設の雰囲気や方針次第で、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを知っておいた方が良いでしょう。


看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、多くの介護施設では、申し送りを行っています。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、介護士が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて話します。
患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう行うようにしましょう。
業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。それから、患者さんの家族の人たちに涙ながらにお礼を言われるような時も、最高にやりがいを実感できます。
生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、介護士の仕事はとても大変です。

なので、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、退職したいと願い、悩んでしまうと思うのです。



正看と呼ばれる資格を持った介護士になる方法は、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが絶対条件です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って勉強する人もいます。



准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。

介護士の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は介護士の代表的な仕事ではないでしょうか。普通、好んで注射をされに行くような人は少数派でしょうが、もし注射されるのならば、上手な介護士に打ってもらいたいと思うのが普通です。とは言うものの、介護士の技術によっては上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。



これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。
将来、介護士として働くための教育を受けられる機関として皆さんご存知のように、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。学習内容にそう変わりはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と給料の面で専門卒より優遇されるということです。

それに対して、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。

けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。
そういう介護士の仕事を続けていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自分の心身の健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。昔から、介護士は比較的高給のイメージがあります。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など大変な仕事ですが、給料で見れば平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。
景気に左右されないのも強みでしょう。高給が約束された安定した業種としては介護士を選ばない理由はないでしょう。介護施設で病棟勤務に就いている介護士なら2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師や介護士も減ってしまいますし、そうやって人がいなくなった夜中に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。

世間では、介護士はよく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、一般的には好印象を持つ人が大半でしょう。ただ、介護士の現状はというと、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、なかには夜勤や長時間残業の介護士も多くいるのです。



良い面だけを見るのではなく、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。以前は介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間にだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。

実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、女性より筋力のある男性介護士の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。女性と年収に関しては同じですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分、キャリアアップできる機会も多くなります。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。
社会が高齢化していることもあり、着実にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。



ということはつまり、介護機関で働く介護士に関してもさらに多く必要とされていますが、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。けれども、それほど人手が足りない状況だと、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職先に困ることはない、という利点を挙げることができます。病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるため絶対に夜勤が必要になる職業です。

夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。
それは、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。

3交代勤務の夜勤は勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。
希望する介護施設が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、早めに調べた上で検討することをおススメします。収入の話になりますが、介護士という職業は、様々な他職業と比べても、とても高い額の給料となっております。介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などがきっちりもらえるから、ということです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり仕事の虫で、残業も苦にならない人の給料をみると、通常より相当、高いものとなっているはずです。あまりイメージに無いかもしれませんが、介護士が働ける職場として実は、保育園があります。保育園を職場にするのは、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は理想的な職場だと思います。

仕事の内容は、園児の体調管理と共に、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする必要不可欠な仕事なのです。普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、様々な科を併設した総合介護施設から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も介護士の職場です。
一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。


地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり貰える給与に違いがあるのです。

こうしたことを踏まえても、介護士として働く人の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。


なんといっても、介護士という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。



それと関係があるのか、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、介護士の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。ほとんど休めない様な介護施設もあって、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているといったケースもよくあるみたいです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最もいいと思います。
他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る介護士ですが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。介護施設以外の働き口も介護士には多く、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。

しかし、メインの方の職場で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、そもそも介護士の仕事そのものがかなりきついものですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。
自身の結婚、出産あるいは転居など一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。
でないと、志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど前向きな志望動機があれば良いでしょう。
すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、介護施設を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、介護士もますます忙しくなってきています。その労働環境は厳しく、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった介護士もいました。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、ますます介護士の需要は高まり、介護士の働く現場では、どこも大変過酷なようです。シフトを組んだ交代制勤務などでハードな仕事を強いられる介護士でも、特に油断できない仕事が申し送りです。



入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。

それほど重要でない情報も多いとはいうものの、病状や処置に関する情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。

介護士としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。
どのくらいの額かといいますと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが相場のようです。

パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、介護機関で働く専門職ですし、かなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。

最近では、介護士不足の傾向にあると考えられています。介護士の資格を持っている人の中には、介護士をやっていないというケースは少なくありません。

では、介護士不足の原因はなんでしょう。
それは、最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。離職率がどのくらいかというと、常勤介護士で11%以上です。大多数が女性の職場なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。

その時、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職することを決めたのでした。


決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、といやでも思い知らされた出来事でした。


介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。


なかなかきつい仕事であることは確かですし、勤務時間の問題もあります。
24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、その上に、介護現場という緊張感もまた並大抵ではなく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。



そういったことをわかった上で、介護士という仕事を希望し、勉強に励む人が多い訳は、短所を帳消しにできるメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。
介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。

働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、ですから、求人だってもちろん多いです。勤務している今の職場でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。
今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。給料についてですが、介護士の場合は職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の介護機関の場合は、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。
他方で個人介護施設の状況を見てみますと、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。



決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。職場を変わられるときにはご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。
その注意点とは、その履歴書で最も重要な志望動機をいかに書くかです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、研鑽に励みたいという理由や過去の経験を生かせそうだからというような、見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠馬
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s5peeutermdbe5/index1_0.rdf