GOD OF WAR 

2006年07月15日(土) 16時23分
サガフロ、サガフロ2、アンサガ、VP2、BOF5と計5本のRPGを
連続でプレイしてさすがに疲れた(;´▽`A``
ペルソナ3も気になってるんだけど、店頭でジャケ見るだけでお腹いっぱい。
しばらく適当にレビューを。


●ゴッド・オブ・ウォー <アクション>

プレイしたのはだいぶ前だけど、近年のアクションの中では5本指に入るほど素晴らしい。
この洋ゲー丸出しのジャケに拒絶反応が出る人もいるかもしれないけど、
偏見ってホントもっちゃいけないんだな〜って思い知らされた。

紀元前のギリシャを舞台に神々と人間の戦いが繰り広げられる。
西洋の神々の理不尽さ、残酷さを忠実に再現していて物語は激しく血生臭い。
しかし世界は驚くほど綺麗でスケールが大きく重厚的。
この世界観を忠実に再現できる程CGの技術力はトップクラスを誇る。

主人公のクレイトスが放つダークヒーロー的な魅力も凄い。
残忍なスパルタの武将で肌は青白くハゲでマッチョで中年だ。
無骨な鎖が腕に巻きつけられ、双剣で敵をなぎ倒し血を血で洗うような
彼の姿は正に「戦う漢」の姿なのだ。

そんな「戦う漢」を操作し、迫り来るモンスターを倒していくのだから
戦いは気持ちいい程豪快だ。
使い切れないほどのアクションの豊富さに驚き、
一振りするごとに吹っ飛んで行く敵に確かな爽快感。
プレイしてるこちらにまで熱が伝わってくる程その戦いは凄まじい。

ゲームは総合力であって欲しいと常に思う。
偏り無く映像、ゲーム性、BGMのグラフにおいて
手放しで喜べるゴッドオブウォーは正に名作。

このゲーム、カプコンがあまり宣伝しなかったせいと
重苦しい感じのせいかさっぱり売れてない(´Д`;
ファミ通のクロスレビューでもプラチナを獲得する程の評価も得ているのに
何かすっごく惜しい作品である。

BOFX 

2006年07月15日(土) 2時44分
アンサガ2周目終了。間に良ゲーム発見。



●ブレスオブファイアX <RPG>

主人公のリュウは物語の序盤で死の運命を宣告される。
ドラゴンと体がリンクしたことにより、命が徐々に削がれいってしまう。
その設定がシステム面にダイレクトに反映される。
Dカウンターという数値が存在し、移動するたび、戦闘するたびにそれが上昇する。
数値が100を超えてしまったとき、死=ゲームオーバーを迎える。
従来のRPGの様にレベルを上げ続けたり、アイテム集めをする時間は必要とされない。
いかにキャラを強くするかというのではなく、無駄なくラストまで辿り着くことが必要とされる。

モンスターも強めに設定されていて、一筋縄ではいかない敵も
存在する。それに対応するためプレイヤー側にも奥の手が存在する。
リュウがドラゴンの恩恵を受け強靭な力を得ることができるのだ。
この力が凄まじくザコはおろかボスですら圧倒的に倒せてしまう。
しかしこの力を解放したときリュウのD-カウンターは劇的に上昇する。
奥の手ですらも計画的に使いこなしていかないと詰みの状態になってしまう。

限られた時間と強い敵に加え、セーブ回数まで限られている。
徹底的にプレイヤー側に試練を与え続けるシステムだが、救済処置も存在する。
ゲームオーバー時に一部のデータを引き継いでやり直す事が可能だ。
前回の経験が糧になり、次周目のプレイが生かせるのだ。
全体的にRPGでありながら技術や経験を重視している傾向が強い。

