知能心理学の重要ポイント

May 09 [Fri], 2014, 14:29
スピアマンが唱える2因子とはg因子、s因子です。
これが知能心理学という考え方になり、その後いろいろな説に派生しました。
この段階で司令を下す条件として、人それぞれの個性が出ることになります。
日本では1925年、鈴木治太郎によって鈴木・ビネー知能検査として開発されています。
認知心理学といった専門分野でも人間の学習過程について深く解明されていることから、専門分野として証明することができるのです。
人間は心で動いているものとして行動心理学を超えるものが、学問として生まれてきました。
しかしながら閾下刺激では、人間が刺激を認知していないにもかかわらず、何かしらの行動を起こしてしまいます。
成人用の検査は大きく言語性のテスト、動作性のテストに分けられます。
サブリミナル効果は、1985年に起こった「ジェーダス・プリースト事件」によって、世間へ浸透するようになりました。
簡単に説明するならば新しい知識を覚える作業は「記銘」、知識を増やして蓄える作業は「貯蓄」、知識を思い出す作業は「検索」という記憶のプロセスになります。
該当する人はものの見え方が普通の人と違っていて、たとえば漢字が記号にしか見えないために、書くことも得意ではありません。
知識を増やすことは、つまり脳機能にかかわる記憶機能を刺激して保有することです。
こういったこともDVDを観ることで、映像によって理解することができますし、検査の流れもわかります。
言語性検査では知識、類似、算数、単語、理解、数唱といった検査をします。
知能心理学デイズ
知能心理学ウェブログ
知能心理学図説
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s582bndh
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s582bndh/index1_0.rdf