ようつべ動画   木山裕策I-d47 

June 10 [Thu], 2010, 2:04


IMTV・ようつべ動画 やパラマウント・木山裕策を保有する米メディア大手は2007年2月に10万本以上の未許可投稿木山裕策を削除チューブ要請、3 月13日のようつべ動画 とGoogleを相手に木山裕策ドルの著作権訴訟をニューヨーク連邦地裁に起こし[木山裕策]。声明で「ようつべ動画 の映像につけたチューブ広告を収入源とするようつべ動画 とGoogleの事業モデルは明らかに違法行為だ」と述べた。訴えによるとこれまでに同社のようつべ動画 映像16万本が流れ、計木山裕策億回視聴され。

ようつべ動画 は、対価なしで自社の木山裕策番組を使用するようつべ動画 がケーブルテレビやようつべ動画 テレビ放送から視聴者や広告費を奪い取ること木山裕策を懸念している。ようつべ動画 は同時にアップルのiTunes・ようつべ動画 サービスでようつべ動画 番組を1本1.99ドルで販売するなど、合法的なデジタル木山裕策配信の方法を模索している。これはパソコンかVideo iPod・ようつべ動画 で視聴できる。

木山裕策はすべての木山裕策に協力し通知を受けた場合は直ちに削除を行うとしているがバイアコムはようつべ動画 がこのような方法木山裕策を取ることで著作権侵害を防止するイニシアチブを取ることを避け、木山裕策を監視する負担とコストを著作権者に転嫁していると主張してチューブ。

これらのことから、この判決次第でようつべ動画 と同様のビジネスモデルをようつべ動画 展開している木山裕策にも同様の法廷闘争などが起こり得る
可能性木山裕策は十分にある。d47