再会 

March 21 [Tue], 2006, 23:53
二日間はあっという間に終わっちゃったなぁ。
楽しくて楽しくて、だからこそ、切なかったり苦しかったり。
今は、寂しさが全部を上回ってる。

やっぱり難しいね。
接し方だってなんだって、もっとちゃんとできたはずなのに。
上手くいかなくてなんだかちょっと空回ってて。
どうしたらよかったのかな。あのままでよかったかな。

それでもうちは、楽しかったよ。

だから今は、つらさが止まらないんだ。

サンクス 

March 17 [Fri], 2006, 1:24
いつだって、助けられてるね。

言えずにいることを、導いてくれたり。
代わりに口にしてくれたり。

どうしよう。
ありがとうぐらいじゃ、足りない。

大丈夫 

February 04 [Sat], 2006, 0:20
ただ一言。

「大丈夫」って、言って欲しかった。
それだけで良かった。

でもそれが、あたしのためにならないのも。
そんな言葉を口にするような人じゃないのも。
わかっていたから。

欲しいだなんて、言えなかった。


はっきり言い出せずに苦しんで。
そんな姿に、ただ一言。
「大丈夫」って、言ってあげたかった。

でもそれが、君の望んだ言葉でないのも。
根拠の無い言葉には頷いてくれないのも。
わかっていたから。

尋ねることも、できなかった。


単純なことのはずなのに。
ただ、よりどころだっていうそれだけなのに。

言って欲しいことをせがむこともできず。
言いたいことを、投げかけることもできず。

相変わらず、君は遠いところにいるので。

本音 

February 04 [Sat], 2006, 0:18
強がっても、本当は苦しい。
本当は、縋りたい。泣きたい。


当たり前のことを望んでるつもりだった。
それが特別なんだってことを忘れてた。

求めすぎて、でも、口にも出来ずに。

ただ、ひとりで拗ねて意地張って。

大切な気持ちを、忘れそうになってた。

幸せなんだって、忘れそうになってた。

alone 

January 31 [Tue], 2006, 0:54
本当は、寄りかかりたい。
そんなときが、たまにくる。

とてもとても遠いけれど。
それを許されていると、思ってた。

心の奥で、甘えてた。

ひとりで立つことを忘れそうになっていた。


だから。
もう、甘えない。寄りかからない。
それが許されてるなんて思わない。

本当は、時々手を借りるくらいなら、って思ってる。
そういう人だって、思いたがってる。

だけどひとつを望んだらきりが無いこともわかっているから。

今から。
しばらく。

あたしはあたしひとりに戻ろう。

わからなさに 

January 12 [Thu], 2006, 19:10
ぽっかり空いたみたいだ。
手放した感覚はあと少ししたら薄れるだろうか。
言わなきゃ良かったと少しでも後悔したら負けだろうか。

避けて通れるはずの道をあえて突き進むから。
いつも、不安にさせたり不安になったり。
そんなことの繰り返しを終わらせるべきなのだろうか。

何も言わない方が良いというなら。
全部言えないなら何も言わない方が良いというなら。

何が未来になるっていうんだ。


ひとりだけ。
歩みの遅さを感じても。
歩んでないとは思ってなくても。
目に見えないんなら一緒だって。

そうだとしたら。

何が残されてるっていうんだ。

ことば。 

January 12 [Thu], 2006, 19:09
いつだって。
一言多くて、その一言で傷つけるのに。
大事な言葉が、たった一言が、足りない。

その瞬間 

December 16 [Fri], 2005, 1:06
いつまで経っても、何度何回繰り返しても慣れなくて。
いつも、背中を見送ることなく、自分が背を向けてしまう。

引き止めることは出来ないから。そういうものだから。

せめて、不安にさせないように。
顔は見せないでおこうと思う。

いつか、貴方が振り返ったときに、笑顔で送り出せるようになるまで。

answer 

November 12 [Sat], 2005, 15:22
ひとつの問いにぶつかると、ふたつの答えが頭をよぎる。

本当は、ひとつに決めなくちゃいけないんだけれど。

結局どちらかの答えを捨てきることが出来ないから。

卑怯なのは知っているけれど、「答えを二つ持っている」と口にする。

これが、一問一答の問題だから、いつも0点で終わってしまう。

だから、何も上手くいかない。

久々に 

November 05 [Sat], 2005, 0:41
色々あって思うこと。

自分がどう思われてるかを気にしてたらキリがなくて。
不安になる毎日はつらいだけで。
だから、まずは自分を信じることにした。

たとえ、何を思われてても。何も思われてなくても。
自分の中には答えがあって。
好きの気持ちが確かにあって。
それがわかってるから、もう不安になるのはやめようと思った。

その気持ちがあること。
その気持ちを持っていられること。

それが充分幸せなのを、知ってるはずだから。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:s-azure
読者になる
Yapme!一覧
読者になる