死によって築かれたもの 

February 17 [Sun], 2008, 5:42
本日は本当に長い1日だった。

朝6時前に起床して喪服に着替え、弔問客の受付を開始。

9時には出棺し、祖父の遺体が荼毘に付された。

葬儀、告別式、精進落としと続き、なんとか夕方6時には終了した。


今回のことで、少し、家族の繋がりのようなものが見えた。
家族が減ることで甘えが無くなり、結束力が生まれたような気がした。

このような状況でなければ、親戚一同が揃うことは稀である。
二十数年振りに合った従兄弟もいたくらいだ。
皮肉ながら、祖父の死を切欠に、疎遠になっていた者が一ヶ所に集い、酒を交わす。

遺影と位牌を抱え歩きながら、私は、自分が導かれているような、そんな気がしてならなかった。
私が最期に還る場所は、ここなのだろうか。

そんなことを考えながら、帰りの新幹線に乗った。

立石にて、やっぱり【宇ち多”】 

February 12 [Tue], 2008, 22:34
久し振りの、【宇ち多”】です。本日到着は18:30、アーケード突入すれば、そこに行列がない。「まさか、もう終わり!?」と5週間ぶりの訪問の果て、振られてしまったら悲しいなと思いつつ・・・足早に向います。しかし、そんな事は全くなく結局は、運良く並ばずに着席たれたのですた。ハツ・ガツの生コンビに梅割り・お新香を頂きます。夕暮れが早くなりましたなぁ、朝夕は肌寒くなりましたなぁ、11月にはLed Zeppelin関連のCD・DVDが出るし再結成コンサートがあるなぁ等と頭の中に住む小人さんと脳内通信しながら落陽にひと時を楽しみます。事前段取りは本日も崩壊、カシラが残っておりますようで、タレ焼きでお願いします。アブラ素焼・無くなる前に煮込み・必殺レバタレ若焼で満喫。ヤンマガのグラビアにて山崎真実やん確認、なんか痩せた?と偲びつつ、赤い電車でドレミファソ・・・今頃がろわトテチテタ。ガンガレ!

(弁)2007.10.29 〜 2007.11.3のお弁当 

February 02 [Sat], 2008, 8:11
最近すっかり秋めいてきたので、
「そろそろお弁当作ってみようかなぁ!」っと思い、
お弁当生活をスタートしました。
うーーーーーん、できるだけ色んなメニューにしていきたい!!っと思いながらも
既によく似た内容に…。
でも、頑張って作っていきたいと思います♪
自分の為にお弁当記録作ってみようと思ったのですが、
せっかく記録作るなら、BlogにUpしちゃえ!っと安易な思いで
項目増やしちゃいました(笑)。




【 2007.10.29 】
   ● 野菜トマトソースのペンネ
   ● ほうれん草の人参巻き
   ● サーモンのクリームチーズソース添え






【 2007.10.30 】
   ● ジャガイモ、キノコ、トマトの卵炒め
   ● 鶏肉の照り焼き
   ● 野菜トマトソースのペンネ
   ● ほうれん草の人参巻き






【 2007.10.31 】
   ● ブナしめじと卵のスクランブルエッグ
   ● きんぴらごぼう
   ● 焼いた鶏肉の上に野菜たっぷりクリームソースのせ






【 2007.11.01 】
   ● ほうれん草の人参巻き
   ● きんぴらごぼうとかぼちゃと豚肉の炒め物
   ● たっぷり野菜のトマトソースで鯵をコトコト煮込みました料理


 「たっぷり野菜のトマトソースで鯵をコトコト煮込みました料理」
   1:鯵、野菜(人参、茄子)、チーズでサンド。
   2:↑さーっと軽く焼き上げます
   3:ちょっとおおぶりにお野菜(ジャガイモ、茄子、人参、玉葱、インゲンなどなど)を湯で。
   4:トマトソースに2と3を合わせ、更にショウガを入れて、コトコト煮ます。
   5:塩胡椒、醤油などで鯵を整えて完成!