物語は重く切ない。
閉鎖された地下空間の中で死の運命を迎えようとする少女を救うため
自分の命を削ぎ、果てしなくあるはずも無い「そら」を目指すリュウ。
命をかけるというテーマがシステムとマッチし、リュウに感情移入をできる面がとても多い。
人物、物語、人間関係。全てがくどすぎず、多く語られることもない。
全体を通して内容はシンプル。だが裏を返せばシンプルな故に無理が無い。
最後に待っている悲しい運命をプレイヤーは知りつつ「そら」を目指し、
暗く重い世界観を全て開放するかのようにラストに広がる「そら」は
達成感と感動を与えてくれる。

物語、システム、世界観がここまで合致したゲームはなかなか無いと思う。
シビアな面が強いためとっつきにくいが、ラストの達成感で還元されるだろう。
未プレイの方は是非。

アンサガ プレイ記3/3 

2006年07月10日(月) 13時56分
最終ステータス&パネルの続き

●トマス 体術ライン。愛すべきお父さんw盾とアタッカーの
        両立ができたナイスな人。ホッパーのお気に入り。
        HP490、力52、技44、心34、魔22、体25

 キ3 斧4
外4 パ3 銃4
 泳4 キ4


●ムゾル 体術ライン。斧ジョイント。資質とパネル共に超優等生。
         今回も高速ナブラが大活躍。
         HP440、力73、技24、心58、魔33、体37

 キ4 斧4
キ2 投4 斧3
 弓4 パ4


●バースト 体術ライン。盾。ひたすら殴られて耐え抜いた人。
          でもちゃっかり体術レベル4を閃いていたりする。
          HP409、力32、技34、心28、魔35、体20

 外4 キ7
水4 パ4 開4
 投3 板3



このパーティにダマ武器&白銀の腕輪、防具てきとーで
カオスルーラーを撃破。今回で割りと無理なく倒せることが
わかったので次のプレイではほとんどやってない体術か術、
もしくは龍鱗などのレアアイテムの製作を
深めていければいいかな〜なんて考え中。

☆私的メモ
●盾スキルと長剣のディフレクトor短剣のナイフガードは
 どちらの方が有用なんだろうか?

●斧とパンチ系は上昇能力値が高いのでどうもそれに偏り気味。
 まぁ無難なステ選びには最も最適かと。

●カオスルーラー戦では連携不要。確実に4レベルの技を当てればまず勝てる。

●予備パネルをどうでもいい位置に1個作っておくと、ハズレがきても安心。

アンサガ プレイ記2/3 

2006年07月10日(月) 13時17分
終パーティパネル。
※長剣→長 短剣→短 パンチ→パ キック→キ 投げ→投
 適応能力→適 罠外し→外 恐怖症→恐 水泳→泳
  魔道板→板 ファミリア→各種5行名。術は上げてないので5行値略。


●ヴェント槍ジョイント。体術ライン。槍でジョイントしたせいで能力低め。
          槍3の変わりに肉の壁が欲しかった(;´▽`A
          HP489、力46、技33、心40、魔36、体58

  槍3 パ4
槍4 投3 長4
  キ3 適4


●ルビー 体術ライン。斧ジョイント。資質が半端だったが、
         斧と体術の組み合わせでかなり活躍してくれた。
         HP452、力52、技27、心49、魔19、体48

 斧3 パ4
短4 斧2 キ4
 水4 斧4


●ティフォン 体術ジョイント。序盤は罠外し、鍵開けで活躍。終盤は短剣。
            恐怖症のせいでよくわからん成長状態。
            HP457、力23、技32、心32、魔32、体21
                          
 外4 盾4
投3 恐4 短4
 キ3 キ4


●フランシス 体術ライン。成長は良好。だが最後まで槍4の
            技を閃かず、盾要因になってしまった不運の人。
            HP443、力58、技38、心41、魔21、体54
 パ4 斧4
槍4 投4 盾2
 適4 投3


