瀬川だけど平沼

September 06 [Tue], 2016, 5:05
最初級次元からプロフェッショナルへ向けての相談に貯蓄ワークが有ります。

初めて表現で同じように付けない。ゲンコツの振りに表現差が見て取れる。小回りで左手貯蓄を突けない輩がなかなかある。
このように表現差が凄い場合は、苦手な方を集中して実践講じる義務が有ります。

貯蓄ワークにはゲンコツのポーズ。突くポジション。チャンス。手首の用法。といったポイントが有ります。
ゲンコツのポーズは、両ゲンコツを伸ばした時にとれる二等辺三角形をできるだけ保った通り走る事が大事です。最初にかまえたときのゲンコツと体のポジションつながりを崩さないように注意して滑ります。僕は貯蓄やひもなどで両手の頻度を既存して走る実践を望ましくやります。

そうして基本的に貯蓄は手首だけを動かして突くのですが、手首の動かし方にも幾つか持ち味が有ります。一段と言うと肘も少し取り回す場合や肩を少し移す場合も有ります。
つまり、貯蓄ワークもいくつかの持ち味があるので、状況や転びによって使い分けて行くようにする。
また、速度という滑りサイドを通じて突くポジションとタイミングが違う事も、練習してつかんで出向く事が大切です。

貯蓄ワークの実践をすると、戦略の動きに気を取られて乗り物の行き来が疎かになり、転びがおかしくなってしまう頃が有ります。
こういった事を防ぐためにも、それでは反対貯蓄で滑れるようにする実践も良いでしょう。貯蓄に頼らずに脚の行動と重心運転で滑れるようになれば、貯蓄はどのようにも自由に動かす事ができるようになるからです。

とはいっても元来貯蓄には、兼ね合いを取る、チャンスを摂る、ターンや上体の動きをリードする、といった責任が有ります。ターン寸法や速度にて最適なポジションとタイミングが有るので、実に滑りながらポジションやチャンスを変えて、一番良い要所を探していくようにください。

貯蓄ワークの実践はいつでもどこでも簡単にできるので、ディスカウントの間にじっくり取り組んでくれ素材だ。

僕が実践で気をつけている所は、両ゲンコツで作りあげる二等辺三角形をできるだけ保ってすべる点。突く性能は手首だけを活かし、肘は手伝い性能で取り扱う。戦略の位置を切り回したくない時は、代わりにひじや肩において兼ね合いを食する。高速時は戦略の位置は肩より高く罹る。・・・などが有りますが、郵便で説明するのは特別が有るので、ここから以後は伝授でと言うことになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kanade
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s5aucgsefdnuya/index1_0.rdf