睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは!? 

May 15 [Sun], 2011, 13:49
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に無呼吸状態になる病気です。


英語ではSleep Apnea Syndrome(SAS)と書きます。

「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上

または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。


睡眠時に無呼吸になる事によって、死亡されることはありませんが、無呼吸がつづく

事によって体に負荷がかかり、生活習慣病(高血圧や心疾患)になる可能性が非常

に高く、本人がまったく意識されていない状態で、体に負荷がかかり続けるのです。


いびきの悩みは、本人は気づくことは、まずありません。家族や友人に指摘されて

気づくのですが、ここで注意しておかなくてはならないのが、他人に指摘された時点

で、かなり危険な状態と認識されたほうが良いでしょう。

また、いびきの悩みは、なかなか人に相談しづらいものでもあります。


一人で悩む前に、一度、
上杉流睡眠時無呼吸症候群改善術を試してみてはいかがでしょうか。
P R