続く

アンサガ プレイ記1/3 

2006年07月10日(月) 12時41分
うやらヴェント編はヴァフトームの巨人がないようだ。
といっても、メインシナリオの敵がそこそこ強かったので、大体レベル4の技&パネルは
所得済み。これに加えダマ武器と精霊銀を揃えればまぁラスボスいけそうな気が
したので、強化に励んでみる。・・数時間後全員の武具が揃ったので
メインのナイトオブザラウンドテーブルに挑んでみる。しかし凄い名前・・
このステージは七大脅威の1つの地点のようだ。
前回のローラ編のサブシナリオで星座を繋げていく七大脅威の1つを
クリアしたのだが、ヌルくてちとがっかりの印象があったが
今回のボスはなかなか歯ごたえがあって面白かった。
何ていうか序盤サクサクで終盤に強めのボスを
配置してるバランスのような気がしてきた。
トントン進めてしまうのでサブイベントがいっつもおなざりになってしまう。
魔道板やパネルも極限にこだわらないなら尚更。
加えてヴェント編は「運び」があるのでサブはもう・・orz
全体的にこれくらいのレベルのボスを均等に配置してくれれば
もう少しサブイベントをやる気になれるんだけどな〜

人的にはステと装備が合格点に達したので
カオスルーラーに挑んでみることにした。
前座のトゥースはローラ編のゲレイオスに比べれば貧弱だった。
んでカオスルーラー。・・自分でもびっくりするくらいあっさり倒してしまった。
戦術は盾1人+アタッカー2人の3人編成で1ターンづつ回して
高速ナブラ+ブラディマリー+独妙点穴のリールを確実に止めるだけ。
アタッカーは斧3人、短剣1人、槍1人。
前回よりは攻め手が多かったのとオーバーキルを使ってこなかった
(というか前回の半分程度のスピードで撃破できたので)
おかげか何ともあっさり。ドラゴンハートの回復力もあったと思うが・・
多分一番でかかったのはアタッカーの多さかな。
結局死傷者0でカオスルーラー撃破。おしっ進歩はあったみたいだ。

最後にパネルを載せて〆

続く・・

アンサガ プレイ記 

2006年07月07日(金) 17時36分
インシナリオ終了→街巡りして素材調達→ダマスクスと精霊銀製作
の流れで物語を進めて行く。ダマ系の武器も粘れば作れるようになったというか
運が良いと一発で作れたりする。サブ武器で鉄製の物を携帯して
耐久度無くなってきたときに木材で補強して銅(2)を狙ってみるように
してからリセット嵐も無くなり健康的。
修理めんどいからダマが出来てもボスなどの大事な局面以外
サブ武器の戦闘or体術がメインで戦っている。

インシナリオでドラゴンハートが手に入る。
素材のようなのでこれから長剣を作ってみることにした。
グラフィックは良い感じ。
攻撃力はダマに比べると低い、というか武器の中でも並クラス。
あれれ しょぼいな〜と思ってがっかりしたが、これの真価は
攻撃力ではなかった。アビリティの<超回復力>。これ凄いね。
1ターン目でボロボロにされたキャラも次のターンで
ほぼ全快に近いくらいHPが回復している。反則だ〜
攻略本によると<ディフレクト>をつけて盾の代わりにしてやると
なお良いとのことなので、改造で重さ調整してディフレクトを追加。
盾キャラに持たせるとよさそうなのでバーストに装備させる。
何かローラ編より楽になりそうだ。

語も終盤に差し掛かってきたようだが、
パーティの体術をメインで使っていたキャラがどうも火力不足のような
気がしてきた。体術は特に何も考えず通常クラスでやってきたのだが、
パンチの最高クラスの「活殺獣神掌」で敵が全然LPブレイクしない。
ブラディマリーや高速ナブラに比べたらへっぽこ。
体術の基本クラスはヒット数と基本威力が低いせいらしい;
連携に組み込まないとどうしても殲滅スピードが落ちてしまう。
仕方ないので体術を使っていたムゾルとトマスに斧を持たせる。
(パネルにたまたま斧があったので)
ルビーも入れて斧使いが3人という無骨な構成に(;´▽`A``

