きょうの猫村さん2 

July 18 [Tue], 2006, 21:20
久々の更新がマンガって…
あたしらしいか?


以前このページに書いた猫の家政婦さん物語「きょうの猫村さん」の第二巻です。
今回の内容は、
決してつまらなくはないんだけど、やっぱり初巻ほどのパンチはなかったかな。
「猫が家政婦!?それもすごいやりこなしてるじゃん!!」っていうインパクトが強烈でしたから。
二巻になると既に猫が家政婦ってことに違和感なくなってる自分が怖い。

前回の終わりにでてきた姑との話が、今回の主。
猫村さんが姑の飼い犬のことをかわいがり、気にするようすがあたしはおもしろかったです。
この物語、ネットで一日一コマ連載してる超スロー漫画なんですが、
単行本じゃなくネットで見てたらあたしは飽きてしまうかも。


母に習えばウマウマごはん 

February 23 [Thu], 2006, 9:45
こちらも前回と同じ小栗左多里さんの本。お母様である小栗一江さんの料理を紹介しています。

どのレシピも写真とマンガで紹介されているので、終始楽しく読めました。

肝心の料理ですが、
帯に「簡単な」とあるだけあって、面倒な下ごしらえがない料理がほとんど。作ってみたい料理もたくさんありました。
とくに目を引かれたのはケーキ風押し寿司。もうすぐひな祭りなので今年のちらし寿司はこれにしてみようかな。
おかず料理のほかにも、おやつになるものも載っています。

トマトの湯むきや豆腐の水きりなど料理の知識もおもしろおかしくマンガで紹介されてるし、なによりお母様のキャラも抜群。
今まで、最初から最後まで料理本を読破するなんて考えられなかったけど、これはあっという間に読み終えました。
料理が苦手な人、料理と聞いただけで構えてしまう人にもオススメです。

ハワイで大の字 

February 02 [Thu], 2006, 16:11
ずいぶん前に買ったこの本。やっと読み終わることができました。
子育てってゆっくり読書する時間なんてないんです(´Д`)
なんつって。

さて本題。
あたしは「ダーリンは外国人」を始め、さおり&トニー(慣れ慣れしい)の本が好きです。
絵もあたし好みだし、話もおもしろいから。
今回はさおり&トニーがハワイのいろんなところに行って出会った人やイベントなどをまとめたもの。もちろん笑いありで。

読み終えた一番の感想。
「ハワイ行ってみてぇなぁ」
単純で本当すいません。
暑いのが大の苦手で、ミーハーなことが苦手で、海外旅行は新婚旅行しかないあたし。
そんなあたしがハワイに行ったことがあるはずない。
(ちなみに新婚旅行はナイアガラ&オーロラを見にカナダでした。それも1月。寒い時期に極寒の地に。現地のガイドさんに「こんな寒い時期にここに来るのは日本人くらいだ」と呆れられました。あげくオーロラは見られませんでした(泣)
あんなにいろんな楽しいことができるなら、行ってもいいかなぁハワイ(なに様?)
でも、さおりさんはなんだかんだ言って英語ができるみたいだし、トニーは当たり前だけどペラペラで、現地のコーディネーターも記者も勿論ばっちりいて、そんな中で行ったらそりゃ楽しいだろうさ。というひねくれた感想も持ちました。
一般の人、とくにあたしみたいに中学英語すらおぼつかなくて金銭的に余裕がないから豪勢にプランは組めない奴が行っても同じように楽しめるのか、と。
結局、日本人ばっかりなありふれた場所しか行かないんだろうなぁ。
……あっ!ありふれた場所がどこだかもわからない(-_-)

1回もハワイに行ったことがないあたしなので、そんな狭い感想しか持たなかったんですか、何度もハワイに行ったことがあるハワイのプロがこの本を読んだらどういう感想を持つんだろ。
近くにそういう人がいないのでわかりません。
旦那は、海外旅行はスエーデンと新婚旅行のカナダのみ。どちらもオーロラが見たくて行ったもの。どちらでも見られなかったけど(-.-;)
話がだいぶそれましたが、
この本はハワイと縁遠いあたしを充分に楽しませてくれる内容でした。
(きれいにまとまった?)

SAYURI 

January 04 [Wed], 2006, 1:04
あたしの大好きな映画「シカゴ」のロブ・マーシャル監督ということで、ぜひとも観たかった映画「SAYURI」
芸者の話だし、シカゴみたいにDancing&Singingかと思いきや全然そんなことはなく、どっぷりと話に入り込めました。
相撲を観戦する場面で舞の海が四股踏んでたり、ときどきカタコト日本語がでてきたり、「…プッ」となることも多少あり。
内容も満足いくものだったんだけど、チャン・ツィイーの着物姿はちょっと残念だったかなぁ。体の線が細すぎて小柄なチャン・ツィイーにはどうも違和感ありすぎでした。ミシェル・ヨーはバシッと決まって見えたから余計に目立って感じました。
あと、会長さん(渡辺謙)は初めて千代(チャン・ツィイー)に会ったときにもう目を掛けてたってラストで言ってたけど、置屋に来たのが9歳でしょ?9歳の子供を見て「この子は芸者に…」って思うの?!会長さんは出会ったころからラストまで老けないのはなぜ?!おかあさんはあんなに老けたじゃない!!と最後の最後で疑問炸裂でした。まぁ内容全般が良かったから後味まで悪くはならなかったけど。
なんだかんだ言ってハッピーエンドでよかったかな。期待を裏切らない展開でした。

