カケラアツメテ 

September 06 [Mon], 2010, 21:10
ちらばる想いのカケラ

そっと手で集める

言葉にできない想い

紡いでいくよ

バラバラな想い

一つの大きなカケラに

今やっと

言葉というカタチになった

君に伝わりますように

雨の街 

August 07 [Sat], 2010, 17:59
雨の街

傘がすべてを隠す

私の気持ち

隠してくれる

大好きな君の背中

傘に隠れていても

簡単に見つけられる

傘の下

君の笑顔

私の心は晴れるよ

君が言った言葉も

君の顔が近づいたことも

雨の街

傘がすべてを隠す


明滅 

July 09 [Fri], 2010, 0:21
チカチカ

明滅を繰り返す

切れかけの電球

開け放たれた窓

今飛び立って行くよ

愛しい君に会いに

チカチカ

明滅を繰り返す

赤になりかけの信号

君はそこにいた

やっと来たんだよ

愛しい君に会いに

チカチカ

明滅を繰り返す

恋に焦がれた蛍

ふわりと肩にとまる


夢? 

June 02 [Wed], 2010, 0:07
行き交う人々

胸に持ってたもの

気づけば

空しさだけ


あの頃

抱えてたものは

誰かに奪われたのか

それとも

自らそれを

手放してしまったのか


行き交う人々

空しさを埋めるため

他人の夢を

詰め込んでいく


いつの日か

自分だけのものに

出会える日が

やってくるのだろうか


 

September 17 [Thu], 2009, 13:30
それは新しいのに
何故か古本の匂いを持った
本でした

路地にひっそりと佇む
その古本屋は
店内も昼間だというのに
薄暗くひんやりとしています

本から
ふと目を上げると
そんな錯覚に陥るような
そんな本に
私は出会ったのです

路地からは
かごめかごめをする
子供の声
姿は見えませんが
声だけが
不気味に響いています

まるで
不思議な力に誘われる様に
私は
その本に
引き込まれていったのです

電話 

September 11 [Fri], 2009, 15:54
それまで
静かだった僕の心
かき乱すように
それは
けたたましく鳴った

鳴くのを止めさせれば
さらに
僕の心を
かき乱すことになる
それも
知っている

なのに

僕はどうして
これを置いておくのか

答えは知っている
僕の心も僕自身も
これがない
孤独というものを
怖れているからだ



ふわりふわり 

August 18 [Tue], 2009, 23:58
ふわりふわり
花が揺れて
貴方のこと思い出す

夏の日差し
照りつけるように
降り注ぐ日々
手をつないで
この道駆けていた

いつの頃からだろう
貴方がいることが自然で
甘えていたのかもね

ふわりふわり
風が吹いて
貴方は旅にでた

差し出した手
取る手はどこにもなくて
宙をつかむ
涙はいつまでも
この道を濡らしてる

いつまで待ってるの
貴方はここに帰ってこない
本当は分かってる

ふわりふわり
雲を見上げ
貴方を見送ろう

キモチ 

July 05 [Sun], 2009, 23:36
ねぇ、あなたのキモチ

どこにあるの?

目の前に立って

手を伸ばしても

何にも触れないよ


わたしに向けられた

微笑む顔は

眩しいけど

それだけで

ドキドキ

してしまうけど


ねぇ、あなたのキモチ

どこにあるの?

わたしの手の上に

少し乗せてみてよ

あなたに触れたい


あなたの背ばかり

見つめるわたし

悲しい顔してる

だからね

ときどき

振り向いて


ねぇ、あなたのキモチ

どこにあるの?

何も触れない

分かっていても

手を伸ばすわたし


星の夢 

June 30 [Tue], 2009, 20:09
太陽のように
明るく
照らしたい

月のように
優しく
包みたい

ちっぽけな星の
大きな
一つの夢

叶う日が
来ないことも
知っている

それでも
いいじゃないか
夢みるくらい

少しくらい
大きな夢の方が
きっと楽しい

それは
人が見る
星の夢

今日も
外には
星が輝き

月は
僕たちを
優しく包む


リズム 

June 26 [Fri], 2009, 8:02
空の色

鳥の声

世界はリズムをきざむ


行き交う人

過ぎ行く時間(とき)

世界はリズムをきざむ


さぁ、今こそ

世界という音楽

聞いてみよう


ほら、足をとめて

世界という音楽

奏でてみよう


今日もまた

明日もまた

世界はリズムをきざむ



ご紹介
◆名前・・・龍亞
◆性別・・・内緒(笑)
◆血液型・・・A型
◆趣味・・・読書◆生息地・・・関東から東海に移動しました
◆その他・・・自分の作った詩がたくさんの人に読まれ、 少しでも影響を与えられたらと思い、活動中。 ホームページも作ってみました。 暇な時でかまいません! みてやってください。 これからもよろしくお願いします。 なお、このブログはにほんブログ村 ポエムブログに参加しております。
Yapme!一覧
読者になる