ズキン。 

November 14 [Wed], 2007, 0:12
何気ない人のひとことでズキン。
卑屈になってる人の言葉は、胸に突き刺さる。
卑屈になってれば、自分も人も傷つける。
残酷だ。。

人の言葉から発せられる気持ちが伝わったとき
暖かいものがないとき、無性に悲しくなる。後味も悪い、私の体調も悪化する。
そんなエネルギーの奪い合いは、意味を持たない。疲れる。やめて欲しい。

傷はついたけども、卑屈な場所からは離れなくては。。

私の栄養になるのは、心からの暖かいものだけ。
伝わる何か。
弱さと優しさは紙一重。
不器用にでも、支えになろうとする人の思い、行動。
そんな人の気持ちを私の支えにしていこう。

もう悲しい思いは充分すぎるほど味わった。





良さ 

October 15 [Mon], 2007, 23:38
ブログの良さ。

もう時が止まったブログ、見てみて思った。

落ちつきがある。

時間の流れがもう少しゆっくりな気がする。

情報量だって、某サイトに比べればかなり減ると思う。

それがいいんだと思う。

情報だけが氾濫して、私達、自ら何が大切か見極めていかなきゃなんない時代になった、と思う。

もちろん、技術やら、いろんなものが進歩してはいるけど

嘘や、曲がって伝わっていく情報も格段に増えてると思うし

いたちごっこみたいなものだって沢山あるんだと思う。

そんなの、疲れるだけだなぁ・・なんて思ってしまう。

過去への心地がよかった思い出に浸りたかったのもあるし

確かに、ブログ、は落ちついてる印象だと思う。

常に動きがあってそれに振り回される状態が某サイトにはあるような気がする。

誤解を招いたりすること何のごとし・・

常に複数の目が自分に向いてる感じがして。(だから見られたくないってことじゃぁないですよw)

その点、ブログは、個々で独立しているから、自分の世界を書きやすい。

て言っても、某サイトにても、自分の世界を出さざるを得ない状況になっちゃってるのだけど。

ここへ書く感じと何かが違う。

気持ちはまとまらないけど、もう少しスローペースな世の中になって欲しい。

多少不便になったとしても、世の中の人々の気持ちが穏やかな世界であってほしいと思う。

殺伐とした何かを感じてる今日この頃でした。

なんか、過ごしにくい、今の世の中。何となく、だけど。

さっきも書いたけど、昔のブログってのは、もう少し個々が、個々の持ち味ちゃんと持ってた気がする。

今日 

October 07 [Sun], 2007, 23:30
今日という日だけは

想像以上に厳しいものだった

まるで火あぶりにあってるかってくらい

無性に涙が出て仕方がなかったり

恐怖感が突き上げたり

誰か助けてって心で叫んだけど

誰も助けてくれない

気付いてもくれない


今更 

September 26 [Wed], 2007, 22:28
奇跡で、奇特な先生と知り合えて、病気が治る人がいる。

そんな番組を見た。

神業だった。

一人助ける事に、すごいなぁと思った。

表について出た言葉は
「すごいなぁ」

その先生が外国に拠点をおいているため、日本では数十オペ。

でも、来月からその先生の日本の拠点病院が開業される。

これで、もっとたくさんの人々が救われる、すごいと思ったあと

・・・・もうおらん人に、何言っても、帰ってきやせん・・

この病院、できても、トーマス戻らんし・・

やさぐれる気分で泣きそうになった。

もうちょっと早かったら、もう少し早かったらこの先生を目標にしたのに・・

何故今・・・?

