わがまま 

October 25 [Wed], 2006, 19:14

●わがまま


○人を扱う能力に長けていました。

昔の人は。


人工物を扱う能力に長けています。

いまの人は。


子供時代にどちらと多く遊んだか、

それによるのでしょうか。


「人はひとりでは生きていけない」。

昔の人は人とうまくやれました。


いまの人はものとうまくやれます。


おまけのように人間ともうまくやりたい。


「わがまま」と言われなければ良いのですが。

昔の人たちから。




※ここに記したものはあくまで個人的な考えです。
何かを感じていただければ幸いです。

平等な欲望 

October 23 [Mon], 2006, 19:19
●平等な欲望


○お得な不平等もあれば、

損な不平等もある。


平等を訴えるのはいつもだいたいが、

後者の人間なのかもしれません。


お得な平等を手に入れると、

えてしてそのままにしてしまうという

「平等な欲望」が、

多くの人間たちには

あるのかもしれません。


※誇張した表現があるかもしれません。
ご了承ください。

かわいそうな石橋君 

October 21 [Sat], 2006, 19:13
●かわいそうな石橋君


○石橋君は今日も叩かれている。

橋の上にいた石橋君。

大昔からいじめはあった。

石橋君専用のいじめが。


「石橋を叩いて渡る」。


こんな言葉までが生まれていたとは。

大昔から。

ダイエット中の言葉 

October 18 [Wed], 2006, 21:24
●ダイエット中の言葉



○「政治家はだれがやっても一緒」。


そんなことを言うから、

ほら今日も指名手配中の犯人が来ました。

「わたしに政治家をやらせてください」。


昨日は麻薬の密売人が来ていましたし。


だから言ったじゃないですか。

「重いはずの言葉を軽くするのはおやめなさい」と。


ダイエットなど、

だれも望んではいないのですから。



※誇張した表現になっているかもしれません。
ご了承ください。

ダンスをする頭と心 

October 17 [Tue], 2006, 20:29
●ダンスをする頭と心


○ダンスを楽しんだり、

背を向けて口も聞かなかったり。

人の頭と心は、

この連続。

相手の頭と心の親密度に関心を持とう。

誘ってくれるかもしれぬ。

ダンスをするときには。



※誇張した表現になっているかもしれません。
ご了承ください。

雨のマシンガン 

October 16 [Mon], 2006, 19:36
●雨のマシンガン


○「みんなマシンガンでやられていくよ。

おー、この世は戦時中だったのか。

天よ、なんとむごいことを。

あー単なる雨か」。


「もーこの子ったら」。

ミシンで頭をガーン。


「エヘ」。


※不適切な表現等がございましたら、
ご了承ください。

勝手マニア 

October 13 [Fri], 2006, 19:25
短い!斬新!ショート哲学!


人間について、
ひらめいた言葉を、
さまざまな角度から
表現しています。

※不適切な表現等がございましたら、
ご了承ください。


●勝手マニア


○相手にとって良いことだと、

勝手に思い込んで、

勝手に言って、

勝手に行動して、

相手に無理を強いる。


そして勝手に「よしよし」と思い、

満足する。


しかし案の定問題が。


すると言う。

「何で」。


こんな人間がいるんですね。

気をつけたいものです。

世界一の中途半端の達人 

October 12 [Thu], 2006, 20:28
※誇張した表現になっている場合があります。
ご了承ください。


●世界一の中途半端の達人


○何でも一番でないと気が済まない。

一番腹が減るところから始めよう。

一番寝汗をかくでもいい。

世界一の中途半端の達人が氾濫している。

いきものだから、

それでいいのだ。

励まし合い 

October 11 [Wed], 2006, 1:25
※誇張した表現になっている場合があります。
ご了承ください。


●励まし合い


○元気な心が弱った心を励ます。

子供の心が大人の心を励ます。

こういうことがあったって

何の不思議もない。

心の世界では出入り禁止なのである。

年齢も、数字も。

真実の愛 

October 09 [Mon], 2006, 13:19
※誇張した表現になっていると思います。
ご了承ください。


●真実の愛


○真実はひとつなのだ。

しかし求愛する現実は数知れず。


「あなたにふさわしいのはわたしだ」。

「いやわたしこそ相性がピッタンコ」。


この状況のおかしさに触れない本は、

だいたいバッタもんとみて良かろう。


彼らは唯一

金という真実を愛しているだけなのだ。


真実ではなく、

真実の財産を愛しているだけなのだ。
P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryusei6732
読者になる
Yapme!一覧
読者になる