はじめまして 

March 30 [Fri], 2012, 0:01

まずは私についてお話しましょう。この時点で嫌悪感を抱いた方は即ブラウザバックお願いします。自己責任で読んでください。

・・・大丈夫ですね?

では、改めまして、佐倉と申します。
不登校歴は1年と半年ちょっと。中2の夏休み明けから登校拒否になりまして、なんとか春から高校生になります。
高校では頑張りたいなぁって思ってる。やっぱり嫌なもんは嫌だけどね!
メンヘル歴は1ヶ月くらいかな?まだまだ浅いですねぇ。
きっかけは、なんとか保健室登校までは行ったのだけれど疲れがたまったのか調子がガクンと落ちちゃって、学校のカウンセリングを受けた所「一度病院に行ってみたら?」と勧められたので行きました。
それまでもたまに勧められていたのですが「お金がかかるし・・・」と思って断っていました。
これ以上親に迷惑かけられないし、一度どうしても胃が痛くて病院に行ったら「思春期にはよくある事ですヨー」と言われて以来、病院に行っても「これぐらいの事で来たのか・・・」と思われるのが嫌で行きたくなかったんです。でも今回はもう耐えられなかったし、これ以上この状態が続いたほうが迷惑がかかると思って受診しました。これは私にとっても母にとっても一大決心でした。母は「精神科」に抵抗がある用で、私に病名がつくのが嫌らしく、今まで勧められる度に良い顔をしていませんでした。(まぁ、当たり前の反応ですかね)私は私で、もしも病気だと診断されれば母に失望されるのではないかと不安でした。私にとって母に負の感情を抱かせるのは身を切るより辛い事でしたし(実際に切っている私が言ったら軽く聞こえますねぇ)3年前から私の生きる理由は「母を悲しませないため」でしたので、母に失望されるという事は死ぬより辛く、怖かったのです。ですが、同時に私には「病気だったらいいなぁ」という気持もありました。(不謹慎なのは承知です、すみません)病気じゃなかったら、今の私はただのワガママな怠け者で大変な親不孝であまりに弱い居ない方が良い人間だという事になると思ったのです。そんな私にはなりたくなかったのです。

まぁ、そんなドロドロぐちゃぐちゃした気持ちを抱えつつ受診したところ、

「病気じゃないよ(にっこり)」

・・・・・まぁ、そういう事です。所詮私はそんな人間でした。うすうすこうなる事は心のどこかで分かっては居たのですけれどもね・・・はっきりされてしまうともう逃げ道はどこにもないんだという、いっそ清々しい程の絶望を味わいました。現在弱い自分と向き合うのに悪戦苦闘中。私はずっと考える事から逃げて来たのでなかなか上手く出来ません。うーむ。

でもお薬は処方して頂きました。眠れません・・・とか、突然悲しくなって涙が止まらなくなります・・・。とかボソボソと相談したら弱めの眠剤とか抗鬱剤とかくれました。今はそれを飲んだりガリガリしたりしながら生活しております。←

長くなりましたが、こんな感じで現在生きております。
自傷につきましてはまた次回。

こんな私でも良いと言ってくださるならお友達大歓迎です!(笑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐倉
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる