ジャックVSビリー2016

June 16 [Thu], 2016, 18:15

6月4日土曜は、高田馬場エリアにてホタルとのツーマンライブであった。ずいぶん前に決まって、ずっと楽しみにしておった。当日は朝4時半に起床。早寝したが、数日前に子供からもらった風邪の咳がひどくて、あまり眠れず。5時に家を出て、6時にまーやん、7時に末さまをピックし、トラブルもなく13時頃高田馬場着。どうってことないラーメンを食しエリアに入りする。


ホタルの連中と、特に感動のない再会を果たす。メロディー隊の2人はジュリィー時代にちょいちょい対バンしてたし、がおくん以外はあんまり変わってなくて、久しぶりな感じがしなかったな…!がおくんは貫禄がはんぱなかった。そしてリハから準備と時間に余裕なく忙しく過ごし、本番を迎える。


ツーマンライブとは言え、ホタルの12年ぶりというプレミア感にはとうてい太刀打ち出来ないので、普段通りというか、飛び道具的な曲目を排除した『this is電脳オヴラアト』としてのライブをするよう心がけた。セトリはホタルと対バンしてたころの代表曲を多めに盛り込んだ。しかしあんまり体調が良くなくて、アタマ2曲で張り切って動いたらもう全然弾けねえわ、バテバテになるわで、この先も続く長丁場を乗り切れるのか!?とのっけから不安になったね…MCで小休止して、ペースを取り戻した3曲め以降はきっちりした演奏が出来て良かった。この日のライブはバンドとしては今年一番の出来だったんちゃうかな…特に末さまのドラムがバッチバチに安定してて、ギターが弾きやすかった。エリアはステージ内外ともに音響がいいし、ステージが高くてほどよい広さで、大好きな会場なので、もうちょっと良い体調でライブしたかったなあー。そしていつかまたエリアでワンマンをしたい…!そうなるよう精進していきますわ。打ち上げして高田馬場の駅前のホテルで一泊して、弾丸遠征してきたタケシと大阪に帰ったのであった。


前述の通りタイトな進行でほとんど写真を撮っていない…!合同チェキとか撮れてたらビッグビジネス…いやなんでもないぜ…まあ忙しかったよ。画像はwith原、後ろにチラリと伏見。ホタルのみんな、また、いつかどこかで。





2016年3〜5月のライブ記録

June 07 [Tue], 2016, 0:48
また久々のブログ更新である。3〜5月のライブを振り返ってみようか…!


3月12日(土)伏見ジャミン


イベンター・ハニーミルクワークスさん主催イベントであった。昨年末の横浜ライブ以降、加藤の国家試験と末さまの仕事の都合で活動が停止、3ヶ月ぶりのバンド形態のライブであった。名古屋でライブするのも約4年半ぶりで、ものすごく楽しみにしておったのだが、数日前から猛烈な体調不良で解熱剤ガブ飲み、固形のものが食べられないような状態で名古屋入り。そんなこんなでライブは2曲目終了時点ですでに体力が尽きていた…!さらにライブ前に業者へメンテナンスに出したギターの調整の具合がイマイチで、強くピッキングするたびに弦がサドルから落ちまくった。スタジオ練習では問題ない、と思っていたのだが、やはりライブは力が入る。参ったぜ!そんなこんなで個人的にはきわめて残念なステージであったが、馴染みのない土地のわりにお客さんはたくさん来てくれたし、よく盛り上がった。いやーありがとうございます。またそう遠くないうちに名古屋でライブしたいな。

このイベントは対バンのテイストとウチとのマッチングが良い感じでした。ご一緒したnueのベース・毅さんは俺が世界一好きなバンド、COALTAR OF THE DEEPERSの初期のベーシストでもある。特に初期の音楽性が死ぬほど好きなので、俺ぁもう生き神を拝んでるような気分だったよ!音出しでディーパーズを弾きまくったら『君はなんでそんなに色々弾けるの!』とおっしゃられた。それはね!!!大好きだからですよ!!!!!!


