うつ病で不眠は辛いのですが、安心して改善するにはこれが必要です

April 08 [Sun], 2012, 11:36



うつ病で不眠になり、一番厳しかったことは、
仕事が一切手に付かなくなってしまったこと。
そのせいで、仕事を辞めなければならなくなる人も、
今ではかなり増えているようです。
大企業や公務員はうつと診断されても、
長期休暇を取って静養することも出来るが、
中小企業に勤めている我々のような会社員には、
休むこと=仕事をなくす
そんな方程式が成り立ってしまうので、
無理をしても出勤して、
いつも通りの仕事をこなさなければならないのです。

ところが、頭ではどうにか頑張ろうと思うのですが、
うつ病というものは、
頭とは別のもうひとつの思考回路が働いて、
体の動きを止めようとするのです。
そのおかげで、仕事は全くと言っていいほどはかどらず、
その焦りで、うつ病がどんどんひどくなる。
だけど体や思考回路は全く機能せず、
どんどん負のスパイラルに入り込んで、
最終的には、職場を追われてしまい、
生活の糧をなくしてしまうと言う
最悪の結末を迎えてしまうのです。

それでも多少でも蓄えがあり、
うつ病の改善に専念できればよいのですが、
そんな余裕もなく、新たな仕事を探す為にまた無理をする。
しかし今のこの世の中に、
そんな失業者を雇ってくれるところはほとんどなく、
仕事を見つけなければという気持ちばかり焦ってしまい、
うつ病は悪化する一方で、
何一つ解決できるどころか、
悪い方へ悪い方へと向かって行ってしまうのです。

そうなるともう歯止めは効きません。
うつ病の恐ろしいところは、
死にたいと思う気持ちが強くなってしまうことです。
病気には『死』に直面する病気と、
直接『死』には関係ない病気があります。
癌などは最近では治る病気と言われますが、
やはり『死』に直面させられる病気ですが、
うつ病もまた然りなのです。
しかもその『死』は本人の意思によって、
引き起こされるもので、
周りの人は、なるべく一人にしない事くらいしか、
防止することはできません。

そんなことにならない為にも、
安心して治療に専念させてあげることが、
うつ病になってしまった家族を持つ人には、
うつ病患者にしてあげられることなのです。
その為には
このうつ病でも安心して療養する方法は強い味方です。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s53rm0hc
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる