ニューヨーク・ニューヨーク BL漫画を読んでみた。

September 08 [Sun], 2013, 8:57
この作品の作者は、赤ちゃんを中心としたものや
高校生テニスプレーヤーの活躍を追うものなどの少女漫画が多いです。


その中で異色の作品として挙げられるのが
「ニューヨーク・ニューヨーク」というゲイをテーマとした面白いBL漫画です。


内容はシリアスなのですが、もともとが少女漫画を描いている作者なので
BL的要素も多く含まれています。アメリカのニューヨークで、
警官のケインとウェイターのメルの関係を中心にストーリがー進んでいきますが、
周囲ではエイズや麻薬などの問題が起こり、2人の関係を深めるよりもそちらの解決に苦労します。


最初の出会いで仲が深まることはないのですが、
偶然の再会ののち恋愛関係となります。


最初の行き当たる壁は親へのカミングアウトで
最終的にはケインの親が受け入れてくれるのですが、
クリスチャンという宗教的な問題も絡んできます。


ケインが警官であるため危険な事件にも巻き込まれたり、
メルの過去の経験から精神的に不安定になったりと
ゲイにおける悩みやトラブルを1つ1つ解決していく様子が分かるBL漫画です。


2人の抱きあうシーンはとても美しく、BL漫画の名作だと思っています。
最も大きな問題は養子で、ゲイのカップルのもとへエリカという孤児が引き取られます。
2人の父親に喜びますが、当然問題も多く心に響くシーンが多いです。


のちにエリカの子どもや孫も登場することになり、
日本とアメリカという国の違いや文化や思想の違いをこえて感動を味わうことができる作品です。