FISHMANS presents "THE LONG SEASON REVUE"@なんばHatch 

2005年11月27日(日) 23時02分
6時半開演のフィッシュマンズ、つい20分ほど前に終わりました。また感想は改めて書きます。
---------------------------------

・・・というわけでここからは改めて書いた分です。

4時間以上あったでしょうか。

永積さんが誕生日イイフナの日って知ってたのに
誕生日だったてこと完全に忘れてました(笑)
みんなが歌った「♪HappyBirthday To You〜」に
感無量になってる感じがこっちまで感動したなぁ。

あとこれは書かれてる方も多いと思うのですが、
私は存在自体を今回で初めて知った
pocopenさんの自作の詩がむちゃくちゃ感動しました。

こうやってそれぞれに思ったことを、勿論歌の感想も含め
色々書こうとしてたんですが、それは改めて書くとしまして、
何より書きたいことは、奇跡的な時間のこと。
先に書かせてください。

「ALWAYS 3丁目の夕日」 

2005年11月25日(金) 1時06分
これは本当は10日以上前に観たんですが、書いてませんでした。
というか、ここに映画の感想自体を全然書かなくなったというのが
大きいですが(汗)でもこれは書いておかねばならんと思ったので、
遅ればせながら書かせていただきます。

この原作のアニメが凄く好きで、映画化されると聞いた時から
観たいと思っていました。キャストを見て、さらに行きたいと思いました。

もう、とにかく、その時の私の心が緩んでたのか何なんだか
分かりませんが、8割方泣いてました。
そもそもその前の「あらしのよるに」の予告だけで泣きかけた
という事を伝えれば、いかに私の心が緩んでいたかがハッキリと
分かってもらえると思います(笑)ありえんでしょ。

一番注目所だったのは吉岡くんでしたが、あのまったりとした喋り方が
やっぱり良い味で卑怯だなぁと思った。
一番関心が無かった小雪がかなり良かった。
堤真一があんなコミカルな役柄だったと知らなかったお陰で一層面白かった。
そして泣かされた。
ろくちゃん、いや(笑)六子ちゃんの演技をしてた子も凄く良かった。
お母さんの薬師丸ひろ子も凄い良かった。

で、少年二人よ。この少年二人が上手い!
もう泣かされっぱなし。
こんなにハンカチが涙と鼻水でびたびたになったのは
多分「ミリオンダラーベイビー」以来です(笑)
少年たちの動きは観客には分かるので、家族が心配してても
それが大丈夫であることは当然こちらには分かることなのにも関わらず
家族の心配している姿に泣けてきたり。

観終わって凄く疲れた。
凄く良い映画を見た余韻以上に、泣きすぎて疲れた。

追い討ちをかけたのはエンディングのD−51の歌。
曲も詞も映画に合い過ぎて、思い出し泣き。

はぁー・・・(笑)

見たのに書けてない数々のライブやらをざっと公開 【その4】 

2005年11月25日(金) 0時54分
 【11月23日】
 BONNIE PINK TOUR 2005 “Golden Tears”
 @NHK大阪ホール

この公演に関しては11月23日の日記をどうぞ。
(って言っても全然書けてないんですが)



・・・とまあこんな感じで、あと今週日曜に なんばHatchへフィッシュマンズを
見に行ってきます。

ってどう考えても行き過ぎですよね。
ええ、自分でも分かってるし、現に何人に言われたか・・・(汗)
でも理由があるんです。
来年になったらライブなんて行ってられない状況になるので、
今月たまたま運よく、大阪は好きなバンドやらのライブが日祝ばかり
だったので、行けるだけ行ってやろうと思って(全部チケットよく取れたよな・・・)
こうなってるわけです。
まぁ人生最初で最後ですわ。こんなけ行き倒すのは。 