【 2007.11.02 】
   ● 牛肉コロッケ
   ● お揚げとホタテとほうれん草炒め
   ● たーっぷり野菜のトマトソースで煮込んだ鶏肉

伊予灘 

January 19 [Sat], 2008, 18:19
休憩ちゅう
エイボンソファーで♪

システムエラー 

January 13 [Sun], 2008, 14:41
11Rは1が3着までにはいる。入らなかったら 切腹 いや泣いてやる。穴は6。今日の予想は1Rは1が穴。 3R2の4連勝は無理で6の頭。4R5は逃げ馬1300は5勝2着1回 2着までには入る。と3回ともあたってる。   まあ11レースがはずれた時の保険に。                          予想をパドック後に発表する。 予想を打ち込む。 私の予想を見る。 オッズパークへ戻る。    ID パスワードを打ち込む。 投票する。大いそがしだ。素人だなとばかにされたにちがいない。   たしかにパソコンは7月から始めた素人だが馬の予想は当たっている。               オッズが3分前からしか見えないのは気に入らないが見ながらでは張る暇がないだろう。画面も違うし。

ささやかな愚痴 

December 29 [Sat], 2007, 10:24
風邪ひき〓日目><

さて今日も鼻水・のどの痛み・熱と格闘しているわけですが・・・

こんな状態でも主婦業しなければいけないのかぁ!!!!!

『今日はオレがごはん作るよ』

なんてウソでも一言ほしかったぁ・・・こんなこと考える私ってダメ主婦!?甘い!?

私が手伝いをお願いしたら一緒にやってくれましたが。。。

ダーリンよ!こんな時「無理しないで寝てなよ」なんて言ってもらえたら

私は今の〓倍いや〓倍愛しますよっ((笑

ぱんたんファイト☆ 

December 20 [Thu], 2007, 4:32
うんしょ! もう少しっ!! それっ!

ブリジストン 

December 12 [Wed], 2007, 12:31
 ちょいと早いのかな〜???


 冬前にスタッドレスを買う人が増える


 そのまえに 業者からの需要が増えるにちがいない


 でも・・・今年暖冬なの???


 いちかばちかの 賭けにでてみる


 五万円購入

雨降るかな? 

December 07 [Fri], 2007, 6:47
今日は、相方の友達の旦那と飲み会、お互い広島単身、松江では相方、子供を交えよく飲むのだが広島で男同士飲むのは初めてだ。飲み過ぎないように気をつけてよ!天気予報は雨、外れてちょうだい。

マスターベーションのたぐい 

December 03 [Mon], 2007, 6:43
 
 この記事は、おそろしく長くなりますし、
 書いてあることもつまらない内容ですので読まない方がいいと思います。




 と、思わせぶりなことを書きましたが、読んでみれば
 この注意書きが正しいことがご理解いただけるはずです。





 僕は、ヤフーでブログを書いている手前、いつも使うポータルはヤフーです。
 で、恥をさらしますと、機能の一つに「翻訳」があったんですね。知らなかった。



 普段外国語にまったく触れる機会のない生活をしていますので
 最初は
「ははぁ、これは便利だなあ、
 でも中々思った通りに翻訳なんかしてくれないだろうな。
 いかにも機械がやりそうな、
 書き手の趣旨を全く理解してない翻訳をするのだろうな」
 と思っただけだったんですが



 では、元々意味の通らない文章を翻訳させたらどうなるだろう



 と思いつきました。
 ひょっとしたら、全く違う世界が現れ、それが
 詩的には血の通ったものになるんじゃないかと思いつきました。



 僕は、唯一つと言っていい趣味が
 意味が無くからっぽな詩と、意味が無くからっぽ短歌を作ることです。
 ところが、何かについての思いをのせて詩や短歌を書くのと比べて
 からっぽなものを作るというのは、それはそれで悩ましいもので
 書くことが何にもないのに、無理に書くというのは結構大変でもあります。
(大変なんだったら、やめたらいいんですけれど、やめないのは病気なんです)



 PCの翻訳が、予想もしないような世界を描いてくれていたら楽だなあ。
 と、ぼんやり思ったのはそういう訳で、手伝いをしてもらおうと思いました。



 とりあえず、ヤフーとエキサイトの2つに仕事をさせることにしました。
 翻訳素材をどうしようかと考え、過去ログから引っ張ってきました。




 随分以前に書いた短歌




月ですか あれは星ではありません くらいおそらの甘い裂けめよ





 を、翻訳させました。
 翻訳させてから気付いたのですが、僕は全然英語がわかりません。
 というわけで、翻訳結果の英語を、再度日本語に翻訳させました。
 元の短歌→英訳→その英訳文を再度日本語訳。という作業をさせました。



