フルートとの出会い。 

2005年01月17日(月) 23時24分
今思えば、偶然なのかもしれなかった。

誰一人として知り合いのいない高校に、進学することになった。
当然のことながら、入学してすぐは親しい友人などできはしない。
ある程度会話する人がいても、一緒に仮入部なんぞできるわけもない。
そんな中での仮入部期間。

中学校でやっていたテニス。
続ける気はさらさらなかった(笑)
行くあてもなく、校内を彷徨ううちにたどり着いた部室。
なんとなくパソコンが好きだった俺の選択肢。
「情報処理研究部」

ドアを開ける。

ドアを閉める→逃走

この間約三秒。

入室して最初に見たものは、よくわからないゲームソフトの画面。
一心不乱にプレイする部員たち。
部員獲得期間にも関わらず、新入生の俺、無視。
と、いうか気づかれなかったのかもしれない・・・。

とりあえず、俺の求める三年間はここにはないなと判断。

また、あてもなく歩き回る俺。
背後に忍び寄る、二人の男に気が付かないまま途方に暮れていた。

長くなるので続きは次回・・・。






フルート奏者keitaro。 

2005年01月16日(日) 23時25分
俺は高校一年生の春に、楽器に初めて触れた。
そしてブランクはあれど、いまだに吹き続けている。

その中で思うのは俺の楽器の腕前と、そのタイプ。
もう七年以上吹き続けているが、いまいちピンと来ない。
しっかりとしたレッスンは二三度、後は我流でやってきたので
基礎はなってないと思うし、調子にもむらがある。

まぁ、客観的に評価するなら、俺の腕前は下の中って所だろう。
一番吹けていた18のころで下の上ってのが妥当かと思う。
一応、一通りの音は吹けるし、指も普通に動く。

だが、初見に弱すぎる。

しかし、練習さえつめばある程度なら音を並べられる。
音程などもまぁ、普通にあわせたり、和音に溶け込ますことなら多分できる。

逆に、音に自己主張がないといわれた記憶もある。

低音がかなり得意。けれど、高音がフィンガリングを含めかなり苦手。
EとFisの高音はかなりの鬼門。大嫌い。

自分で言うのもなんだが、2ndを吹かせれば、1stの音を生かすことは得意だったと思う。
一人で吹くのは苦手だけれど、アンサンブルなどは結構好きである。
最近になってやっと、ソロでも尻込みしないで演奏できるようになった。

音色はどちらかというと暗め。
しかも近鳴りしているような気がする。
使用している楽器はPearlのPF-675R ”Dolce”

総銀製ではないが、なかなかの音を出してくれる俺の相棒である。
もう少し、俺の奏法に癖がなければ素直な音が出るはずの楽器なのだが・・・。

総合してみると、大して特徴のない奏者なのかなと思う。
レベルの高いバンドでは足を引っ張ってしまう(そもそも曲が吹けない)けど
普通のバンドだったら、なんとか着いていける。
いてもいなくても変わんない奏者って事か(苦笑


こうやって分析してみると、問題点や改善点などが見えてくる。
週に一回程度の練習でどこまでレベルを上げられるのか。
少し、見えてきたような気がする。
・・・実際、その程度では下手になっていくのは不可抗力なのだが。

ただ、今までの経験は無駄にはなっていないと思う。
反復練習も必要だけれど、それだけじゃない何かを今まで得てきていると思う。
それを活かすも殺すも、心構え次第なのかもしれない。

とりあえず、しばらくはフルートを忘れることはないだろう。

挨拶。 

2005年01月15日(土) 1時32分
さて、ネットという広大な海に産声をあげた、このブログ。
俺にとっては、実に通算4個目の日記スペースとなる。
ここの題名「真・他力本願」というのも、最初に開設した「他力本願」という
名前にあやかって命名したものである。
(ろくな名前じゃないとか言うな)

今はブログだけのページではあるが、できるならば以前のように
テキストなども垂れ流すようなHPを作成したいと思う。

実際ここが最初のページのようにボケに走るか、
最近までのように語りに入ってしまうのか
筆者である俺自身も、全く皆目検討がつかない状態ではある。

とりあえず、この場を借りて最初の挨拶に代えさせていただこうと思う。

挨拶。 

2005年01月14日(金) 23時57分
ここで、簡単な自己紹介をしようと思う。(見ているのは身内がメインだろうが)
一応必須事項であろう。恐らくは・・・。

HNはkeitaro。当年とって18歳23歳。
現在、会社員。その傍らで市民バンドでフルートを演奏している。


フルートを始めるようになったきっかけなどは、後々語るとしよう。
というより、野郎のプロフィールなど見ても、誰も喜びはしないだろう。
なので、ここで終わり(苦笑

そんなkeitaroだが、今後とも御贔屓に願いたい。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s-b-f
読者になる
Yapme!一覧
読者になる