フィッシュマンズが見終わったら、来月は大晦日の
COUNTDOWN JAPAN 05/06」 @幕張メッセ のみです。
今年はチケ取りが凄まじい争奪戦になりそうだったので、初めて先行で
取ったんですが、大正解でしたね。
もう一般じゃ取れる気しないと友達が嘆いてました。
(一緒に行く友達が初めの先行振込み期限間に合わなかったらしい)
第三次先行の時点で既に抽選だってんだから、もう一般は一体
何枚流れてくるんだって話ですね。
「ハズれた」という沢山の声を見聞きすればするほど、
先行で取ってた事にホンマ良かった・・・と冷や汗かきますよ。

見たのに書けてない数々のライブやらをざっと公開 【その3】 

2005年11月25日(金) 0時51分
 【11月19日】
 ウーマンリヴ Vol.9 「七人の恋人」 @大阪厚生年金会館芸術ホール

阿部サダヲがかなり声が潰れていたことに、結構テンション下がったんですが、
ほとんど叫ぶような喋り方をするキャラを演じてたので、仕方ないかなと
納得したりして。最も期待というか、楽しみしていたのは、尾美さんだったんですが
確かに尾美さんも面白かったけど、群抜いて面白かったのは田辺誠一その人です!
個人的には星野君のあまりに可愛い女装姿に母性本能をくすぐられたり、

「おい、この舞台、芝居+グループ魂のライブを見てるような1粒で2度美味しい
舞台やんかー!!!」

と思わせる、その(クドカン+三宅弘城+星野君)生演奏BGMがめっちゃ
カッコ良かったりしたんですが、どうにもこうにも田辺くんの強烈なキャラが
最高すぎて。モデル出身の彼がするということが余計面白いんだと思う。

しっかし三宅マン(そういうコントが劇中あるのだ)はドラムカッコ良いよなー。
グループ魂だよ、ありゃ。ほんまあのオープニングの映像に合わせて演奏した
テーマ曲は放心したね。めっちゃ良かった。


 【11月20日】
 映画「空中庭園」 @動物園前シネフェスタ
 LOST IN TIME 新譜購入者特典インストライヴ
 @TOWERRECORD梅田店

「空中庭園」やっと観た。
前日帰宅が遅く、かなり疲れていた為、見に行くのを
やめようかと思ってたけど、この日しか見れる日が
ないので思い切って行った。
結果、行って大正解。本当に観て良かった。
小泉今日子に対して初めて演技が凄く良い味出してるなと感じれたし、
とにかくあの大楠さんのインパクトが強烈でした。
見に行かれた方には大体「板尾が良かった」と聞きましたが、私は板尾には
ほとんど普通に見てました。それほど小泉今日子と大楠さんの演技が
良かったんです。
ドロドロしているけれど、終わりにかけてとてつもなく清清しい、そして少し切ない
感情が湧き上がってきました。本当に見ごたえのある良い映画だったと思います。

ロストのインストに関しては11月20日の日記をどうぞ。

(以下 【その4】へ続く・・・) 

見たのに書けてない数々のライブやらをざっと公開 【その2】 

2005年11月25日(金) 0時50分
 【11月9日】 
 SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2005
 “MY FIRST LOVE” @大阪城ホール

ステージサイド席ってどうなんだと思ってたら思い切り近くて驚いた。
今回のアルバムは好きな曲が多いのでそれだけで満足ですが、過去の曲の
チョイスが、見事なまでに私が大好きな曲がほとんどで、心底満足しました。
今回も前回同様3時間でしたが、ほんとに濃いライブです。
MCも面白いし(笑)


 【11月12日】
 フジファブリック MONONOKE JACARANDA TOUR @チキンジョージ

仕事終わってからぎりぎり間に合うかどうか位の時間なんで、行くかどうしようか
迷った末、大阪公演は行けないしってんで思いきって行ってきました。
結果、行って大正解。ワンマンは、彼らの初ワンマン(大阪が本当の意味で初
だったんですよ)しか行ったことがなく、イベントでも見たことが無かったので、
非常に久しぶりで楽しみにしてました。そして改めてその良さを認識。
完全に終わって会場内の明かりがついてスタッフが帰って下さい的なことを
言ったに関わらず、ほとんどのお客が帰らず手拍子を続けていたら、出てきて
一曲だけやってくれたのには驚いた。そん時が一番盛り上がったなー。


 【11月13日】
 MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 “I love U” @大阪ドーム

ドームのアリーナ21列目ってどんな感じが全く想像できませんでしたが、
これが近い!かなり左寄りの席だったので、センターに立たれたら顔の表情は
ほとんど分からない状態だったんですが、何故か今回、桜井さんが左ばっか
来てたんですね。右にはほとんど行かない。しまいに左がわで座って歌ったり。
そうなったらもうめちゃくちゃハッキリ見えるわけです。
ええ、ずっと長髪でもっさりしてると思ってた私は、今回あのすっきりした
髪型の姿を見た瞬間(衣装の水色のダウンベストがまた可愛いんだわ)
「きゃー」とかの黄色い歓声に混じって思わず「かっこえー!」と叫んでしまいました。
今回のアルバムは、ここ2,3作がイマイチだと思っていた私にとって
久々に何度も聴くアルバムであったため、どの曲がかかっても感動したし、
前回の大阪城ホールの時と違って、過去の曲もホントにアルバムの中から
良いのをチョイスしてくるわけですよ。本当に心底満足して帰りました。

セットリストは下をクリックしてください。 

見たのに書けてない数々のライブやらをざっと公開 【その1】 

2005年11月24日(木) 22時59分
 
 【11月3日】
 「JAPAN CIRCUIT」 @なんばHatch
 <出演者> (出演順)
 SPARTA LOCALS/RYUKYUDISCO/
 木村カエラ/BEAT CRUSADERS
 

まさかSPARTAが最初に来るとは・・・。7割方ビークル目当てのお客
だった為、盛り上がり具合がかなりイマイチだったが、少数派のSPARTA
目当て(私もその一人)は最後あたりへの曲のチョイスがテンション上げる
良い流れでノリまくる。次のRYUKYUは今年の夏フェスでも評判が良かった
為、楽しみにしてたんですが・・・非常にノレなかったし、本当に途中から
キツかった。しんどかった。すいません、ファンの人。でも今回の出演者の
中では彼ら目当てのお客が群を抜いて少数であったのは、誰の目でも
確かだったような、ノリの悪さでした。可哀そうになる位。
そしてカエラ。これがまたファンがイタい!イタ過ぎる!
RYUKYUが目当てで急に後ろから乗り込んできた女は、風貌は浜あゆ風で
ノリ方が、完全にクラブノリ。これが非常に浮きすぎで、隣にいたビークル
目当てであろう女の子は、ずっとメンチを切るような目でその子を見てました。
その光景逆の隣から見てました(笑)んが、カエラの出て来た瞬間、今まで
どこ居ててん!という程急に後ろか野郎どもが押し寄せてきて、
ずっとビークル目当てと思ってたそういう風貌の男子3名も実はカエラ目当て
で、急にイタい感じに化して恐ろしかったです。
そしてビークルになったら私は全く初見だし、押されるの分かったんで
一気に後ろに逆流するも、ガンガン流される。勢いで乗ってみる(笑)
とにかくMCが非常に面白いです。喋くり上手すぎます。
そしてビークル恒例の「お○○○コール」を初めて目の当たりにしつつ、
すいません、大声で一緒にコールアンドレスポンスに乗ってしまいました。
大阪人やから羞恥心少なめで言いやすかったんかもな(っておい!)

「女子だけでー!上で生放送中のFM802に流れるくらいの声でー!
はい!おー○○○!(延々続く)」

初め、本当に女子は叫ぶのか、かなり疑っていたので黙って様子を伺って
たんですが、全く躊躇無く皆さん叫んではりました(笑)
いや、逆にあそこで叫ばない方がおかしい(そうなんか?)

(以下 【その2】へ続く・・・)

So Wonderful 

2005年11月23日(水) 21時15分
(携帯より送信)先ほど、BonniePinkいや、本人の希望通り正確に書くとBONNIEPINKの(笑)ライブツアー2005『Golden Tears』より出てきました。
2回目のアンコールを経て最後のあの盛り上がり具合が脳裏に焼き付いております。

LOST IN TOWERRECORD 

2005年11月20日(日) 19時59分
(携帯より送信) ヤバイよ右手のやんわり感が消えないよ。

ドラムとギターの方には握手した時有難うだけ伝えまして、
最後の海北さんにはCDJに行くから楽しみにしてる事を伝えました。
彼の両手に収まった私の右手があーらまあ(意味不明)

新譜を買った特典のミニライブだったんですが、こんな至近距離で見たのも、ほんわかした空気も(前見たらMC重過ぎたんで)、初めて感じられて、非常に満足です。それにさらに上に書いた握手+サインの入ったポストカードも戴きまして、これがフリーで良いものか。

司会進行役の人がホストのチェケラーてやるネタのあいつ(今名前が出てこん)に似てるなあと思っていたら、セカイイチの人だったそうです(笑)あと私の好きなバンドが沢山いる清水音泉の方が宣伝してたんですが、その人の方がバンドマンぽかった(笑)天然な部分があり良いキャラしてました。

あー熱い(そして暑い)ライブでやんした。


【追記】
上に書いた芸人の名前、思い出しました(笑)
「中山功太」です。あースッキリ。

『COUNTDOWN JAPAN 05/06』私的タイムテーブル 

2005年11月19日(土) 0時52分
(大きいステージから順に
EARTH STAGE:E GALAXY STAGE:G MOON STAGE:M)

18:00〜 真心(E)行くか、AIR(G)行くか…

19:15〜 エレカシ(E)

エレカシ終わる前の
20:10あたり〜 音速ライン(M)
そのままちょっと最近気になってた No Regret Life(M)
イマイチなら
22:20〜 PUFFY(G)
ハマったら最後まで見て10分遅れてPUFFYか、休憩。

23:15〜 くるり(E)の為に早い目に行く。

年を越したらそのままのテンションヌで

0:45〜 忌野清志郎&NICE〜(E)

そのままさらにTERIYAKI BOYZ(E)と見せ掛けて(誰に?)
髭(HiGE)(M)へ。
終わったら
 
2:10〜 既に始まってしまってる LOST IN TIME(G)

そこからビークル(E)へ行くと思う。
タバコジュース(M)は実際聴くとどうなのかも気になるが。

で、最後、
4:30〜 レミオロメン(E)!

あれ?!2年前もレミオが締めやったよなぁ。
またかー凄いなあ。
あん時、寒さと眠気と疲労でボーっとしてた中、シャキー!
っと目が覚めたもんなぁ。

はっきり言って、
年越しがくるりで締めがレミオというだけでOKです。
感動で目が覚めることなんてなかなか日常では味わえない
だけに、感動もデカかったもなぁ。

きたー! 

2005年11月19日(土) 0時20分
いやいや、さっきCOUNTDOWN JAPANの最終追加メンツ発表
見たんだけど、結局私が行く最終日にはワー!と
驚く追加が来ることなく終わったわけで、どう考えても
2日目とかの方が非常に惹かれてしまうんで、軽く
肩を落としながらタイムテーブルを見たら…

きたーーー!
そうなれば良いけど、ならんわなーと前から言ってた
まさかの「くるりで年越し」!!

やったーわーいわーい。
一番重要な位置に大満足なので、オールオーケー。



(ちなみに1日目あの方達が参加することになったみたいで、
また、あーだこーだ言うもんが出てくるんだろうなぁ。)