3月20日 (日祝)西九条ブランニュー


カラビンカ、DISHと気心の知れた2バンドを東京から迎えて、同面子で昨夏以来二度目の3マンライブ。体調も再メンテナンスしたギターもバッチリ。いやー楽しかったね!ただ、ホテルガービッジの演奏が、なんかもう崩壊寸前であった…!まあそれもまたライブの一部である…アンコールセッションは俺と谷口、工藤くん渋谷くんの音楽的バックボーンであるZI:KILLのカバー、否、コピー。もう企画段階からお客さん無視の自己満足で、最高に楽しかった!各バンドのボーカルが1曲ずつ選曲、計3曲やったんだけど、渋谷くんが選曲したBAD MANを歌いながら、そのBAD MANのPVで見られるTUSK御大(ZI:KILLのボーカル)のポージングまでコピーしてるんだけど、観客には全く伝わっておらず、それでも意にも介さず執拗にTUSKポージングを繰り返す…って流れ、最高にイカしてたぜ…!

またこの面子で3マンをやりたいな…!と思っていたところ、先日、カラビンカからサヲリーナ、純くんが脱退とアナウンスされた。寂しいなあー…一緒にライブすんのはこれが最後になっちまうのかな…


4月3日 (日)西九条ブランニュー


V系界隈において最重要DJとも言える浅井博章氏の主催イベントに呼んでいただいた。いまいちマイナーな我々にむかしから目をかけてくださり、自らの番組やイベントで我々の曲を流してくださり、ありがとうございます!


さてライブの印象は…よう盛り上がったなあーってくらいしかないが、MCがウケ狂った。最近アンケートを読んでも、俺の印象が MC>ギター って感じで、MCがウケんのもどうなんだかなあー、と思うが、まあウケないよりはいいか…!そして、どんなギターを弾いたかの記憶は薄いが、MCの内容はよく覚えてる俺自身も、どうかしてるぜ!まあよう盛り上がって楽しかったです。


楽屋で浅井さんが『虎虎虎で乱入してきていい?』とおっしゃるので、曲の構成とかわかります?と問うと、フッと苦笑いしながら『俺が爆寸で何回虎虎虎かけてきたと思ってんだ!?』と質問返しされた。愚問でしたね!すんません、ありがとうございます?


5月3日 (火祝)北堀江ネイヴ


いつもお世話になっているアートポップ様々のイベントでした。ライブ前日に谷口が不慮の事故で出演不可に。時間がなく、知人のボーカリストにサポートをお願いするも断られ、キャンセルする事も考えたが、やはり自分たちの責任は自分たちでとらねばならぬ、ということになり、稚拙なライブになることは火を見るよりも明らかではあったが、俺とまーやんと分担して、楽器を弾きながらボーカルをとることにした。


かつてunderslowでギターボーカルをやっていたが、バンドの自然消滅からはや5年、歌いながらギターを弾く神経は完全に死んでいた…!一夜漬けで練習をしたものの、きわめて不安が残る状態で、気分も重くネイヴに入りすると…岡ちゃんがいた。なんで!?と思ったけど、アートポップ主催だもんね………………そうだ岡ちゃん、『虎虎虎』唄ってくんねえ!?と、唐突なお願いをすると、『あっ、いいっすよ』とライトに了承してくれた。流石である…!


岡ちゃんに曲を渡したり歌詞を書いたりしていると、フクスケくんから『岡澤にオファーを出して、なんで俺には出さねえんだよ!?』と漢気溢れる申し出をいただいた。そんな訳で、かつてメトロノームと同じオムニバスに参加した際に収録された『人間の証明』のボーカルを引き受けてもらうことに。これにより、俺よりまーやんが歌う曲のほうが多くなってしまった。すまんな…その後二人を迎えてリハーサルを終え、なんとかなることを確信した。負けが確定した消化試合のようなライブが、俄然楽しみになった。


はたしてライブはきわめてスペシャル感のあるものとなった。期待通りに楽しかったし、お客さんの雰囲気はきわめてあたたかく、盛り上がってくれてありがたかった。岡ちゃんとフクスケくんには、ほんと感謝の気持ちしかない…!あらためて、ありがとうございました。ライブを終えたあとは、高い山を一つ越したような達成感があったなあ。


そんなこんなのトラブルを経て、現在では谷口も復調、唄ってる側的にまだ本調子ではないようだが、長年そばで聴いてる側的には何も違和感はない。また普段通りの電脳オヴラアトを営業していきますので、この夏もよろしくお願いします!

