藤平と川北

August 18 [Thu], 2016, 20:20
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。それでも、相場はあると言えます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Wakana
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる