基本的に不動産の売却を計画した場合は不動

August 12 [Fri], 2016, 3:23
基本的に不動産の売却を計画した場合は不動産業者に価格の査定をしてもらうのが第一歩になるでしょうが、査定の前に汚れはすっかり落としてキレイにしておくべきでしょう。キレイな状態にしておくと、マンションなら特に大幅に印象が変わることもあります。


それから、事前に購入要望者が中を見たいと言っ立ときも掃除をしておくことと、見せ方の面でも広く感じられるようできるだけ不要な物は見えないところにしまっておきましょう。細かい手間や労力を数え上げるときりがありませんが、そのほかに不動産会社に支払う仲介手数料は土地家屋を売るときにかかる負担としては、まあまあ大きいものでしょう。
手数料を半分に分け、残りの支払いは売却後でも可能な業者もありますが、物件の価格いかんで100万円近い額を支払わなくてはいけません。


それから家の売買で収入があると、譲渡所得として課税されることになるでしょう。

古い家電等を処分したり引越し先にかかるお金も必要でしょうから、出費の額は把握しておいたほうが良いでしょう。

まだローンを完済していない家を売却するなら、売却云々の前に全額繰上げ返済しなければいけません。不可能だったら、ローンの貸主である金融機関と交渉した上で、売却の承諾を得る(任意売却)のが普通です。個人で任意売却の手続きをするのは困難ですし、時間ばかりが経過してしまいます。

弁護士事務所や任意売却を専門に扱う会社などを通して、手続きを代行してもらうのが普通です。

もしも、不動産物件が売れた時の価格が3000万円を超えなかったら、所得税、それに、住民税の対象にはならないありがたい特例が適用されます。売却価格うちの3000万円が特別控除の適用になるため、課税対象にならないのです。さらに、不動産物件の買い換えを行い、売却価格が安すぎて売却損が出たら、全ての所得を合わせての損益通算が適用されるのです。



しかし、残念なことに条件に当てはまる必要があり、売却した物件をかつて購入してから5年を超えていて、その上で、新しく契約した住宅ローンの支払期間が10年以上のケースです。
住宅売却は高額ですし、条件設定の詰めが甘くて問題が発生することが時々あるようです。
なぜそうなるかというと、大部分は確認不足だとか、勘違い、小さなミスなどが重なったことなどによります。条件確認は業者にだけ任せるのではなく、売主も注意し、トラブル防止のためにも記録しておきましょう。そして不明瞭な部分があれば早いうちに問い合わせるなどして、不安は払拭しておきましょう。アトになってしまうと困るのは自分ですし、初期なら訂正で済むことがほとんどです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダン
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる