見方を変えてみる(`ω´*)

September 09 [Sun], 2012, 2:02
そう、あいつは現代社会においては遥かにオーバーテクロジーで作られた、二足歩行式の汎用型アンドロイド。
学習型の人工知能を頭脳に持ち人間との対話をアナログ言語で通信して皮肉まで言える演算処理能力の高さ動力は超小型の常温核融合炉を搭載し世界各国の言語に精通する万能翻訳機を備えTPOに合わせて武装することも厭わないさらには空間や時間を制御する技術力も併せ持っている見る者に不信感や危機感を与えないように計算しつくされて設計された、球体型で狸を模した青と白のボディー。
それがドラえもんところでドラえもんは、2112年9月3日にマツシバ電機生産の量産型ドロイドで、身長1293cm体重1293kg胴回1293cmという公式設定があります。
1293cmを円周率で割ると、直径は約412cm。
ドラえもんのボディーは上半身下半身共にほぼ球体で出来ているので、縦身長に対する横の比率は、約31になります。
アニメ版も漫画版もドラえもんは大抵二頭身で描かれているのだクリスタル 悪質けれど、リアルサイズドラえもんは三頭身なんだろうなというようなことを、6月に新千歳空港内に在る、ドラえもんミュージアムを観ていて思いました。
ひみつ道具が実在するなら、どこでもドアを欲しいですドラえもん生誕100年前記念mediaid32
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s223ybcmr4
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s223ybcmr4/index1_0.rdf