ブログ引っ越しました 

December 16 [Fri], 2011, 6:59

最近なぜかヤプログにアクセスできず、ブログが更新できない状態が続いたんで思い切って引っ越しました。
新ページはこちら→ http://ryoflypara.blog.shinobi.jp/

再度マニラ着! 

December 05 [Mon], 2011, 19:35
日曜はウーロンゴンの近くにあるエリアに見学にでも行こうかと思ったが、あいにくの曇り時々雨の天気。
しかも肌寒い一日だったので宿に閉じこもってた。

そして今日。
10時に宿を出てシドニーへ。
バイクのパーツもようやく届き、取り付けてもらいこれにてシドニーでの用事はほぼ完了!
シドニー発の直前にジャパニーズスーパーで料理酒やらふりかけやら買い込んで、いざ意気揚々とマニラへ。
片道400qの道のりはさすがに遠いが、かっ飛ばしてなんとか日没前に到着。
ゴドフリーはあいにく所用でシドニーにいるらしいが、ゴドフリーのママが宿泊所の案内をしてくれた。

ってもテントで生活するつもりなので、共用キッチン、シャワー、トイレの場所を教えてもらったぐらいだが。
なんにせよ冷蔵庫が使えるのはデカイ!
移動中は生もの腐らせる危険があるので買えなかったが、これでまともな食事が作れるぜ。

エリアのほうは今日は早いうちは飛べたらしく、先に出れたラッキーなパイロットが20qのミニクロカンしたとか。
雲底はそれでも2000mだったらしい。
日本の東北エリアで2000m行くのは年にひとケタ代の回数しかないから、さすがはマニラというべきか。

残念ながらまだグライダーは届いていないのでもう2〜3日は待ちだが、テンション上がってきた!
そういや今日はトラブルらしいトラブルなかったな。
調子も上向いてきたと信じていきまっしょい!

さて、明日はタムワースにメガネ作りに行ってきますかね。







おまけ


来る途中のシングルトンの町の公園になぜか一台だけ戦車が!
こいつはフランスと北アフリカ戦で名をはせた、、特にその重装甲で有名なマチルダ戦車じゃないか!
相対するドイツ軍は88ミリ高射砲でしかこいつを破壊できず・・・と、あまり書くとミリタリーマニアがばれるのでここらでやめとこう。

追伸

宿周辺は携帯通じないみたい。
連絡はここかメールでよろしく。

天は我を見放した? 

December 03 [Sat], 2011, 15:57
現在地は八甲田山!じゃなかった、シドニーから南80qのウーロンゴン。
マニラから遠ざかっとるやんけ!というつっこみが聞こえてきそうだが、ご勘弁を。

本来なら昨日中にバイクの修理が終わってマニラに戻るはずだった。
11時ごろにバイク屋覗いてみたら、まだパーツ来てないよ―との話。
最初の話だと金曜にくるはずだったのだが、ここはオーストラリア。
何にでもオージータイムが適用されるらしい。


エンジン不調の原因はキャブと燃料フィルターだったらしい。
4か月放置の後にレギュラーガソリンで走ったりしてたからな〜。

もしかしたら2時過ぎに来るかもとの話だったので、ニッテル(携帯電話会社)の無料ネットサロンでヒマつぶして4時半過ぎに戻ってみるもやはり来なかったとのこと。
となると土曜日は店は開いてるけどピットが休み、日曜は店も休みなので最低でも月曜までは出来上がらない。
幸いそのパーツ以外の作業は終わっていたのでバイクを受け取り、宿探しにかかる。

だがしかし!なぜかどのバッパーも満室!
ネットで調べた限りユースホステルが一軒あったが、シティのど真ん中なのでバイク置けなそう。
途方に暮れつつ、途中で立ち寄ったジャパレスのウエイターさんに聞いてみると今時期はヨーロピアンの連中の学校の冬休みに当たってるんじゃないかとのこと。
さらにもう一つ、アメリカの超大物シンガー(ラッパー)のエミネムのコンサートが10年ぶりにシドニーで行われているらしい?
エミネムだかエムボマだかエニグマだか知らないが、道は混むし宿は見つからないしこっちとしてはいい迷惑。
ああ、ドーミーインがシドニーにあったら泊めてもらえそうなのになぁ

あてもなくボンダイビーチに行ってバッパーに探りを入れるが、ここもダメ。
道路の向かいのコンドミニアムの駐車場が風も当たらないしちょうど改装中で、資材が置いてあったのでそれで目隠しを作って一泊。
見つかって通報されるんじゃないかとヒヤヒヤしたが、なんとかセーフ。
フライトスーツに激薄毛布一枚で寝たので背中が痛いし冷たかったが、地震で避難所暮らししてた人もこんな感じだったんだろな。

7時くらいに工事関係者っぽいのが来たんで見つかないうちにそそくさと離脱。
ネットで宿を再び探すも当日はやはり×、北は有料道路のバーバーブリッジ&トンネルがあるので通りたくない。
ウーロンゴンあたりまで行けば当日OKな宿が見つかるだろうと信じて探したら、発見、電話で即予約。

いつもの俺ならここで何事もなくすんなりウーロンゴン到着となるはず。
だがしかし、ここでもうひとトラブルあるのが今の俺。
走り始めて10分ぐらいしたところでいきなりのエンスト。再始動不可、シドニー着いた時とおんなじ症状!
天は我を見放した!

あきらめてバイク屋に電話するも、いつもの日本人のメカニックがいないらしく英語での会話が要領を得ない。
ナビによると900m戻ったところにバイク屋があるらしいのでそこまで押していくことにする。
600mくらいえっちらおっちら休み休み押したところで、道行く人が心配して声をかけてくれた。
「ガソリンちゃんと入ってるか?」
昨日見たときは少しは入ってたのでたぶん大丈夫だろうとタンクを見てみると!タンクの底が見えてスッカラカンの状態!
リザーブにするの忘れてた!
そして運良く目の前にガソリンスタンドが!
スタンドで給油してセルを回すと、何事もなかったようにエンジンが回りだした!
天はまだ我を見放してはいなかった!(笑)


・・・つーかガソリンほぼ満タンで預けたのにほぼ空になって帰ってくるってどういうこっちゃい!
せめて、減ってるなら減ってるって教えろや!(怒)


さて、今日明日はゆっくり過ごすつもり。
タップリ寝てからウーロンゴン観光でもするか!






おまけ

帽子なくしたので、オーストラリアっぽい帽子を買おうと思ってみやげ物屋覗いたら、ついに見つけてしまったコルクハット。
使用法は過去記事参照
エリアは放牧地のど真ん中だからコルクの出番あるかも?
(普段はコルク外して使う予定)

ノーモアトラブルと願いたい その2 

December 01 [Thu], 2011, 20:47
移動4日目は夜明け前に起床。
テント張った場所が民家と道路の接続部らしく、犬とニワトリの声が聞こえてくるので家人に気付かれる前に退散。
出発前にバイクのチェーンに注油&チェーン張りしたら、もはやこれ以上張れないことに気付く。
つまり寿命なので、スプロケット&チェーンの交換決定!見積もり額300ドル〜!
自分より先にお金が飛んでいくぜ、まったく。

約2時間のドライブのあと無事にマニラ着!
ショップの位置がわからなくて30分以上迷ったのは秘密
管理者のゴドフリーは元クロスカントリーフライト世界記録ホルダーで、その距離なんと300qオーバー!
(ちなみに日本の国内記録は157km)
日本にも招待されて行って飛んだことがあるらしく、カタコトの日本語も話せる。

荷物置かせてもらって、午後からシドニーに移動開始。
マニラからは400qほどの道のりなのだが、途中で山越えの道を選択したのは明らかな失敗。
センターラインも引けないような細い道がなぜ制限速度100qとかになってるのか理解に苦しむ。
ワインディングロードの連続で、タイヤを信用してない自分にとってはストレスフルな道だった。

ようやく立派な道に抜けたら、今度は雨。
幸い本降りにはならずに済んだので、トラックの後ろにぴったり張り付いて雨よけに使わせてもらった。
シドニー着は6時過ぎ。

目的地まであと10qまで来たところで給油。
バイクにまたがり、セルを回すもなんと今度はエンジンがかからない!
そういや最近アイドリングが頻繁に止まるなーと思っていたのだが、ついにエンジンかからないところまで来た!
これは本気でヤバいと思い、いろいろ試してたら30分くらいしてようやく弱弱しくエンジンがかかるようになり、一気に予約済みのバイク屋まで移動。
なんとか助かったー!
修理待ちの間に用事を済ませればシドニー出発できるはず。

ABNもわかったので、あとは運転免許の翻訳証明を明日作って、終了!
早く飛びたいぜ!

ノーモアトラブルと願いたい 

November 30 [Wed], 2011, 23:03
現在地シドニーの以前住んでいたシェアハウス。
今日はここのソファーを借りて一泊する予定。
この4日で一日平均700q近く走ったからクタクタだ。

初日は予定していたチャーターズタワーズを200qほど過ぎたところにある、A7と77号線の交差点(なんとかクロッシングとか地図には書いてあった)あたりでキャンプ。
荷物を下ろそうとしたとき、バイクのチェーンオイルの缶が破れて中身が漏れているのに気づいた。
思えばこれが今回のトラブルの始まり。
テント設営&食事が夜だったので灯かりめがけて羽蟻の大群が押し寄せ、いたるところアリだらけ。
漏れたオイルがバイクにくっついていたのが、アリまでくっついてゴキブリホイホイみたいな状態に。
実用上の被害はなさそうなのでさっさと寝る。

2日目はA7からA55に乗り換えてローマまで。
マニラと言いローマと言い、他国の主要都市の名前を自国の地方都市につける神経はどうかと思った。
この日はトラブルなし。

内陸はこんな道が延々続く。

そして3日目!
朝早すぎたのでローマはスルーして、スラットでA55を離れザ・ガムズでA5に乗り換えてグィンディウィンディへ。
途中で立ち寄ったA5が通ってる町、ムーニーで重大なことに気づく。
メガネ落とした!
肩掛けカバンに入れた状態だったはずだったんだが、どこにも見当たらず。
すでに最後に確認してから100q以上は走ってたので探しに戻る気力なし。
後で気づいたのだが、ついでにこのとき愛用の帽子と日焼け止めも落とす。
探すのあきらめて先に進んでいたら、今度は前輪からの異音に気付く。
前輪の泥除け(車輪カバー)がめくれて皮一枚状態!