アンサガ プレイ記 

2006年07月05日(水) 21時11分
ェント編で2周目開始。
前回で発見したダマスクス製造法を生かすため開始と同時に
素材を集め始める。店の流通ランクが引き継ぎいでいるので
序盤からいいアイテムが並んでいる。嬉しいけど金がorz
とりあえずレア素材は泣く泣くスルーし、廃石と銅、木材を集め
改造屋に直行、ヴェントは槍使いっぽいのでダマスクスの槍を作ってみることに。
変異が失敗したらリセット→ロードの繰り返し。
・・しかし全然銅(2)の槍にならない。
攻略本みたら精霊銀と同じ15%の確立で変異するようだが
体感それ以下のような気がする。
もしかして出来やすい店とかあるのだろうか・・?
とりあえず粘ったが無理だったので話を進めることにした。

回は荷物を運ぶ話のようだ。
今まで門前払いを食らっていた運び屋ギルドに足を運ぶことができ、
そこで自由に荷物を運びながら行動範囲を広げていけるようだ。
荷物を運び終えると小額ながらお金が手に入る。
前回のローラ編だと資金が宝箱に依存していたので
確実に稼げる手立てがあるのはかなりうれしい。

中でルビィ、フランシスが仲間になる。
フランシスは槍。ルビィは力の資質が高いようなので
斧を持たせる。ルビィの火の5行値とか完全に無視。
魔道板集める&習得かったるいからね。
ジュディやプラムみたいに最初から術覚えてくれる
お手軽キャラならいいのだが・・
サクサク進めて行く。トマス、バーストが仲間になる。
バーストのLPは22!出たな盾キャラw
地下牢からムゾルを救出。これで一通り揃ったみたいだ。

アンサガ プレイ記2/2 

2006年07月03日(月) 13時33分
うターン終了時にローラのLPが1になる。
先行で1回だけ技を当てれるので最後まで抵抗しようと試みる。
さすがに目が慣れててオレンジのリールにぴったり止まる。
「マルチウェイ」→LP3を削り取る。
と、その時。画面がピタリと止まる。崩れ落ちるカオスルーラー・・

た、倒した!!

もうドラマティック><
余裕なんて全然なくてもうほぼ8割運任せの展開でこの最後。
誰がなんと言おうと俺の中でアンサガは神ゲー\(゜∇゜)/
良い思い出が残せた数少ないRPGになりました。

日、解体真書を読んでて気がつきました。
ダマスクスって簡単に作れるじゃん!これがあったらもっと楽だったのではw
まぁあの状況で倒せたからこそ良い思い出になってる訳で。
今後のために私的メモを残して〆

●ダマスクス突然変異製造方法
廃石(1)+廃石(1)=廃石(2) 100%
鉄鉱石or銅(1)+木材系=銅(2)15%
       ↓
銅(2)+廃石(2)=ダマスクス 100%

●シルバーサーコスから白銀の盾を製造すると回復力が-5に抑えられる。(自然銀+獣石)
●短剣はLPブレイクが狙いやすいので使い勝手よし。ナイフガードも優秀。
●魔法はぶっちゃけた話あまり使わない。というか覚えるの面倒くさい。
実用的なのはビュリファイ、巨人対策でミサイルガードくらい。
●ライブシルクって凄い使い勝手がいいのか?(未確認)

いじょ。現在はヴェントでプレイ中。さらに深めれたらいいな。

アンサガ プレイ記1/2 

2006年07月03日(月) 12時30分
ヴァルキリープロファイル2発売ってことで。
とりあえず1周してみて思ったことは、今回からの移動システムは
戦略性の増加とテンポの減少の諸刃の刃だったかな。
スキルは相変わらず一部に使えるものが固まってる感じ。
後エインフェリアが空気すぎるのとストーリーの流れでメインキャラの
入れ替わりが激しいとこ。キャラの魅力的にもメインキャラ>エインフェリアだから
ストーリーの中でも少しメインキャラをじっくり育てたかった。
いじょ。長編ものの重厚長大さで今はお腹いっぱい。

