特定調停で借金を返済する方法

July 24 [Thu], 2014, 15:31
借金の返済方法には、特定調停という方法が知られています。特定調停とは法律制度の元で成り立っている裁判所が金融会社と借金をしている人の間を取り持ってくれる調停制度の一種です。特定調停は、借金を利用した人から依頼された認定司法書士か、弁護士が行うことができます。今はまだ借金の返済はできているけれども、できなくなりそうだという人で特定調停は利用できる点が、自己破産と違うところです。特定調停を行う利点とは、一体どういったものでしょうか。自己破産が申し立てから免責の許可の決定が出るまでに約半年かかりますが、特定調停の場合には2〜3か月で修了します。特定調停の申立ては、法律の専門的な知識を持っていないという人でも、条件を満たせば行うことができるものです。申し立て用紙が裁判所にあるのでもらってきて記入すれば良いのです。金融業者との交渉自体は裁判所の調停員が行ってくれます。自己破産をしたことがある人でも、特定調停は使えます。特定調停を申し立てた人がどのような融資を受けていたかでも違いますが、大抵の場合、金利は可能な限り低くなります。結果的に、返済総額の減額が見込めるというわけです。特定調停という返済方法はあくまでも話し合いですので定職についておらず一定の収入を得られる見込みがない場合や銀行系の低金利の借金をしている場合には意味がないことがあるので注意しましょう。おきなわの夕焼け
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:s-xfq
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/s-xfq/index1_0.rdf