憧れのヘアカラー

February 26 [Tue], 2013, 19:30
いま,髪型を創るうえで,髪の毛のトーンがポイントになってトレンドをつくっている。ヘアカラーリングによって気持ちも軽やかに明るくなり輝きます。髪の毛のトーンやヘアスタイルによってみな様の気持ちは大きく左右されるのですよね。

けど一方で,毛染めをしていることで髪の毛やスカルプを傷め,薬品の害も出ている。長年,美容に携わってきて,是非このことは知って頂きたい。今回は憧れのヘアカラーリングに関して考え方ます。
ヘアケアの大切さ

健康な髪の毛は,ちょうど寿司の海苔巻きの様になっている。海苔のゾーンがCuticle,ご飯のゾーンがタンパク質,具のゾーンが髪の毛の中心の髄質になっていて,水分と油分とタンパク質が均衡よく整っている。
一回の毛染めで髪の毛が失うタンパク質は40%。健康な髪の毛の均衡をいかに崩してしまいますかが分かります。このうえ,助剤であるヘアーライトナー作用のある過酸化水素が髪の毛の中に残留してしまい,ドライヤーの熱や紫外線等の作用で,髪の毛のなかで施術後も脱トーンが進んでいってしまいますのですよね。
毛染めして伸びた髪の毛のトーンが,じゃんじゃん赤茶けてパサパサになり,ストローのように空洞化してしまいますのは,これらがきっかけなのですよね。

髪の毛やスカルプに最も良いのは,天然100%トーン素の薬草ヘナや,草木で染めるハーブカラーリングですよね。黒い髪の毛に,ほんの多少印象的にトーンを付けたり,白髪の毛30%以上の白髪の毛染めの方にはベストですよね。
とくに明るくしたい方は,ジアミントーン素の入って居ないアロエ(保湿・消炎作用)エッセンスがたっぷり入ったヘアーライトナー剤で染めるのが理想的ですよね。さらに薬品が髪の毛に残留しないように,オゾン発生器で髪の毛とスカルプをしっかりと中和し,この後,ハーブカラーリングをしていきます。明るく,しかもご希望のトーンで,髪の毛を傷めずカラーリングの出来る技量ですよね。

日頃のケアは,弱酸性の天然100%のシャンプーを使い,100%コラーゲンの原液でヘアトリートメントをされるとシルクのような輝きを持った,美しい髪の毛が毎回キープできる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s234kf5r
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s234kf5r/index1_0.rdf