超久々の更新。

March 16 [Wed], 2016, 19:00
いやー全然ブログ更新してなかったな…!文章だけ書いて保存して投稿した気になっとったよ…ビューンと昨秋まで遡ります。

11月22日 土曜日 京都モジョ

10数年ぶりの京都でのライブでした。モジョは電脳では初出演。5年くらい前にunderslowで出演したことがあったんだけど、その頃とはハコのつくりがずいぶん変わっていた。以前は物販してたホールの向かいあたりに楽屋があったっけなあ。

対バンはお馴染みのメンツで、会場は超満員であったが、お客さんの反応も我々の演奏も、もうひとつだったような気がした。気持ち的にはちょっとしんどいライブだったが、上手にすごい盛り上がってくれてるメンズのお客さんがいて、助けられたなあ。最後の虎虎虎を演奏し終えた後にグータッチさせていただいた。ありがとう!

終演後、いつものことなんだが、まーやんと『ラーメン食いに行きてえな!』という話になり、色々と検索。四条界隈には旨そうな店がたくさんあったが、どこもかしこも閉店時間が早い…!ラーメンは夜食うもんだろ…!結局大阪に戻ってお馴染みの夢屋台でラーメンを食って帰ったのであった。

12月5日 土曜日 横浜ベイシス

朝4時半起き、5時の始発に乗り6時に梅田で待ち合わせという、老人のようなタイムテーブルで出発。高速上でガソリンが尽きかけるトラブルに見舞われつつも、予定どおりちょっと早めに横浜に到着。『横浜といえば家系ラーメンやな!』という事になり、家系ラーメンの総本山・吉村家へ向かうも、そこは長蛇の列。ライブハウス付近にある家系ラーメンの店ならなんでもええか、という事で検索。一件ヒットしたので行ってみたら、店員は全員中国人であった。日本語もイマイチおぼつかない。若干の不安をおぼえつつもオーダーし、出てきたラーメンを食べてみたら、うまいまずい以前に、血圧が上昇するくらいしょっぱい。全員無言で食した。

ベイシス入りしてつつがなくリハを終え、本番を迎える。7月の東京に引き続き、めちゃめちゃに反応が良くて、テンションだだアガりであった。演奏がちょっとおろそかになっちまったけど。いやー良いライブ納めをさせていただきました。終演後、谷口と物販席に座って売り子をする。これまためちゃめちゃに反応が良くて、売れに売れた。…俺たちのニーズはこっちにあるのか!?関東のライブを増やしてえな…!

そんな感じの2本のライブでした。来年はバンド活動は3月から再開。2016年も宜しくお願いしまーす。

2月13日 土曜日 千日前味園アニマアニムス

約1年ぶりのアコースティックライブであった。前回はあんまり前売りが売れなかったんだけど、今回は満員御礼。コンスタントにバンド活動すると結果が出るもんだな!これからも頑張っちゃうぜー。リズム隊の後ろ盾がないアコースティックライブは苦手なので、めっちゃ練習を積んでライブに臨んだ。何回か演奏がグダッたけど崩れはせず。いやー今までのアコースティックライブで一番楽しかったですね。谷口とのトークも非常に弾んだね。さすが長い付き合いだね。楽しいと酒が進んで、ほろ酔いで止めるつもりが泥酔。それでも最後まで演奏は安定していた…気がする。この日はバレンタインデー前日ということでチョコレートをたくさん貰えました。嬉しゅうございました。翌日はどえらい二日酔いで死亡。

こないだの名古屋ライブのブログは...また追々つづるとしよう...

電脳主催3マン。

October 25 [Sun], 2015, 12:37
17日土曜は絶リン☆ハグキ、マツタケワークスとの3マンライブでした。勝手知ったる間柄なので、楽屋は終始和やかな雰囲気であった。ハグキの爆笑ネタ、マツタケの勢いのあるライブを楽屋のモニターで鑑賞し、本番を迎える。ライブは1曲グダったけど、あとは概ね安定した演奏が出来たように思う。久々に演奏する『五番街のモーテル』、初披露となる『ホテルガービッジ』の2曲は演奏が難しいので、地蔵のようにピクリとも動けなかったね…ガービッジは前回のブログで触れたとおり、仕切り直しの末の初披露。リハでも非常に手間取ったが、まあ無事お披露目できてよかったです。

この日は動員もぼちぼち、なおかつお客さんの反応がすこぶる良くて、テンション高めで楽しくライブさせていただいた。ありがてえ…ライブに限らず、発信に対して何かしらレスポンスがあると嬉しいし、無いとアレッ?てなるじゃない?今後もこんな感じで楽しくやれたらいいなあ、と思っております。ライブにお越しの皆さん、ありがとうございました。

この日は、むかしお世話になった先輩方がライブを観に来てくれたので、撤収後に一緒に呑んだ。先輩方は、むかし俺がバイトしていたライブハウスで、一番人気だったバンドのメンバーである。いわば俺が10代の頃のヒーロー。昔話に花が咲き、すこぶる楽しかった。先輩の一人がリッチな社長になっており、ご馳走していただいた。ありがとうございました!またいつでもライブを観に来て、俺にご馳走してください…!

