大瀧詠一だけど時田

February 09 [Tue], 2016, 20:46
インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。それは本当のことではありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。実は、かかる費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。最近話題になることも多いのがインプラントです。しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。これは重要な事実です。いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。そうなる理由として、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。クレジットカード利用ができる歯科医院や、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s1ipcctezratae/index1_0.rdf