敵のプレスに対抗しよう

August 16 [Fri], 2013, 16:06
楗鹰C趣蔚谝粦椁蚵浃趣筏郡郡幛恕⒁「オ证本绚い扦悉胜」DΕЗ`であろうとも勝利を目指してくるのではないかと予想している。
 それに対して日本もホームゲームでは負けは論外、引き分けも駄目。勝利――しかもできれば得点を多く取っての――するしかないという状況である。両国の意志は「負けないこと」よりも「勝つこと」に向けられている。
 つまりは真っ向勝負って訳だ。

 唇がつり上がり胸から熱い塊が沸き上がってくる。それは喉を通過する時に「ははっ」と洩れた笑い声になった。
 これが代表戦の楽しさか。ようやく俺は代表戦のプレッシャーを楽しめるだけの余裕を持てるようになったんだな。
 ふと気がつくと日本代表のほとんどのメンバーが笑っている。緊張感が足りないのではない。これから始まる試合が楽しみで待ちきれないからだと自分の体の状態から理解ができた。浴衣 巾着

 この試合が初スタメンのDF武田も唇を歪めて牙をむき出しにしている。……たぶんあれも彼にとっては微笑みのつもりなんだろう。体の強さとヘディングの上手さを買われて楊を相手にするマーカーに抜擢されたのだが、びびっている様子は毛ほどもない。うん、楊に比べても少し高さでは負けるが迫力では劣っていないな。上杉と喧嘩するほど気が強いんだ、いくらでかくても敵に呑まれる事はないはずだ。
 ふと頭に浮かんだのはサッカー用語で「ジャイアント?キリング」というのは弱小チームが強大なチームに勝つ、いわゆる番狂わせの事をいう。だが、この巨人である楊を倒せば、文字通りのジャイアント?キリングだな。
 くだらない事を考えたのが良かったのか無駄な力が抜け、精神的にリラックスできた。
 よし、こっちの準備は万端だ。
 さあ、かかってこい中国。いや違う、こっちから行くぞ。存分に戦おうじゃないか。

 ――そして試合開始のホイッスルが鳴らされた。浴衣ドレス
第二十二話 敵のプレスに対抗しよう

 日本ボールから始まった試合は、当初から中国の激しいプレスにさらされた。まずはファーストタッチで一旦ボールを中盤に下げてもらうと、そこへ向けて怒涛のように中国の選手が駆け寄ってきたのだ。
 なんだこりゃと、慌ててさらにボールを後ろに下げる。 
 アンカー役をこなすMFは地味だけど、こんな緊急避難のパスはしっかりと受け取ってミスなく真田キャプテンへボールを回してくれる。本当に助かってます。

 しばらく相手のプレスに晒されて判った。こいつらはボールがどこにあっても関係なくプレッシャーを与えてくる。普通の「ボール狩り」では相手がこのラインを越えてきたらみんなでマークに行くというラインをピッチ上に設定するのだが、今回はボールを最終ラインどころかキーパーにバックパスしても変わらず走って奪い取りにくる。スタミナとかペース配分を全く無視した戦術だ。
 おそらくは中国代表は相当の覚悟でこの試合に臨んでいるのだろう。少なくとも得点をするまではこのハイペースなプレスを継続するつもりのようだ。浴衣 帯 結び方

 俺が密着された一人のマークを外してボールを受けとっても、すぐに他の相手がフォローに来るので前へ進むための充分な時間は与えられなかった。
 舌打ちして、ならばと敵のプレッシャーに負けたように背を向ける。すると好機と見たのか他の中国選手も俺からボールを奪おうとして集まってきた。俺の体格が小さいためにパワー勝負になれば簡単にボールを取れると思っているのだろう。
 そこで敵陣には背を向けた格好のままヒールキックでマークしている相手の股を抜いて山下先輩へとパスを通す。
http://www.shopfordecemberjp.pw/ 浴衣 反物 激安
 相手のマークが俺へと集中しかけていたタイミングでの前線へのパスだ。パスの出し手が自陣を向いた状態からのヒールで
  • URL:http://yaplog.jp/rzlive/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rzlive/index1_0.rdf