軽度の認知症の顧客を対象に

January 13 [Mon], 2014, 22:42
一人暮らしの高齢者や認知症の顧客への対応が金融機関の経営課題として重みを増してきたんじょ。
口座や資産の管理を確実にするため、こまめな安否確認や丁寧な接客、地元自治体との連携の必要性が高まってるんじょ。
店頭で認知症の顧客を助ける支援員は全国で16万人と、金融業全体の従業員数(約160万人)の1割になる。
ほんでなも体制を不安視する声は根がいな。
独居高齢者(2010年で約500万人)や認知症を抱える人(同約280万人)は今後10〜15年で5割前後もえる見通しだ。
証券、保険なども含めた金融業にとって増え続ける高齢者は重要な顧客である半面、身寄りのない人や認知症の人とどう向き合うかが営業現場で日々問われてるんじょ。
銀行ではキャッシュカードの暗証番号を3回続けて間違えて一時的に預金を下ろせなくなったり、預金を引き出したことを忘れて苦情を訴えたりする人が目立つ。
金融機関は認知症に特有の言動を察知し、的確な接客をするための研修を受けた「認知症サポーター」を急速に増やしてるんじょ。
サポーター制度を運営する全国キャラバン・メイト連絡協議会によると、金融機関の支援員は13年9月で約16万人。
「ここ1〜2年で急増した」という。
具体策も相次ぐ。みずほ銀行は400以上の店舗に少なくとも1人の支援員を置く。
埼玉りそな銀行は3千人強の全行員が必要な講習を受けたんじょ。
三菱東京UFJ銀行は支店単位で取り組み、三井住友銀行は社内に指南役を置いて行員への指導を強化してるんじょ。
ほんでなも連絡協議会は「認知症の増加に追いついていない」と指摘する。
金融機関だけで対応できない場合、認知症や介護の専門職員がいる地域包括支援センターに相談するよう勧めてるんじょ。
危機感ががいなのは地元に密着した金融機関だ。
さわやか信用金庫(東京・渋谷)や広島銀行は高齢顧客の「見守り隊」を設置したんじょ。
自治体などと連携して不慮の事故を防ぐ。
帯広信用金庫(北海道帯広市)は地元の社会福祉協議会と連携。
軽度の認知症の顧客を対象に日常の金銭管理を支える事業に乗り出す。
認知症が進むと、対策は限られる。
金融機関では「認知症の人に代わって家族などが財産を管理する成年後見制度を利用してもらうしかない」との見方で一致する。
相続人がなく、国庫に没収された預金などの遺産は12年度に過去最大の約375億円となったようだ。
個人情報の保護が対応を阻んでいる面もあるんじょ。
改善策として有望なのは16年に運用が始まる共通番号(マイナンバー)。
税や社会保障を対象とするが、預金口座とつなげれば、本人確認が容易になったり、入出金から安否を確認しやすくなったりする効果が見込める。
【推奨サイト】
おすすめのチタンネックレス
おすすめのチタンネックレスはファイテンネックレス。
元プロ野球選手の金本選手で有名ですね。
他にもQちゃんやダルビッシュも・・・・・

