August 03 [Wed], 2005, 20:38
また来た
同じ夏
いつまで覚えてるの
いつまで思い出すの
自分重すぎ
ただのお荷物になっちゃうし

 

August 03 [Wed], 2005, 20:32

傷付きたくないって思ってれば
人って傷付かないんだって。
でもね、本当に信じたい。
この人の事。
もしも裏切られてしまったとしても
ァタシが傷付いてしまってもね。

 

June 03 [Fri], 2005, 17:35
きっと側にいてくれたら
きっとアナタしか見えなくなる
周りの全ても
大切な思い出さえも。

 

June 03 [Fri], 2005, 17:33
早すぎたの
人間の心を知るのを
恋愛の意味も
ただ早すぎた。

 

April 30 [Sat], 2005, 10:55
少し汚れてしまった
あなたと刻んだ出来事と
あなたの思い出と共に
これからも歩んでいくよ
もう後悔しない
私の道がどんなに窮屈でも
あなたがその道の途中にいた事

間違ってなんかいない

 

April 30 [Sat], 2005, 10:54
あの夏に戻れたら
きっと誰よりも幸せな顔してるだろう
きっと誰よりあなただけ見てるだろう

 

April 30 [Sat], 2005, 10:52
都合のいい女でも
それでもよかったなんて言ってみたりして
自分で自分を癒したつもりでも
傷は深くなるだけだった

 

April 30 [Sat], 2005, 10:44
結局は偽善者のフリを
ずっとしていたのかもしれない

被害者でも
加害者なわけでもなくて
ただ自分の気持ち押し潰してた

 

April 30 [Sat], 2005, 10:36
ずっとずっと溜まってた
形のない感情が急に崩れた

あの人との思い出も
消えたわけじゃない
まだ今だに思い出す自分がいて

あの子達の事も重なり
自分の存在がどこかさえも
分からずにいる

ねぇ。アナタみたくもっと素直に生きれたら
どんなに楽だろう・・・

 

April 29 [Fri], 2005, 11:41
信じてたよ
本当に
信用してたよ
偽りだって気付かずにね
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryu2ego2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる