オセロットだけどみっちぃ(みっちー)

May 11 [Thu], 2017, 9:37
亡くなった父が集めては、飽きず眺めていた切手が遺されてしまいました。
うちに置いておくより、処分した方がいいと思います。
きちんとスクラップされていないものも多いので全部まとめて引き取ってくれるところを見つけられれば大変ありがたいです。
保存には気を遣っていたようなので父がきれいにとっておいた切手を、大事にしてくれる方に譲りたいと思います。
どれも個性ある切手ばかりですね。
切手はバラであっても買い取ってもらうことが出来るのですね。
自分はよく知らなかったのですが、切手買取時の台紙に貼りつけ方について調べてみたところきちんと並べていないといけないようなのでちょっときつそうです。
しかし、買い取ってもらう時に貼りついている方が高いという事であれば、やってみてもいいかなと思えます。
集めた切手を売ろうとするとき気がかりなのは幾らで買い取られるのかということです。
とりわけ人気の高い切手に関しては高価格で買い取ってもらいやすいので一円でも高い値段で切手を買い取ってほしいなら、どのくらいニーズがあるかをきちんと知っておき、示された額が見合っているのかどうか見極める必要があるのです。
一般的な切手買取業者においては、プレミア切手として扱われる切手の買取も受け付けています。
プレミア切手とはどのようなものかというと切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。
なかなかないものなので、シートとしてでなくバラであっても高価買取が実現する可能性もないとは言えません。
集めた切手の量が膨大な場合には、自ら業者へ持っていくのではなく、出張買取という方法を選択することが、賢明なやり方だと思います。
近年、専門として切手買取を行う業者も出てきて、出張買取という方法も珍しくなくなり、行っている業者も多いです。
出張買取のいいところは、店頭まで行く手間が省けるという点と、時間をかけて丁寧に査定をしてもらえるということです。
切手を売るときは出来るだけ高く売りたいですよね。
そんな時には、業者選びが重要で、金券ショップではなく切手専門の買取業者を選択することが大事になってきます。
選ぶコツはネットでの評判を考慮して良い業者を数カ所選択して、その業者一つ一つに評価してもらって、査定額が高かったところに決めるというプロセスを踏むのがお勧めです。
お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、いつのまにか枚数が増えていました。
私の場合、懸賞などにはがきを使うことはあっても、年賀切手を貼るような文書はなく、切手は使わないままだったのです。
金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、今まで貯まっていた年賀切手をまとめて持って行きました。
サインと身分証明書の提示は必要でしたが、貯まっていた切手でお小遣い稼ぎができたのでちょっと嬉しくなりました。
使わない切手を売りたいと思い、買取ってもらえたとしても殆どの場合で、切手の元々の金額からいくらか引いた値段で売ることになります。
ところが、数ある切手の中には、コレクションとしての価値があるものが存在し、高い値段で売れることもあります。
あなたが売りたい切手の価値は多少は理解しておくことをお勧めします。
旧価格の切手が手元にあり、新価格の切手へ換えてもらう場合、それら二者の差額はもちろんですが、それに加え、別途で手数料を払わなければなりません。
10円以上の切手の場合には1枚あたり5円支払う必要があり、切手が10円未満だった場合は、二枚の合計の半分の値段が手数料となります。
もう新しく買ってしまった方が、お得なこともありますし、時と場合によっては、切手を買い取っている業者に売ってしまう方がいいという場合もあるようです。
あなたが切手を業者に売ろうとするとき、方法は切手買取業者へ直接出向いていく方法だけではなく宅配買取といった方法を依頼することが出来る場合もあります。
その際、送料無料になったり、買取業者の中には梱包材まで準備してくれるところも多いです。
けれども、まとまった量を買い取ってもらいたいというとき以外はあてはまらないこともありますから、事前の確認が必要です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuzuki
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる