一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳

August 05 [Fri], 2016, 21:15

この間、インフルエンザに罹患してしまって病院を受診しました。







どのくらいの潜伏期間なのかわからないままなのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつってしまったのだと思います。







高い熱が3日わたって出て苦しい思いをしました。







高い熱が続くインフルエンザは、いつもの風邪より大変ですね。







乳酸菌を毎日欠かさず摂っているおかげで、私はきわめて健康的になることができたのでした。







毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを食べています。







ヨーグルトというのは味にもいろいろ変化をつけやすいですし、便秘知らずでいることができます。







乳酸菌を毎日摂るようにしてから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットも出来ました。







私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、やはりビオフェルミンです。







子供の頃から売られていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつだって私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。







CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなるのです。







実は乳酸菌を摂ると色んな効用があります。







まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、腸内の環境を良くします。







その結果として、免疫の力がアップし、たくさん健康に対する効果を得られます。







アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。







乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いと言われています。







一般的な乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌について調べてみました。







いろいろ調べてみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。







このことを知ってましたか?私は30年以上生きてきて、生まれて初めて知った事実です。







インフルエンザは風邪とは異なるもの知られています。







大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、短時間で高熱に達し、3日から7日ほどその状態が続きます。







タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に、小さな違いがあります。







しかし、肺炎を伴ったり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、甘くは見ることはできない感染症です。







わたしの母は重度のアトピー患者です。







遺伝したみたいで、アトピーになりました。







肌が荒れてしまって、日々の保湿が欠かせません。







ケアを欠かしてしまうと、外出も困難なのです。







別に母を責めるつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、怖くなってしまいます。







アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやバリア機能が低くくなっています。







ここを補って健康な状態に戻すには、保水保湿が大変大事です。







そのために、お肌の表面を守って、水分が蒸発しないように保湿剤を塗ることが必要なのです。







乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でも整腸作用の効力が高いとのことです。







腸内善玉菌の数を多くすることで腸の中が活発化し体内に停滞していた便がより排出されます。







ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。







日々、乳酸菌を取り入れることで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。







インフルエンザに感染したことがわかると学校などには、5日間出席できなくなります。







インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱は数日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。







平熱に戻っても、体内にウィルスはまだ残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。







とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染を防ぐのに大切なことです。







腸内環境を整えているとヨーグルトを懸命に食べていましたが、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食品らしいのです。







「乳」とついているから、てっきり乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。







これではちょっと恥ずかしい思いです。







おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。







屁による臭いの元は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。







ということで、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の増加を防ぐ働きのある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭いを和らげることができます。







インフルエンザに感染したことがわかると学校の出席が5日間できなくなります。







インフルエンザに感染してしまったとしても、2、3日で発熱は治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。







熱がすっかり下がっても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他の人にうつしてしまうこともありえます。







なので、出席停止の間はを家にいることが集団感染しないためには重要なことです。







私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛ましい見た目でした。







いろんな治療法を片っ端からやってみても、殆ど、効果がなかったのに、住む場所を変えたところ、直ちに肌がきれいになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。







いっそ環境を変えてしまうのも、アトピー治療に向くのかもしれません。







私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、何てったってビオフェルミンです。







まだまだ子供だった頃からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、いつも私のお腹を守ってくれていました。







CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなります。







近年は毎年のように冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。







年々予防注射で予防する人も上昇しているようですが、都市部ではとても多くの人がインフルエンザになっています。







いくつも感染経路は可能性がありますが、公共交通機関や街中、職場など、大人数と接触する時に感染している可能性が考えられます。







乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすこぶる健康に過ごしていくことが出来るようになりました。







一日が始まる朝には欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。







ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘知らずでいることができます。







乳酸菌を毎日摂るようにしてから、お肌の調子も良くなって、体重まで落とすことができました。







普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体の不調も起こってきます。







女性に多く見られる症状の一つは便秘なのです。







運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが一番です。







後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回はジョギングを試みたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。







仮に便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、なんとかできると思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、食生活を見直してみてください。







実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂るのが効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。







野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。







乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特にこれといった副作用はございません。







ではありますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、ことがあります。







消化吸収できる量にも限界というものがあるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと確かでしょう。








http://blog.goo.ne.jp/d53dtzg
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s35aj5s
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s35aj5s/index1_0.rdf