 ヤフーの翻訳では、上記の短歌をこう訳してました。




That is not a star whether it is the moon
 I drink it, and it is an empty sweet chasm
私がそれを飲むことが月であるかどうかに関係なく、それは星でありません、
そして、それは空の甘い溝です





 エキサイト訳だと




It is the moon or it splits by no star that ..sweet the sky...
それは月であるかそれがどんな星のそばでもそれを分けません。甘さ、空…





 ヤフーの方が正解に近いような気がします。
 しかし、「I drink it」はどこから出てきたのだろう。
 エキサイトの方は歌意を酌んでくれてはいません。誤訳に近いのでは…?
 しかし、詩を感じました「It is the moon or it splits by no star that」なんか、
 英語を読めない僕が、無理に翻訳しようとすれば、
 また新しい空っぽ詩が書けそうな気がしました…。



 裂け目に関連して、別の短歌も翻訳してみました。
 

たましいの裂けめの筋の光るのを涙と呼んだ恋をしている





 ヤフー訳では




I do the love that called that I shine tears of the line of the chasm of the soul
私は、私が魂の溝の線の涙を輝かせると叫んだ愛をします





 一方、エキサイト訳では




Split..stripe..shine..tears..call..fall in love.
分かれてください。しまをつけてください。光り輝いてください。
涙。
電話をしてください。恋に落ちてください。





 という結果。
 ヤフーの方が優等生的な翻訳で、殆ど正解。
「私は、私が魂の溝の線の涙を…」という部分も結構好きだ。
 というか、書いた本人である僕も「なるほど、これはこういう意味の短歌なのか」
 と思ってしまった。そう読めば意味が通じるな…、と。
 かたや、エキサイトの答案は、僕が教師だったら0点を差し上げる出来なんだけど
 それでも、捨てがたい何かがある。



「電話をしてください。恋に落ちてください。」
 なんか、雰囲気がある。
 僕がエキサイト英訳→再和訳を読んで思い浮かべた世界は

 女の子が涙しながら、男に別れてくれと頼んでいる。
 しまをつけて、というのは、始末をつけて、という意味で、
 そういう抜き差しならない関係なのだろう。怨みごとか…。
 でも不思議にも、相手の男には「光り輝いてください」という
 思いもある。男女の仲の不条理なこと。
 涙の嗚咽の中で女は「電話をしてください」と言う。
 この場合、「私に電話を」ではなくて「あの娘に電話してあげて」
 という意味じゃないかと思ってしまう。
 ご丁寧にも「(あの娘と)恋に落ちたらいいでしょうが!」と添えて





 というものであった。一方で




 ストーカーじみた女性が、想像妊娠したあげくに半狂乱となって
 男に自分との恋を強要する





 というシナリオもあるのでは…と考えながら…。





 というわけで、僕はこの翻訳が気に入ってしまった。
 ヤフーのちょっとカタいけれど、何とか意味の通じるように努力しているような訳も面白いし、
 エキサイトの、はなから正解を書くつもりがないけれど、
 言葉一つひとつを変換してただ並べただけの訳にも味があって面白い。



 こういうことをやってると
「本当に僕はマスターベーション少年だなあ」
 と思って、いささか自己嫌悪感も沸く。
 だけど、それはそれで、結構楽しいものでもある。
 結構楽しいから、皆、マスターベーションするんだもん。



 とはいえ、それを読まされる方はたまったもんじゃないだろう…
 だから、冒頭に注意書きを設けたのです。
 まだ、この記事を読んでくれている人がいたら、ごめんなさい。





 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rztoma1453
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 死によって築かれたもの (2008年10月19日)
アイコン画像真那斗
» 死によって築かれたもの (2008年10月15日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 死によって築かれたもの (2008年10月11日)
アイコン画像猫男爵
» 死によって築かれたもの (2008年10月07日)
アイコン画像RAOSU
» 死によって築かれたもの (2008年10月03日)
アイコン画像はにまる
» 死によって築かれたもの (2008年09月30日)
アイコン画像チャーリー
» 死によって築かれたもの (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 死によって築かれたもの (2008年09月24日)
アイコン画像南雲
» 死によって築かれたもの (2008年09月21日)
アイコン画像火星の後継者
» 死によって築かれたもの (2008年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる