デリケートゾーンのニキビ 

2014年10月09日(木) 20時10分
かゆかったり、痛かったり、でも人には相談しにくい、
そんなデリケートゾーントラブルの一つがニキビ。

小さく赤いポッチができて、大きくなったりつぶれて黒くなったりと、
女子をブルーな気持ちにさせることの多いのが特徴です。

そこで、自分でもできる予防と対策を6つご紹介します。

1.清潔一番

体のどこにできるニキビにも共通のケアが、清潔に保つこと。
特にデリケートゾーンは顔や手に比べて、石鹸などできちんと洗う機会が少なめ。
許す限り優しい薬用石鹸でこまめに洗ってキレイに保ちましょう。

新宿で医療脱毛

 

体型を維持するコツ 

2014年04月29日(火) 16時54分
食事をする時よく噛むこと
「噛む」ことは脳を活性化させるという嬉しい効果の他に、満腹中枢を刺激する効果もあるのです。
少量の食事でもしっかりよく噛んで食べることで、おなかいっぱいと感じるようになります。
また、しっかり噛むことで、消化もしやすくなり便秘になりにくくなるのです。

素早く歩く
特に急いでいる訳ではなくでも、速足を心がけて歩くようにしましょう。
早足で歩くことで体を温め、新陳代謝を上げることが出来ます。
またゆっくりと歩いている時よりも筋肉を使うので、良いエクササイズにも!

美脚の作り方 

2014年04月25日(金) 18時18分
誰もが振り返る美しい人形のような脚、
そんな脚を持っている女性は決して別世界の人間ではありません。
そこで、今回は、人形美脚の作り方を脚専門のパーツモデルをしているノリ子さんに伺ってきました。
参考にできるポイント山盛りですよ。

外出先から帰宅後は、すぐに壁に脚をつけ逆立ちをして休憩するというノリ子さん。
「逆立ちをすることで、リンパや血液の流れを心臓に戻してくれます。
スーッと体の巡りがよくなりますよ」とのこと。
「逆立ちが難しければ、壁に脚を立てて横になるだけでも、効果ありです。
15分くらいその状態をキープして下さいね」だそうです。
帰宅したらソファにドカッと座ってテレビを見るのではなく、脚を上に上げてみましょう。

美肌も美ボディも思いのまま 老化を防止する7色の野菜 

2013年09月06日(金) 19時09分
「肌にうるおいがなくなってきた」
「髪の毛がパサパサになっていく気がする」など、
年齢とともに自分の身体の衰えを感じることってありませんか?

「少しでも若々しい肌でいたい」と思うのが女性の本心。
老化に効果的と言われる化粧品やサプリメントを密かに使っているものの、
なかなか効果が感じられない女性も多いのではないでしょうか。

これからは少し目線を変えて、
毎日食べる野菜や果物を使ってアンチエイジングしてみませんか?

今回は身体の老化のもと『活性酵素』から身を守る効果のある7色の野菜・果物をご紹介します。


活性酵素から身を守るフィトケミカルとは?

フィトケミカルとは野菜に含まれる化学物質のことです。
肌に紫外線が当たると活性酵素が発症して、肌を酸化させて老化の原因になります。
フィトケミカルは紫外線から身を守り、肌荒れを防いで免疫力を高めてくれます。

難しく考えなくても大丈夫! 
野菜や果物を食べるときなるべく多くの色を摂ればいいだけ。
植物は自分の持っている化学物質を色によって私たちに教えてくれているのです。


 
P R
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/s-body/index1_0.rdf