糖尿病 食事

October 22 [Fri], 2010, 11:18
糖尿病 食事

患者数が働きざかりの40代の1割に達するとされる「糖尿病」。

発症後は完治できないため、一生のつきあいを覚悟せねばなりません。

いちばん恐ろしいのは、状態を放置すると症状が進行し、眼・腎臓・神経などにさまざまな「合併症」が引き起こされることです。

糖尿病においては、血液中の糖分(血糖)が異常に高い状態(高血糖)が続きます。

高血糖は、インスリン(膵臓[すいぞう]から出されるホルモン)の働きが低下して起こります。

インスリンの働きにより、筋肉や細胞の「受容体」が糖分を取り込み利用するのですが、過食や肥満・運動不足などにより受容体の働きが鈍るので、せっかくインスリンがでても糖分の利用が難しくなります。

それでも膵臓はインスリンを出そうと頑張って働き続けるのですが、症状が進むと最終的にインスリンをうまく出せなくなってしまいます。

インスリンを効率的に働かせるためには、受容体の働きをよくする必要があるのですが、そのためには肥満・運動不足の解消が効果的です。

▼糖尿病総合情報サイト▼

糖尿病 予防

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noname
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s18a9e1b1cf/index1_0.rdf