3本ぶん。

September 29 [Tue], 2015, 17:40
この夏は仕事をするうえで必要な資格をGETするための研修が頻繁にあり、忙しくてブログを長く更新してないことに気がついた。ちょっと振り返って書き綴ってみる。細かい記憶は忘却の彼方へ…

8月29日西九条ブランニュー

新譜リリースによってお客さんがドッカーンと増えるんちゃうの…ムフフフ…と思いきや、そんな事は全くなかった。ドンマイ我々。新譜から2曲披露したけど、極めて危なっかしかった…否、危なっかしいどころか事故もあったね…やり慣れてない曲を演奏するのは楽しくないし、拙さを露呈するのは心苦しいが、ライブでやらんと上手くならんし、その曲がライブの中でどういう役割を果たすのかを見極めねばならん。この曲は盛り上がるだろう、ライブ栄えするだろう、と思って作ったものの、ライブで披露したら全然だったり、逆にウケないと思ってた曲がウケたり。意外と予想がつかず、開けてみないとわからんもんなのである。果たして今回の新譜収録曲はライブのレパートリーとして生き残るのか、どうなのか。

この日は先輩の松浦さんが観に来てくれた。俺が寝屋川のライブハウスでバイトしてた頃の店長であり、10代の頃に憧れていたバンドのドラマーでもある。なんか胡散臭さが増してたけど、お元気そうで何より!ライブ翌日は研修。

9月20日梅田ホリデー

サイバーサーカスTVなる番組の公開収録ライブ。この日は、夕方まで研修で俺だけリハに出られず、夜からぶっつけ本番という、初めての状況でのライブ。18時頃にライブハウス入りすると、楽屋がごった返しておる。最近の若者はみな、出番が終わっても営業のためにメイクを落とさず、メイクやヘアセットの手直しをしている。それらで楽屋の椅子に空きがない。そういう時代なのね…老兵は死せず、ただ去るのみ。そんなわけで廊下の隅でメイクをする。う、薄暗い…大丈夫、俺の良さは顔じゃねえんだ…!

さて肝心のぶっつけ本番だが、ステージ内の音響が良く、リハ無しでもあんまり問題はなかった。我々の音楽は全くもって流行の最先端ではないので、今ふうのきらびやかなバンドのお客さんにはすこぶるウケが悪いのだが、この日は何故だかあったかく受け入れられた、ような気がする…ありがてえ…(SIONふうに)おかげさまで楽しくライブができました。

この日は、電脳の第一次解散後から第二次解散前まで6年くらいやってたバンド、underslowのドラムのルマが来てくれた。以前はしょっちゅう二人で呑みに行ったりライブに行ったりしてたもんだが、去年一緒に東京にディーパーズのライブを観に遠征して以来、実に1年4ヶ月ぶりの再会であった。むかしunderslowのギターの武田くん(二児の父)が『子供が出来ると、子供に手間と時間をとられて人付き合いが疎遠になる』って言ってたけど、それはほんまやったわ…打ち上げで音楽の話をいっぱいして、めっちゃ楽しかった。

9月26日心斎橋パラダイム

いつもお世話になっている紅蝉の主催イベントに呼んでいただいた。昼から新譜の発売記念インストアイベントがあるので、時間がなくリハを手短かに済ませたのだが、この日初披露する予定だった新曲の、整合感や音作りがもうひとつで、急遽セットリストから削除。しっかり仕上げて次回披露すっからな…!

そしてライカエジソン大阪店にてイベントを行う。我々のようなアイドル性の薄いバンドに価値を感じて、人が集まってくれるんだかどうだか不安だったけど、思ってた以上に集まってくれて、すごく嬉しかったです。ありがとう!まじで!新譜の話はほとんどしなかったけど。また次回があったら、そのときは是非よろしくお願いします…!