オスルーラーに前回の装備で挑んでみる。
アンザン並びに捨てキャラを盾に使いつつカオスルーラーのLPを削っていく。
高速ナブラと独妙点破がかなり優秀でHPとLPの両方を確実に削ってくれる。
防御面はアンザンに盾スキルをつけておいたおかげで高確率で回転剣をブロックしてくれる。
前回のプレイでは最終形態になるまでアンザンはもたなかったのに
今回は10近くLPを残している状態でかなり好調。
んで最終形態。いきなりオーバーキル、異界の風、滅殺剣の鬼のような攻撃を食らい
たった1ターンでアンザンが使い物にならなくなる。
急遽、プラティフィラムを盾に投入。2ターン目は滅殺剣地獄。
かなりLPをもっていかれたが、何とかしのぐ。
先ほどの全体攻撃でアンリが死に掛けていたので一矢報いるつもりで
特攻させる。単体攻撃の連続で数ターンはダメージ貢献していたが
滅殺剣が直撃しアンリ昇天。この辺りからようやくLPにもダメージが出始める。
プラティもLPが尽きてしまったがカオスルーラーがプラティの死体に
攻撃を連発しごっつぁん的な展開で1ターン凌ぐ。
盾になるキャラがほとんどいなくなってしまったので
高LPのフランシスとムゾルのゴリ押しで攻めるしか道がなくなる(;´Д`A
次から次に投入しては散っていくメンバーで戦闘フィールドが
死体の山になっていく。レスキューしつつメンバーを増やさないように頑張るが
かなり辛い。結局最終的にローラ一人になってしまう。

続く

アンサガ プレイ記 

2006年06月28日(水) 13時21分
霊銀の腕輪が大体揃ってきたので精霊銀系の
他の防具を製作をしてみようとシルバーサーコスと獣石を
合成する。何度目かの失敗後に精霊銀の盾完成。
この時気がついたのがシルバーサーコスの回復量−5が
そのまま精霊銀の盾に受け継がれるということ。
素材から作ったり拾ってきた精霊銀の盾は−15なので
これは嬉しい発見だ。
しかし防具のストーンアーマーが−20なので、腕輪2個でも
相殺しきれないのが痛い。でもライフ防御が美味しいのでまぁ良し。
自然銀もあんまり店に並ばないのでこの辺りで妥協。

は技の強化だ。LPをがっつり削れる技がやはり欲しい。
主力はローラの長剣、アンリの短剣、フランシスの槍、
ムゾルの斧でそれぞれに高いLPダメージが期待できる
マルチウェイ、ブラディーマリー、独妙点破、高速ナブラを習得すること。
ヴァフトームの地下で巨人相手に技習得の修行。
単体物攻ばっかりしてくる点ではサガフロと全く一緒なカモ。
サガフロとの違いといったら剣と槍の違いだろうか。
しかし槍攻撃はミサイルガードで全て遮断。哀れ巨人。
時間がかなりかかると思いきや2周で目標の技全て習得。
こんなものなのかな?

ネルがレベルに4になってから
ほぼ100%、4技のリールで止めれるようになった。
最初の目の当たりに4技が2個固まってるので
だいたいそこら辺を狙って止めれば4技になる。
マルチウェイやブラディマリーで確実に止めれるようになって
ザコ戦が急激に楽になる。LPブレイク最高〜
そうこうしてる内に仲間のHPが400越えるようになったので
一辺カオスルーラーに挑んでみることにした。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ほっぱ
» 久しぶりのアセリア日記in桜華 (2006年01月24日)
アイコン画像あせりあ
» ('A`) (2005年12月28日)
アイコン画像燈火
» ('A`) (2005年12月28日)
アイコン画像あせりあ
» ('A`) (2005年12月27日)
アイコン画像ショッカ
» ホッパー里帰り (2005年12月12日)
アイコン画像ホッパー
» ホッパー里帰り (2005年12月12日)
アイコン画像燈火
» ホッパー里帰り (2005年12月10日)
アイコン画像あせりあ
» サルベージ?記念 (2005年12月08日)
アイコン画像ショッカ
» サルベージ?記念 (2005年12月08日)
アイコン画像ほっぱ
» サルベージ?記念 (2005年12月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryouran
読者になる
Yapme!一覧
読者になる