無性に腹が立つってか、悲しいやら悔しいやら虚しいやらで、途中でテレビ見るのを止めた。

久々に泣きたい気分になった。

過去人の 

September 24 [Mon], 2007, 3:33
過去メール

見て

今頃

を確認は

やっぱしたくない


けど彼に相手がいることが
何故か許せない

離れていてもお互いにフリーでいれば問題ない

何故か煮え切らないものなんてやっぱりあるし

もう一度戻りたいわけでもない
恐らく

置いてかれるのが無性に嫌だ

それだけ。

わからんなりに 

September 18 [Tue], 2007, 23:43
人間関係が上手、なんて人は多分いないんじゃないか
なんて誰か言ってた。
昔。

そうかもしれない。
上手そうに見えてて、実は孤独しょってる人も多いかもしれない。

私、めっさくそ、感情表現に罪悪感じてるほうなので
言いたいことはきっと人に伝わってないだろうなと思うことしばしば。

特に、怒りを相手に対して感じたときに
それを言うことに抵抗、がある。

その言い方をきっと習得できれば、それだけで人恐怖が飛ぶんじゃないか、とも思う。

で、それを実践もしている。家族を相手に。

感情的に言う、と、多分争いに発展する、だからその前。
これが人と向き合うことなのかな、なんて思ってみたりした。

カウンセラーさんとの間に、なんとなくだけど
ひずみができているような気がする。

その理由はわからないけれど
あ、、離れたほうがいい??とか思うこともある。

ちょっと振りだしに戻っちゃった気分。

とにかく、疲れた気持ちを休めてやること、が一番。
もう、今のカウンセラーさんに言うことってないのかも。
自分の心の中で留めておきたいって気持ちの方が強くなってきたみたい。

わかる範囲で自分の気持ちに正直に従ってみよう。

独自 

September 16 [Sun], 2007, 22:48
オリジナル、持ってたい。
私のスタイル。
他の誰でもない、私のもの。

私にしかできないもの。
誰も真似できないもの。

これって、幼稚園のときから実はあったんだよね。。

絵描くのも、何するにも、私しかできないものを目指したりやったりしてた気がする。

色々 

September 15 [Sat], 2007, 1:49
悩みどころはあるけれど

それを少しずつ整理してって、自分の道を切り開いていかんとな。

君に。 

September 13 [Thu], 2007, 0:57
ねぇ 今の君に何か言葉をかけるとしたなら
私はなんて言うのかな

君にしてみれば 突然消えた私

気にはなるけれど 去ってけって言った手前確かめることもできない

きっといつかの空を見ながら 君は私を思い出すんじゃないだろうか

きっといつかの季節がやってきた頃 君は私を思い出すんじゃないだろうか

君にとって私の存在がどうであったかなんて そんなことはわからないけれどね

きっときっと 私が残した君への足跡はまだ生きている そんな気がするんだ

そしてこうも思うよ 

お互いに同じように どうしているんだろうかって
同じ想いを きっとね抱いているんだと思うよ

だけどね、確かめることができないんだ お互いに

君は普段は忘れたつもりでもね きっと心の奥には 私が生きているんだ

私の中に 君は生きているよ

私にとって君は よくも悪くもそんなこと 言えなくてね
ただ君は 大きな足跡を残した そう思う

いつかね 私は君に会いたいような 会いたくないような
そんな 複雑な気分なところにいるんだ

こんな言葉がね 例え君の目に触れないとしても

こうして君を想いながら 気持ちを綴っているっていう時間が

きっと君にも届くような気がしているんだ


君にもう一度会いたくて 二度と会いたくない

疲労感 

September 10 [Mon], 2007, 0:13
ここ数日、起きても食欲、が出ない
食べると下す、が続いて

食べても味わうことを意識して食べないと、味が感じられない
なんかがあって

あと、自分が幽霊になったかのごとくのぼーーーーっとした状態

自分の思いとは裏腹なことも表では言ったりしてるからかなぁ・・
わからないんですね、もう、わからないけど
とにかく疲れているんだ、とにかく今壊れないように
冷静に動く努力をしているわけで

ほんと、この実践がなかったら今ごろ私、まぢで尽きてた気がする。ほんとに。

ほんと、取り残され感が強いというか、
もう人と比べたらいかんね、ほんと、

あゆの歌で、「他の誰かと君を比べてみたところで 基準が違うし 何の意味も無い」
って言葉があるんだけど

その境地って楽かもなぁと思う。
まだそこまで行きついてないなぁって気が。

だけど、人を気にしないで自分に集中してられる時間ってのは
確かに気分がいいのはわかる。
ついつい、人と自分を比べる、一般的な生き方を見るだけで
そこにある逸話がわからないから、結局ほんとのことが見えない、で終わる
そんなものに何の意味があるんだろう?って虚しさを覚えたりしているところです

現実的に何か、ふっとはじめる気になればいいんだけどなぁ
ひとつはバイオリンが上手になりたかったり。
楽しいものはやっぱやる気がでるってのはほんとだと思う

まぁそんな感じで、しんどいの抱えたまま、楽しいことへ逃げませう〜
Yapme!一覧
読者になる