メンバー一同、ほっとひと安心してパラダイムに戻り、ライブの準備を始める…冷房がキンキンに効いてて楽屋が異常に寒い…!まあメイクが崩れないし、暑いよりマシか…と我慢していたのだが、どんどん体調が悪くなっていき、本番を迎える頃にはけっこうな頭痛がしていた…

本番は、もうとにかく頭痛との戦いであった。ちょっと動くと頭がガンガンする…そんな状態なので音響もよくわかんないし、演奏に集中できず、ステージングもおとなしめだったように思う。しんどかった!個人的には非常にきつい状況だったが、ライブ自体の出来はけっこう良かったような気がする。会場が全体的に盛り上がってたのは、やってて気持ち良かった。感謝!

俺自身お金を払ってライブを観に行く事がたまにあり、いち観客としては、お金を払って観に来てんだから、各々が好きな場所で好きなように観たらいい、と思ってんだけど、やってる側からの観点で欲を言うと、2列目以降の皆さんがもう一歩前に来てくれたら、俺たちもっといいライブが出来ると思うんだ…!いい歌唱・演奏をするだけなら自分たちの力だけで出来るけど、いいライブをするには皆さんの協力が必要なのである。強制するもんでもされるもんでもないが、ひとつ念頭に置いて下さいましたら、これ幸い。ライブ後も極めて体調不良につき、即帰り。翌日はやっぱり研修。

以上だ!研修はあと一回で終わる…やったぜやったぜ俺はやったぜ。3ヶ所のライブにお越しの皆さん、ありがとうございました。

夏クラ2015

August 03 [Mon], 2015, 14:44
1日土曜は、2年ぶりにクラッシュオブモードに呼んでいただきました。校長、いつもありがとうございます。久々のビッグキャット、ステージが広くて高くて、すこぶる気持ちが良かった!ステージが広いと、ドラムセットやギター・ベースアンプが遠くて、生音でなしにモニターからの返しが頼りで、音響的にやりづらかったりする事が多いんだけど、この日は全く問題なし!終始気持ち良く演奏させていただきました。ライブにお越しの皆さん、ありがとうございました。

翌日の朝から仕事で必要な資格の研修があり、サブステージでのアコースティック演奏を終えて即帰り。ほかのバンドのライブを観たり、楽屋で喋ったり、もうちょっとお祭り感を楽しみたかったなあ…また来年も夏クラに呼んでいただけるよう頑張って行きたいと思います。

この日は4年ぶりの新譜『秒針と綺麗な心臓』を物販にて先行発売。非常に時間が無いなか、苦心してまとめあげた作品です。気に入ってくれたら嬉しく思います。

ジュンローくんと。彼の着てるTシャツ、うちの娘も着てるぜ…けん玉ボーイズのステージを拝見。技はすごいんだけど、成功率はけっこう低めなんだな…と思ったね…


ゲッツー!鈴木くんと。青いな。とんがってんな。前バンドの時は色々お世話になりました。彼が楽屋でアコギを爪弾きながら口ずさんでるのを聴いておった。おしゃれなコード進行に歌謡感のあるメロディーで、センスあんなあー、って思ったね…

20年来の知人、キサキ社長と。ライブ終了直後でいちばんみすぼらしい状態の俺と、ライブ開始直前でいちばん仕上がってる状態の社長…画像が表してるように、俺と彼の地位は天と地ほどの差があるけど、20年前に一緒にライブした同期が、今でもバリバリにV系バンドやってて、20年経った今、また一緒にライブできた事を、とても嬉しく思います。ちなみに、1994年に彼と一緒に出演したイベントの主催バンドのボーカルが、いまのマツタケのエイジくんです。

そんなこんなで、夏に入ってライブ続きだった電脳は、これにてちょっとお休み。次回のライブからいよいよ新曲の披露が始まる…!また8月の終わりにお会いしましょう。

江坂の夜にに散る。

July 27 [Mon], 2015, 12:15
20日は江坂ミューズにて宇宙戦隊NOIZさんのイベントに出演させていただきました。ライブ自体は非常に盛り上がり、楽しくやれたしMCも好調だったんだけど、個人的に演奏がガタガタであった…ここ最近でいちばんミスが多かったなあ…そこは非常に悔いが残った。ライブに来てくださいました皆様、ありがとうございました!