ところで、この映画に出てる儀式的なことは芸者世界には本当にあるのかね?今は無いにしろ、昔はあったのかね?だとしたらすげぇな、芸者。

モンスター 

December 20 [Tue], 2005, 15:40
久々の更新です。
風邪で寝ている娘を抱きながら、録り貯めしてた映画をかろうじて1本観ることができました。

観る前に知っていた内容は実在した連続殺人のお話ということだけ。
こんなに人の愛とか家族とかが絡んだ映画だったとは。観終わったときの感想はずばり「深いなぁ」。

ストレートな人が同姓を好きになるのがあまりにも唐突だったような気がするけど、そういうのは理屈じゃないんでしょうか。
まぁ、映画という限られた時間で始まりから終りまで作らないといけないんだから、いくら実話をベースにした話でも誇張したり省略したりした部分もあるんだろうけどね。

WOWOWで放送中にチラッと本編を観た旦那が「結構気持ち悪い」と言っていたので殺すシーンが強いのかと思ってたけど、全然そんなことはなく。旦那がチラッと観たのはどこだったんだろ?旦那もはっきりと覚えてないみたいで今となっては謎のままです。
グロい映画は苦手な人でも充分観られる映画だとあたしは思います。

内容とは全く関係ないんだけど、CSI:化学捜査班でキャサリンの父親役だった俳優さんがでてましたね。
俳優さんですから、そりゃいろんな作品に出るんだろうけど、思わず「おぉ!」と声を出しちゃいました。CSI…ではすごい嫌な役なのに、この映画では家族思いの優しいお父さんでした。殺されちゃうんだけどね。

作り上げられた恋愛話や、コテコテのくさい話が苦手な人にオススメの映画だと思いました。

きょうの猫村さん1 

October 27 [Thu], 2005, 0:04
ガハハッ 笑いすぎて腹痛てぇ マジやべぇ
と大笑いするというよりも、
・・・ムフッ ・・・プッ
って感じで和めるマンガです。
正直言って上手い絵じゃないかもしれない。文字だって手書きだから読みにくいかもしれない。
でも、内容がおもしろいので良しとします。
大いに良しです。

内容は、猫の家政婦の話。
猫村さん以外の家政婦さんはもちろん人間。
奉公先のお偉いさんももちろん人間。
それでも猫村さんは家事をそつなくこなすのです。
縦結びのエプロンで。


うちにも猫村さん来てくれないかなぁ。
話し相手になってくれるだけでも毎日楽しいだろうなぁ。

さっそく・・・ 

October 24 [Mon], 2005, 23:37
まずは年明けから今まで、観たのに更新できなかった映画をまとめて。

『さよなら、クロ』
『きょうのできごと』
『8月のクリスマス』

これだけだっけかな?もっと観た気がするんだけど・・・思い出せません。すいません。
思い出したらその都度アップします。

まず、『さよなら、クロ』と『きょうのできごと』
WOWOWで妻夫木くん特集をしてたのでまとめて観ました。
さよなら・・・は古風な妻夫木くんもカッコイイ
内容は、犬好きのあたしにはとても切ないお話でした。
まず、引っ越すのに犬を置いてくことが許せない!ってこれを言っちゃうと映画が始まんないんだけど。
用務員のおじさんに涙してしまいました。
犬の話だけだと思ってたら、仲間の死とか結構奥がある話で、思ってたよりも入り込めました。
それとは逆に全然入り込めなかったのが『きょうのできごと』
こういうのをシュールっていうの?場面展開や内容そのもののに「で?」って思うところが多くて、
なんだか後味が悪かったです。
あたしは単純な人間なんで、その話の裏を感じろ!的な内容はダメみたい。
この2作品を観たのは、確か今年に入ってすぐだったはず。
同じくWOWOWでやった『ジョゼと虎と魚たち』は、録ってありますが未だ観てません。
この映画はくるりが音楽をやってるので早く観たいんだけど、録ってある安心感でなかなか・・・ね。


『8月のクリスマス』
約1年ぶりに映画館で映画を観ました。それも、実は、初めてひとりで映画館に行ったんです。
ひとりで映画館・・・なんて大人なんでしょう。これからも機会があれば是非行きたい。
内容は、日記でも書いたのでここではいいかな。
原作に忠実とは言え、山崎まさよしが「おじさん」と呼ばれてるのにすごい違和感がありました。
二十歳そこいらの人が、三十歳過ぎの人を「おじさん」とは呼ばんだろー。
やっぱり韓国版も観たいなぁ。WOWOWで再放送しないかな。

リニュりました。 

October 24 [Mon], 2005, 23:34
観た映画の話とか、読んだ本の話とかをしたいと思います。
今までパソコンを立ち上げないと更新できなかったので、これからは携帯でも更新できるようにブログ形式にしました。


でも、毎日更新するわけではないです。
P R
■プロフィール■
■HN■さ
■TOP■http://www.geocities.jp/sa2003kiku/
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s2003k
読者になる
Yapme!一覧
読者になる