卯(しげる)の戸井田

November 17 [Thu], 2016, 22:18
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。









虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。









抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。









人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。









インプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。









アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。









そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。









よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。









インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。









日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。









傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。









負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。









最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。









ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。









現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。









どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。









周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。









インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。









重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。









両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。









結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。









手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sora
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ryykbewaruaudi/index1_0.rdf