出番が終わったあと、物販しながらNOIZさんのステージを拝見した。この日で連続17日めのライブだというのに、演奏はガッチガチに安定してて、ステージングはもうキレッキレであった。ライブバンドとしての力量の凄まじさを、まざまざと感じた。ほんと感動したよ…このまま1ヶ月突っ走っていっちゃうんだろうなあ。

マツタケのエイジくんとNOIZ叫さんと。なんなんでしょうね、この謎のドリルポーズは…!この二人の刺青のいかつさに較べたら、俺の刺青など子供の落書きみてえなもんだな…

物販してたら隣にマツタケのタケムラくんがやって来たので、例によって似た顔っていうか鼻の下が長いもん同士並んで撮ってみたぜ…(8ヶ月ぶり2回目)ここにNOIZのマサトくんに入ってもらって、マサト→加藤→タケムラって並んだらモーフィングになるな…!とか考えたけど、NOIZの皆さんはすこぶる多忙のご様子で、そんな茶番に巻き込めなかったぜ…

池袋与太郎哀歌。

July 12 [Sun], 2015, 21:44
11日土曜は2年ぶりの東京ライブでした。朝6時半に梅田で待ち合わせて、末さま・まーやんと落ち合い、一路東京へ。この集合時間なので全員寝不足で眠たいはずなのに、無駄に車中の会話(主にシモネタ)が盛り上がり、高速の支配者末さまのスーパードライビングテクニックも相まって、快適かつあっと言う間に池袋へ到着。昼食にインドカレーを食す。

時間通りに手刀へ入りしてリハを行う。我々は中音の注文が少ないほうで、普段あんまりリハに時間がかからないのだが、この日はなかなかしっくり来ない。音響さんといろいろやりとりをするも、最後まで詰めることができないまま時間がきて、リハ終了。

近場のセットサロンで髪をセットしてもらい、ホテルでメイクをして手刀の楽屋へ戻ると、カラビンカのメンバーから『物販めっちゃお客さん並んでるよ?売らなくていいの?』と言われる。いやースタッフが出てていねえし…と答えると『本番までにタオル売らなきゃなんないんでしょ?』と返される。よう知ってんな…!そんな訳で開き直ってフルメイクフル衣装でタオルのみの物販を行う。買ってくれた皆さんどうもありがとうね!

そして本番を迎える。20年以上バンドやってきて、素人みたいな事言ってたらいかんのだが、お客さんがみっちり入った影響だか、中音がリハと全然違う…!やりづれえ…!そして照明が暗めで足元がよく見えねえ…!エフェクター踏めねえ…!そんなこんなで、歌唱・演奏はかなりグダる場面が多かった。自分やメンバーがわかりやすいミスをするたび、ガクッとテンションが下がるのだが、この日は2年ぶりっつうレア感のおかげだか、すこぶる動員が好調で、非常に盛り上がり、大いに助けていただいた。手放しで浮かれられるようなライブの出来ではなかったが、我々の需要や存在意義をヒシヒシと感じ、ものすごい充足感をいただいた。僕個人的に、非難を受けてでも再々結成して、いい歳して、家庭を持ってでもバンドを続けている理由は、こういう感覚を、麻薬中毒者のように求めて続けておるが為であります。ライブにお越しの皆さま、ありがとうございました。東京へは次回は間を空けずに行きたいな…!

アンコールでは俺がこの世で一番好きなバンド、COALTAR OF THE DEEPERSのコピーバンドに参加。リハではカラビンカ純くんがスティーブン・セガール暴走列車ばりのドラムを叩き、もうちょっと抑えてくれ、とお願いしたので、本番では大丈夫だろう…と思ってたら、本番ではもっと速かった。まじか…!BLINKのサビの高速16刻みがスピードに全くついていけんかった…けど楽しかったです。ディーパーズのコピーをするのはヨウスイくんチーム以来だから、10年ぶりか…画像はシブサキ、クドギシ、タカトウリの3人。

打ち上げではほぼ同世代の皆さんと、90年代のV系の話題で大いに盛り上がる。これまた楽しかった…!そもそも大阪では同世代のバンドマンはほとんど絶滅してるからな…exプール、現在はLAB. THE BASEMENTなどでベースを弾いているティルくんとも久しぶりに会ったぞ。彼も俺が好きなSPEED-iDを愛聴しているとの事で、会話が弾んだぜ…ティルくんと俺とは顔の系統が似ていると言われた事があるので、スタッフ嬢に、顔似てるだろ?と問うと『ティルさんのほうがイケメンです』と返された。…あかんか。加藤、あかんか。

しかし東京のバンドマンと話をすると、俺が若かりし頃、雑誌などで見ていた有名ミュージシャンの名前やエピソードが普通にポンポン出てきて、やっぱり東京はシーンの中心なんだな…俺らも一番盛んに活動してた時期に東京に出てきてたら、今と違ったバンドの未来があったのかな…と思ったりもした。

そんなこんなで40を迎えた僕ですが、ますますV系バンドを頑張っていこう、と決意を新たにした東京遠征でした。ディーパーズのナラサキ御大の言葉を借りて言うと、俺たちはまだ若い!俺たちの青春はまだまだ続く!

