リースアレンジ「ハート型」 

September 25 [Tue], 2007, 0:27
〔花材〕
ヒメりんご×3
ダリア×5本(ボルドー色)
ヒペリカム×1本
秋アジサイ×1本
シンフォリハルボス×1本(白い実)
ビバーナム×3(黒の実)
リキュウソウ×3本(つる状のグリーン)
アンスリウム×2本(緑色)
ケイトウ×5本(赤)

〔ポイント〕
@リキュウソウをハート型のオアシスに巻いて
A花の大きいダリアの位置を決める。
  挿し方はグルーピングでも良いし散らしても良い。ただしバランス良く!!
●ヒメりんごは楊枝をりんごに挿してアレンジする。
●秋アジサイは固まりで使わず、いくつかに分けて深く挿す。水揚げ悪いので刺し方には注意!
●実ものは小さい固まりを2、3本まとめてワイヤリングして挿す。
●アンスリウムはグリーンに見立ててアレンジする。茎を見せるような飛ばすようなアレンジはしない事
●リースの内側、外側にも気を配る。オアシスをちゃんと隠すように。


〔先生からのコメント〕
●時間かかりすぎ!!
 (2時間近くかけてました
●左側のダリアの位置が下過ぎる(画像では直した後)。ハート型の上部、丸みの部分にダリアを持っ  てくるとバランスが良い。
●実ものはもうちょっと固まりで使うこと!!また高さがない。
 (実ものをバラして使う癖があるとの指摘。その通りです、師匠

●リキュウソウをオアシスに貼り付けるように巻いていってしまったので、生かしきれていない。
●花つきの悪いヒペリカムはバラして使わず、一箇所にまとめましょう。

〔感想〕
相変わらず、ピンボケショットだ…
グルーピングに意識しすぎて、画像だと左のダリアに赤のケイトウが2輪一緒に入っているんだけど
手直し前は、その下、ヒメりんごのそばにあったのです。
もっと言うと右側にある斜めって入ってるアンスも左側のヒメりんごのそば、なんと外側のオアシスに
沿うように入ってて。さらに左側のダリアの位置がこの画像より下に位置していたので
なんともアンバランスに仕上がってしまいました。
手直し前の画像もあったら一目瞭然なんだけどな。


ボールブーケ 

June 26 [Tue], 2007, 23:33
〔花材〕
ガーベラ×20本(黄)
アジサイ×4(ピンク×1、青×3)
モンステラ
〔ポイント〕
● 大と小(中)大きさの違うものを各一個つくる。
● ボール面は高低差をつけず、フラットにそろえる。
● 球体のオアシスは用意しない。長方形のオアシスからナイフで作成する。
   花材数に見合った大きさに仕上げること。
● あくまでも「ボールブーケ」。ラウンドのようにアレンジしないこと。
● 限られた花材はどのように使っても可能。ガーベラオンリーのアレンジ、アジサイオンリーの
   アレンジも有。
● アジサイの葉っぱはオアシス隠しに使う。Uピンでは留めずにその上から花材を挿して止める。
● オアシスの中で茎同士が当たらないよう、なるべく茎は短めに。



〔先生からのコメント〕
● アジサイはこんもり使わずにぎゅっと固めて使う。
● ガーベラはグルーピングを用いてアレンジすること。
● アジサイの葉っぱをオアシス隠しに使ったのは花の隙間からオアシスを隠すため。
● ちゃんと球体になるように、花の向きに気をつける。下のほうは球体を意識して下向きにする。
〔感想〕
まずはオアシスを球体に模るところからのスタートだったので、その作業だけで時間をだいぶ使ってしまった。作りながら、花が足らなくなる不安があったが、ちょうど足りたので花の配分はOK
全体的に角ばった仕上がりなので花の向き、特に花首がちょっと曲がってるガーベラなんかは使えるので意識しよっと

ラウンドブーケ +αアクセント 

June 09 [Sat], 2007, 14:03
〔花材〕
バラ × 3 (ピンク)
トルコキキョウ × 1 (ピンク)
クレマチス × 2 (パープル)
アジサイ × 5 (ブルー)
マリンブルー × 3 (ブルー)
リキュウソウ × 2 (つる物 グリーン
※ブーケホルダー

〔ポイント〕
◎ アジサイをベースにして、その中からお花の咲いているようにアレンジする。
◎ グリーンはクレマチスの葉、アジサイの葉を生かす。
   バラの葉は水が下がりやすいので使わない。
   リキュウソウは長いつる物なのでその長さを生かすこと。
◎ 花の種類、色が少ないのでグルーピングを用いること。
◎ ラウンド + 下に少し流すアクセント(ワンポイント)を加えること。

















〔先生からのコメント〕
◎ 中心の脇にあるバラ2本が低い。
◎ 下に流すアクセントは真下からは出さずに斜めから
   カーブに出ているのはgood
◎ リキュウソウを2重に巻きつけているところは多少間引きをして
   すっきりさせること。
◎ トルコは端っこだと見えにくい。中心により近い場所に挿すこと。
◎ クレマチスの位置は○。又、下に流すアクセントに使ってよいのでは?
◎ アジサイは水が下がりやすい花材なので深く挿す。
   ふんわり使うのではなくぎゅっと固める。
  そして、他の花材よりも低めに挿す(モコモコしたブーケになってしまうので)
◎ 今回はラウンドなのでマリンブルーは埋めで使ったが、
   次回シャワーブーケを作るときは長く使うと良い。
◎ 動きのあるアレンジを心がける。
   ● 花の高低差
   ● トルコ、クレマチスのつぼみを伸びやかなイメージで長く使う。
   ● ブーケロンドの丸くきっちり作る癖が付いているので
      わざと形を崩す遊び心のあるアレンジを作ること

〔感想〕
毎回思うのだが、ブーケを作ると、キッチリきれいなラウンド型に仕上げてしまうことが多い。
間違ってはいないんだけど、「遊び心」「個性」が重要視されるパリスタイルでは物足りないアレンジになってしまう。高低差をつけること、動きのあるアレンジを意識しなければ…。
でも花の配色は良いとほめられたからちょっとルンルン

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユキ♪
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:愛知県
読者になる
レッスンの内容をメモ代わりにブログにしています。
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる
最新コメント