(無題) 

2017年06月25日(日) 8時45分
その後、仕事に行っていた夫に連絡。
待ちきれずに1人でやったんだね笑って。とっても喜んでいました。


この国では産婦人科とか眼科とか皮膚科とかそういう症状別の病院がなく、どんな事があってもまずは掛かりつけ医と言われるGPに行かなくてはなりません。
予約をして行きました。たぶんその時点で妊娠6週半ばごろだったかな。
そこでやる事と言えば、ただ検査薬で陽性が出たと話して、おめでとうと言われ、助産師探してねというのと、最初の血液検査の用紙をもらうことと、葉酸とヨウ素のサプリの処方箋をもらうこととだけ。
エコー検査は別な所で予約をしてから行います。
血液検査も別な場所に行きます。


前回稽留流産してるので、一刻も早く胎嚢確認と心拍確認がしたかったんだけど、その辺りは日本のようにはいかず、少しヤキモキしてました。
すぐにミッドワイフを探すために第一希望の方へ自分で連絡を取りました。が、その人はその月の受け入れ人数達してるからもうダメとのこと。
なので、前回妊娠時のミッドワイフに連絡。けれど、その人も同じ理由でダメでした。が、一緒にバックアップ体制取りながらやってるミッドワイフはまだ空きがあるかもとの事で紹介してもらい、無事にその方にお願いする事に決まりました。
それから一週間後辺りに初めて直接会って話をして、通常は受けないエコー検査の予約を8週半ばにしてくれました。
その日が来るまで生きた心地がしなかったなー。また同じ事になるかもしれない、手術後の妊娠が早すぎてないかな?心配で心配でたまらなかったな。
それと同時につわりが始まり、ほとんど何も食べられなくなり、水分もあまり取れなくなり、つわりピーク時には−4キロでした。元々のBMIが18ぐらいなので、たぶんこの時はヤバかったと思います。日本にいたら入院だった気がする。
夫以外に頼れる家族はおらず、前回の流産の事があるため他の人たちに伝える事も出来ず。そんな中でも出張はやって来るわけで、1人でなんとか生き延びられるように、ただそれだけを目標に頑張りました。

手術その後 

2017年06月24日(土) 20時15分
結局日本に1ヶ月半程滞在し、現地に戻りました。
現地ではもうすでに10名ほどに妊娠の事を伝えていたので、流産の連絡をしました。この時ほど早めに伝えてしまった事を後悔した日はありません。
伝えた理由はそれぞれにありましたが、人に伝えるタイミングは難しいですね。現時点でも一番の悩みです。


掻爬手術後は病院からの指示で2、3ヶ月避妊期間を設けて身体の回復に徹しました。
この期間は流産の事と身内が急逝した事で結構しんどかったです。
いつまでもクヨクヨもしていられないので、夏には海で遊んだり、お酒飲んだり、生物たくさん食べたり妊娠してからは出来なくなる事を楽しみました。


身体も順調に回復し、妊活再開1ヶ月目。玉砕。
まぁ、そんなに上手くはいかないだろうな…と思ってはいましたが、落ち込みました。掻爬手術後は子宮内がきれいになるから妊娠しやすいなんて聞いてたのでね。


適度な運動、バランスのとれた食事、基礎体温計測。
夫は出張が多いため、上手くタイミング取れなければ一ヶ月が簡単に無駄になってしまいます。
ちょっと焦りつつの翌月。
タイミング的に出張に出た後が排卵日。
今月もダメだな…と思っていたけれど、生理予定日前から身体の不調が。
もしやと思いつつ、違ったら悲しさ二倍になるからと検査薬使うのギリギリまで我慢していましたが、結局我慢しきれず1人でいる時に試しました。


線が出た。
信じられなかったけど、また妊娠出来たんだという事実にただただ嬉しく思いました。

移住後と初めての妊娠 

2017年06月23日(金) 21時16分
私の住んでる国は英語を話す国です。
他の言語よりは取っつきやすいけれど、住むとなると話は別です。
しかも夫は出張が多く、1人である程度の事対処出来ないと困るというのが移住後最初の課題でした。
英語は英検準二級レベル。基礎は少しあっても、人と会話をするというレベルに達するまでは結構時間もかかりました。
まずは自分の事を頑張ろうと思い、英語の学校に通ったり、趣味のグループに積極的に入って経験を積みました。


移住後一年数ヶ月、現地で両家の両親だけを招待して結婚式を挙げました。


それが終わり、ようやくそろそろ子どもがいる未来を現実的に考えるようになりました。


そこから数ヶ月で人生初めての妊娠にいたりました。
この国での助産システムは日本とは違い、最初のエコー検査が受けられるのが12週前後になるんです。
出血も腹痛もなく順調だと思い過ごしていました。
その頃日本で急な不幸があり、一時帰国せざるを得なく、体調と相談しながら帰りました。9週ぐらいでした。
帰国後は葬儀に追われバタバタとあっという間に一週間が経ち、日本で最初のエコー検査を受けるために産婦人科へ行きました。
が、そこで稽留流産を告げられました。
結構初期の段階で成長止まっていたと思う、心拍の確認さえ出来ていなかったのではないかとの診断でした。
想像外の事実にただただ呆然としてしまい、あの時の事は苦しい思い出です。
色々な事を踏まえ、診断が下った翌日にすぐ掻爬手術をする事になりました。
現実が受け入れられないまま準備だけが進んでいき、日帰りで手術を終えました。


お腹の痛みともういない赤ちゃんの事を考えては泣き続けました。

始めました 

2017年06月23日(金) 12時33分
新たにヤプログでブログ始めます!


夫の仕事で海外に引っ越してきて2年半。
この度念願の赤ちゃんを授かり、まったりマタニティライフをエンジョイ中。


Facebookにも元々やってるブログにも書けない(書きたくない)妊娠中の想いを書いていきます
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryukaryuka6090
読者になる
Yapme!一覧
読者になる