40souls.

May 07 [Thu], 2015, 20:15
子供の日にして俺の誕生日、5日はリトルハーツさん主催イベントでした。四十路初ライブ。2日のライブは個人的にアガりきれなかったので、そのリベンジに燃えておった。ライブとライブの間隔が近くて、ウチの動員は少なめである事が予測されたので、あったかい反応など皆無のアゲインストな雰囲気を覚悟してライブに挑んだ。2日は肩の力が入りすぎて、終始うわついた感じのギターを弾いてしまったが、今回は落ち着いて演奏が出来た。そしてお客さんの反応は予想外に良くて、楽しゅうございました。ライブにお越しの皆さん、ありがとうございました。6月は 諸 般 の 事 情 でライブはお休み。まる2ヶ月ライブが空いてしまうのは辛いが、音源製作に集中するとしよう…乞うご期待!

THE BEETHOVENマコトくんと。むかーし、俺がバイトしていた寝屋川のライブハウスに彼の最初?のバンドが出演していた。非常にラルクライクであった記憶…その頃からビッグネームになった今も変わらず、謙虚で礼儀正しい男です。

同じくTHE BEETHOVENフクスケくんと。最初にメトロノームと対バンしたのは2000年頃の本八幡ルート14だった記憶…その頃から今まで、トリッキーで飛び道具的なギターを弾く印象しかなかったのだが、ベートーベンのリハでのオーソドックスなギタープレイを聴いて『ああ、この人普通に上手いんだな…』と思ったぜ…

STEREO CK亜門くんと。第一次再結成時に俺がV系界隈に復帰した際、最も衝撃を受けたバンド、KYOKUTOU GIRL FRIENDの元ドラマー。俺は極東の単なるいちファンだったので、ミーハー的に一緒に写ってもらった…が、亜門くん的にすっぴんに抵抗があるらしく、あんた誰だよ状態である…加藤の頭がえぐれてるような気もするけど、細けえ事は気にすんな!

そんなこんなの楽しい誕生日ライブでした。さすがにこの歳になってくると、いつまでやれるかわからんので、いつ終わっても悔いが残らないよう、やれる間は全力で頑張ります。

カムカムタケシ。

May 03 [Sun], 2015, 14:36
2日土曜日はガーゴ兄貴、ノイズさん、ディアラビさんの3バンドによる、狂い咲きジャパロックツアーの大阪初日のみ参加させていただきました。3バンドともバリバリのライブバンドで、それに対し月1〜2本の活動ペースで活動しているウチがどう太刀打ちするか、ってライブだったんだけど、うーん、個人的には完敗だったね…決め事に対する確認であったり、演奏そのものであったり、日々きっちりと積み重ねられていないものを露呈してしまったような気がする。キメなきゃなんない場面でキメられず、ずっとモヤモヤした気持ちでライブをしてしまったな。我々は元ファーストセル所属、ノイズさんとも過去にご一緒した事数知れずという事で、お客さんの反応は極めて暖かく、ライブ自体はやりやすかったけど、これが完全アウェイの状況だったらと思うとゾッとするぜ…まあ救いは谷口のボーカルが良かった事かな。谷口の唄をいい形でお客さんに聴かせる事が、うちのバンドの存在意義みたいなもんだからな…その精度を高めていきたいものです。そんなこんなでライブにお越しの皆様、ありがとうございました!

この日は近所に住んでいるタケシが観に来てくれた。サンキュー!電脳は抜けたが、なかなか良い感じに日々過ごしているようで何よりだよ。またホルモンとか、ホルモンとか、ホルモンなど食いに行きたいね...

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かとうりょう
  • アイコン画像 誕生日:5月5日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
大阪府堺市中区在住。電脳オヴラアト所属。既婚。
2016年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