人口膝関節の発達

September 30 [Tue], 2014, 19:22
日本人というのは、世界的に見ても最も高齢化率の進んでいる国の一つです。高齢者というのは、基本的に膝の軟骨が生きていく中で自然発生的にすり減ってきて、膝の痛みを起こしやすくなります。また、日本人の食生活は欧米化してきていますので、だんだんと平均体重が増える傾向にありまして、膝にかかる負担が増えてきているのです。こうしたバックグラウンドから、日本では人口膝関節の手術を受ける人がだんだんと増えてきています。もちろんこの手術療法を受けるということは、最終手段ですから、どれだけそれまでの保存療法はしっかり行うのかや、日常生活で膝への負担を減らすために、体重の管理を行うことも必要になります。しかし、そうした保存療法などを行っても、人口膝関節の手術を受けなければならない人もいます。手術を受ける条件は、以前は金属の耐久性から20年程度ということを目安にしていましたが、最近は技術の発達でその期間が延びてきています。頭頂部薄い
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きみまろrzg5c2xh
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rzg5c2xh/index1_0.rdf