出産日記。

September 13 [Sun], 2015, 10:23
出産日記。


自己満足な出産の記録。
(・ω・)ノ





38週と4日の検診が終わり、またドキドキな毎日を過ごしていた私でしたが…



その2日後。

38週と6日の日。


いつもみたいに寝付けなくて、布団で横になっていたけど起きていた私。

深夜1時30分頃

下腹部で、
ゴリッ
という音がしました。

そして、なんか破水したような感覚??

トイレに行ってみるも、よくわからない。

そして、お腹が痛くなってきました。

検診で、陣痛が10分間隔になったら来てと言われていたので、間隔を測ってみようと、

前から入れていた陣痛アプリを使い、間隔を測ってみると…

もう5分間隔をきっている。←


痛みも生理痛の酷い時位だし、もしかしたら前駆陣痛なんじゃ…
とか色々考えて、またトイレに行ったりしてるうちに、

2分間隔に。←

なんとか我慢できるくらいの痛みで、旦那を起こし、相談してみると、とりあえず病院に電話してみたら、とのこと。


病院に電話したのが、深夜2時10分くらい。
症状を説明すると、前の検診で子宮口が3.5センチ開いていたこともあり、今から来てくださいとのこと。
病院は、うちから車で30分ほどかかります。

陣痛が来て病院に行くことになったら連絡する約束だった、実家の母に電話して、

パジャマだったので着替え、あらかじめ用意してあった入院用荷物を旦那が持ち、階段を降りて下へ。


この時、痛みが強くなってきていて、陣痛と陣痛のわずかな隙に電話したり、着替えしたり、階段は座りながら降りたりしていました。


同居している旦那のお母さんが物音で起きてきて、すぐあとで病院に向かう、頑張ってね、との励ましを受けて、

病院へ。


途中、コンビニで飲み物(陣痛に耐えてる間の水分補給)を買うと言い出す旦那に、病院の自販機で買いなと促すも、栄養ドリンク(旦那が飲む分)を買いたいと言って、結局寄ることに。

旦那が買い物している間、車内で陣痛に耐えていたのですが、前向きでは耐えられなくなってきて、座席の頭を乗せる部分にしがみ付いて、後ろ向きで耐えていました。


旦那が戻ってきて、再び病院へ向かうも、多分この時点で陣痛は1分間隔。

車のドア側上?にある掴むところに掴まって、うーと声を出して唸りながら、なんとか病院まで耐えました。


病院につき、夜間入り口で名前を言って、エレベーターで二階に。

そこで私たちを待っていた助産師さんの指示に従い、母子手帳やNST(ノンストレステスト)用のベルトや入院用の書類を渡し、

スリッパに履き替えるところで、陣痛によりうずくまる私。

旦那がスリッパを出して靴をしまってくれて、陣痛の間のわずかな隙にスリッパを履き、分娩室へ。


まずおしっこを取ってくださいと言われ、痛みで苦労しながら、やっとの事で採尿を済ませ、

服から出産用のパジャマ?に着替えをすることに。

痛みで立てなくなりながら、頑張って着替えをしていると、助産師さんが来てくれ、

分娩台に上がり、内診。

子宮口が、既に8センチ開いていたようで、驚く助産師さん。

うわー8センチ…頑張ったねー…
と言われ、

『あれ…?そんな早く開くはずは…?初産は確か半日かかるんじゃ…?』
と、思う私。

助産師さんが応援を呼び、私一人に3人がかりで、

右腕で血圧測り、
左腕で採血、点滴の針を入れ、
お腹にはNSTのベルトを巻き、

一気に色々してごめんねー
(>人<;)
と言われるも、

逆にすみません…て感じでした←


また内診すると、子宮口が全開に。
8センチから全開になるまで、5分くらい??

助産師さんが、全開です!と叫び、バタバタしている。

麻酔の注射を打たれる。

旦那が、用意していたタオルやCDを持ってきてくれるも、もはやそんな段階ではなく、


もう、産まれますよー!

と言われました。←

立会い希望はなかったので、旦那は分娩室の外の椅子で待機。



そしたら、ものすごい痛みが襲ってきました。
思わず、いたーい!!!と叫ぶ私。

助産師さんが、痛いねー、痛いよねー!息を吐いて、フーって声出してー!赤ちゃんに酸素を送ってあげてー!
と指示してくれるも、できない!!

一旦陣痛が収まった時、助産師さんが、いきなり痛くなってびっくりしたねー、と優しく声を掛けてくれました。

いきみ逃しが辛いと聞いていたので、これがそうなのか…と思った次の瞬間、

もういきんでいいよー!次の陣痛来たら、うーんて力を入れてー!!

との指示が。


『え?早くない??もういきんでいいの?!』

と思いながらも、下の方に頭が出てくる?押される感覚があったので、思い切り息む!!


陣痛が来るたびに、痛ーい!!と叫び、呼吸方を言われても、できなーい!!と叫ぶも、
いきむの上手ー!!すごい上手だよー!!
呼吸方も、出来てるよー、大丈夫だよー!
と、助産師さんが励ましてくれて、

『私出来てるんだ、大丈夫なんだ』

と思えて、頑張れました。

途中、破水した感じがわかりました。

そして、4回目くらいのいきみで、赤ちゃんの頭が!!

もう頭出たよー、力抜いていいよー、フーって息吐いてー、

との指示があり、赤ちゃんが誕生!!

泣き声が聞こえ、あ、うまれたんだ、生きてる、元気だ…

と、安心しました。

ちょっとしてから、胎盤が出る時、またなんかが産まれる感じがして、笑

助産師さんが、旦那に生まれたことを伝えてくれて、
『旦那さん、早くない?って言ってましたよ 笑』と言われました 笑←


そして、先生が来て、傷口を確認され、縫うことに。
会陰切開したらしいのですが、いつ切ったかは全然分かりませんでした。←

傷口を縫うの、痛かった…
( ; ?; )

痛くて声が出たけど耐えて、終わりに、先生にありがとうございましたという余裕すらありました←


そして、縫っている間に赤ちゃんが体重測定を終えて私の元に帰ってきて、

寝ながらおっぱいを吸わせることに。

小さな手が一生懸命おっぱいを探して動いてるのを見ると、かわいくて、とても愛おしく思いました。


そこで、旦那のお母さんが到着し、もう生まれていることにめちゃくちゃびっくりしてました 笑

カメラで私と赤ちゃんの写真を撮ってくれて、実母に生まれた連絡を入れてくれ、


実母ものちに到着。
やはり、めちゃくちゃびっくりしてました 笑←




助産師さんに、母子手帳の記入欄を書くための質問をされ、家で陣痛かなり我慢しました?と聞かれるも、
いや、そんなに我慢してないです…と答え、
助産師さんも、
病院着いた時に破水してた感じもそんななかったし、おしるしも、すぐ産まれるって感じはしなかった…と言ってました。


そして、子宮口が8センチになってから全開になるまで、普通は2〜3時間かかるし、
全開になってから9分で産んでるけど、経産婦でも普通は一時間はかかりますよーと言われました。

そう、私は超スピード出産だったのです!!笑←


2人目は危ないから、陣痛の間隔とか気にしないですぐ来てくださいと言われてしまいました…笑



生まれてから2時間は、分娩室で安静にしてなくてはいけなくて、1時間経った時に出血の具合を確認され、また1時間安静にしている間に、旦那と母達は帰りました。

赤ちゃんも、おっぱいを吸わせたあとは、綺麗にするために預かられました。
ちなみに、私はおっぱいが産んですぐ滲み始め、それも、かなり早い方なんだそうです。笑←




こんな感じの、出産でした!!
(・ω・)ノ?


出産日時は、
9月2日
AM3:19

生まれたのは、
3200g
52p
の、元気な男の子でした!!?


プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:咲宮すず
  • 性別:女性
  • 誕生日:1990年1月20日
  • 血液型:O型
  • 現住所:北海道
  • 職業:専門職
  • 趣味:
    ・コスプレ-レイヤーです。
    ・カラオケ-ボカロ、アニソン、電波曲が多いです。
    ・ニコ動鑑賞-歌ってみた、踊ってみたが大好きです。
読者になる
カラオケ大好きです!
ボカロ・アニソン・キャラソン・電波曲・サンホラを歌います。


ヘタレイヤーです。
主に女の子キャラをしています。
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
BVLGARI 腕時計
» 男装デート!! (2017年12月29日)
名無しのリーク
» DANCEROID解散について。 (2016年06月22日)
use
» 札幌デート一日目(ドールお迎え編) (2014年11月28日)
咲宮すず
» DANCEROIDについて。 (2014年11月02日)
柊姫
» DANCEROIDについて。 (2014年10月28日)
咲宮すず
» 札幌満喫3日間! (2014年09月28日)
咲宮すず
» DANCEROID解散について。 (2014年09月28日)
えるく
» DANCEROID解散について。 (2014年09月27日)
Yapme!一覧
読者になる