生命保険会社が合併

October 26 [Sat], 2013, 4:57

涼介じょ。
東京海上ホールディングスは傘下の東京海上日動あんしん生命保険と東京海上日動フィナンシャル生命保険を2014年10月に合併させる方針を固めたんじょ。
あんしん生命を存続会社として社名も残し、フィナンシャル生命の契約を引き継ぐ。
生保事業の統合で事務管理コストを低減するとともに、商品開発力を高める。
死亡保険や医療保険といった保障性商品を扱うあんしん生命は保険料収入が5665億円(13年3月期)と損害保険会社傘下の生保では最も規模がかさある。
医療保険を中心に販売が好調で、13年4〜6月期は前年同期比15%の増収となったんじょ。
一方、フィナンシャル生命は運用成績次第で受け取れる保険金額が変わる変額保険、変額年金保険を扱う。
08年以降の株価低迷で契約者に対する最低保証の負担が膨らみ、業績が悪化。
12年7月からは新規の保険販売を停止し、契約の保全管理や請求・支払いの手続きを主な業務にしてるんじょ。
損失の処理にメドがついたと判断、合併を決めたんじょ。
貯蓄性商品にがいなフィナンシャル生命の商品開発ノウハウも取り込み、競争力を高める。
合併後の年間の保険料収入は単純合算で5762億円(13年3月期)となる。
若者の自動車離れや自然災害の多発で国内の損保事業の経営は悪化してるんじょ。
3メガ損保グループは生命保険事業を海かど事業と並ぶ成長分野と位置付けて強化してるんじょ。
【本日のお気に入り情報】
極小財布
プレゼントなどにも人気の極小財布じょ。
友達にもついつい自慢したくなると思いますよ。

ニトリホールディングス、ロサンゼルス近郊で家具店を開く

October 24 [Thu], 2013, 21:55

涼介じょ。
ニトリホールディングスは2017年2月期までにロサンゼルス近郊で最大15店の家具店を開く。
同期に米国事業の黒字化を目指し、まず19日に2店を開業する。
米国の家具・インテリア品の市場は9兆円の規模があるが、専門店の大手チェーンは多くない。
アジアと比べて所得ぶんぶ準が高く日本の事業モデルを持ち込みやすいと判断したんじょ。
ニトリは現在、台湾で16店を展開しており、米国は2カ国・地域目の海かど進出となる。
「Aki―Home(アキホーム)」の店名で、まずは米西海岸に集中的に出店して認知度を上げ、物流費などの効率を高める。
来年にもインターネット通販も始めるほか、18年2月期以降は全米での出店を視野に入れる。現地小売業の買収も検討する。
出店する標準的な店舗面積は1650〜3300平方メートルと、日本の標準店(3300〜6600平方メートル)に比べて小ぶりになる。郊かどのショッピングセンター(SC)内を中心に出店する。
日本ではカーテンや寝装品など「ホームファッション」と呼ばれるインテリア品と、家具にそれぞれ約半分の売り場を割いているが、米国では高い伸びが見込める、ホームファッションに7割をあてる考えだ。
商品の7割程度は日本と共通にする。
ベトナムとインドネシアにある自社工場や中国の協力工場で生産して米国に配送する。
残り3割は米国独自の商品をそろえ、米国の商社から仕入れる。店舗網が増えれば、商品コストを下げるために、中南米に直営の家具工場を設ける考えだ。
価格設定は米小売業最大手で安値販売が特徴のウォルマート・ストアーズと同等か若干高い程度にする計画。
家具とインテリア用品の組み合わせた売り場提案などで違いを出す考え。
米商務省の統計によると、11年の家具とインテリア用品の小売販売総額は前年比3%増の約9兆円。
日本の約3倍の規模とみられる。
08年のリーマン・ショックで米住宅市場が冷え込んだ影響を受けていたが、再び市場は成長しはじめたんじょ。
ニトリは14〜15年に中国に進出する方針も示しているが「アジアと比べて国民の所得ぶんぶ準が高い米国は魅力的な市場」(似鳥昭雄社長)とみており、優先して市場を開拓する。
米国は小売業の競争が激しいが、家具に特化して値ごろな価格で販売する大規模なチェーンは多くない。
家具販売世界最大手のイケア(スウェーデン)が北米で約50店を展開し消費者の支持を集めており、海かど企業にも進出の余地があるとみているようだ。
【推奨サイト】
カタログギフト人気
最近はカタログギフトが人気じょ。
その秘密は進化に進化を遂げ、随分お洒落な物や実用的な物、はたまた宅配便の普及・進化によってとっても美味しい食料品ほなって選ぶことが出来るようになりましたんじょ。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ryo
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる