邦(くに)と栗本

July 25 [Mon], 2016, 10:43
昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに存在する天枢(てんすう)です。

また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。

手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。便秘の種類それぞれで効くツボが違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善につながるでしょう。


おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌が有効です。屁による臭いの元は腸の悪玉菌によるものだとされています。


というわけで、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌が増えるの、を防止する力のある乳酸菌を継続して摂取ことにより臭気をだいぶ抑えることが出来ます。近年の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌がかなり有効だということが知られてきました。
実際、インフルエンザというのはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力がアップして、インフルエンザの予防となったり、症状を軽減する効果が高まります。
。肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。「乳」というその名の通り、乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。心なしかちょっと照れくさいです。実際、便秘になっても、薬を飲むことで簡単に、対策はできるとは思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、とりあえず、食べ物を見直して見ることが重要です。
特に食物繊維を多く含む食品を摂取することがよくって、不溶性水溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。

他にも野菜、海草類をすすんで食べましょう。



運動不足は筋肉の衰退に限らず、体の不調にも関係してきます。



もっとも女性に多く見られるのは、便が腸にたまってしまうことです。運動不足を解消しようと、会社へ行く時にエレベーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維を多く含んだ食品を増やしたりするのが最適です。できれば、便秘を防ぐためにも、週に1、2回はジョギングを試みたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。

夜更けに高熱が出て、40℃近くまで上がって健康状態が悪かったので、病院にかかりました。


先生はインフルエンザかどうか調べられますよと確認なさいました。

私も、残念ながら、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、チェックしたいと念じました。近頃は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。



年々予防注射で予防する人も増加していきていますが、都市部では結構な数の人数が発症しています。
感染経路は様々考えられますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と空間を共にする場所で感染をしているのだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s3hetnisagkh7t/index1_0.rdf