眼圧検査の目的と測定方法

October 06 [Mon], 2014, 12:06
眼圧検査とは、放置すると失明に至る緑内障という疾患を、早期発見するための検査です。緑内障とは、眼圧が高くなることで視神経が圧迫され障害を受ける疾患です。まず、眼圧検査は器械を用いるのが通常ですが、緊急時に器械が無い場合、触診法が行われます。上眼瞼の皮膚の上から交互に軽く圧迫し、眼圧の高低を推定する手技ですが、精密度は低く、判断には経験が必要です。器械を用いて眼圧測定をする方法としては、シェッツ型眼圧計などを用いる圧入眼圧測定法、現在一番多く実施されているゴールドマン型アプラネーション眼圧計などを用いる圧平眼圧測定法、健康診断などで多く用いられる空気圧による眼圧計などがありますが、三者とも、基本的な考え方は共通しており、何らかの圧力を眼球に加えその影響を測定することで、眼圧を換算する方法となっています。その他電気眼圧計を用いて、眼の房水が加圧により流れ出る程度を調べる、トノグラフィーという測定法があります。飛蚊症の治し方
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひろしs3px7hf9
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s3px7hf9/index1_0.rdf