外れたカバーの残骸はスーパーのゴミ箱にちゃんと入れておいた!
パーツ代&工賃で260ドルするらしい(涙)

やや傷心気味でグィンディウィンディの街中走ってたらいきなり後ろからサイレン音。
覆面パトカーにスピード違反でキップ切られて罰金200ドル!
そのあとスーパーで缶詰買ったら4個で5ドルのはずが8ドル取られてた!
(クレームつけたらその分タダにしてくれたから良かったが、時間はムダになった)
さっさとこの街をあとにしようと思って南に向かったら、洪水で道が通行止め!

この先で道路工事の人たちに迂回路の情報を教えてもらった。

ナビ使って迂回路通ろうとしたら沈水橋で、4駆は行けるがロードバイクには無理な水深!

水深は20センチなんで慎重に行けば行けそうだったが、流れが思ったより速いのと万一こけたときのことを考えて断念。

さらに遠回りして別の迂回路通ってどうにか川越えてナビの指定した道に突っ込んだら、20q以上のダート道!
何度かハンドルとられそうになりながらも頑張ってこけずにダートをクリアして、すぐ飯食って適当なトコでテント張ってこの日は就寝。

トラブルって、続くときはどうしてこんなに続くんだろうか…不思議。
順調ならこの日のうちにマニラに着いていたはずなんだが・・・。

長くなってきたので次回に続く!

マニラ着! 

November 30 [Wed], 2011, 8:58
よーやくマニラに着いた―!
初日2日目は順調に平均600q走れたのに昨日はトラブル続きで最悪な一日だったが、何とか無事。
エリア管理者のゴドフリーにもあいさつしたのであとはシドニーに行って用を済ませてくるのみ。
グライダーを日本から送ってもらって、週明けには飛び始めたいぞー!

今日はこれからシドニーに行かなきゃならないので道中の日記はまた後日。

出発進行! 

November 27 [Sun], 2011, 5:50
8時くらいにケアンズ出発する。
タウンズビルから内陸寄りに進路を変えて、今日はチャーターズタワーズ周辺まで行ければ御の字。
一帯ににわか雨予想が出ているので引っかからなければいいが。
あとはケツの限界次第かな。

今後の予定 

November 25 [Fri], 2011, 16:25
明日の朝に出発の予定だったけど、その日の晩に雅子さんから食事の招待をいただいたので出発はそのあとに変更。
5日ぐらいかけてマニラ入りして、エリア管理者にあいさつ、日本からグライダーを送ってもらう予定。
EMSで3日くらいかかるはずなのでその間にいったんシドニーに行ってバイクの整備と、最初に住んでたシェアハウスで書類の回収するつもり。
実はエビ漁船の船員はABNというビジネスの登録番号を取らねばならず、申請の際にシドニーのそのシェアハウスの住所を書いたのでそっちに送られているはずなのだ。
イマームまだいるかな〜?

それが済んだら、マニラに戻っていよいよフライト開始の予定。
2ndビザの申請もそこでするつもり。

季節が秋になって条件が渋くなってきたら、いよいよ大陸一周の旅に出る。
冬は西オーストラリアかノーザンテリトリーで過ごして、来年の春夏はブライトで飛べれば最高だ。

今のところの大まかな予定はこんな感じかな。

ただいまー!! 

November 24 [Thu], 2011, 14:18
約4か月にわたるエビ漁生活を終えて、無事に帰ってきたぜ!!!
セカンドビザの条件も余裕でクリア、今後の資金もがっつり稼いだはずなのでこれからは自由を謳歌しまくる予定!

陸では体験できないことばかりのエビ漁生活だったが、きつい仕事だっただけに充実感と達成感はこれまでの人生でイチバン大きい。


もうすぐ到着のときに撮った夜景。ケアンズの夜景見たら涙がにじんだ。

あとは明日の朝に船の冷凍庫の掃除を済ませたら、すべての仕事が終わる予定。

明日に出発の準備を済ませて、明後日土曜の朝にはケアンズを出ます。
目的地はマニラ!!(ってもフィリピンの首都じゃなくて、タムワースの近くのね)
これから秋になるまで、飛びまくるぞ!目標はクロカン200q!

エビ漁船の写真 

July 27 [Wed], 2011, 19:51

この船がこれから乗るエビ漁船。船名はPERPETUA号(パーペチュアと発音するのかな?)


桟橋から望む。結構大きい。500トン以上はある感じ。


船室。常に冷房が効いていて快適。キッチン周りもしっかりした造りで、長期の航海にも充分耐えれそう。


どっちかが俺のベッドになるらしい。シーツはまだ。


今日の話だと明日の夕方5時くらいには出航らしい。
それから先は全くの音信不通になると思う。
もし電話が通じる機会があるようならこっちからかけるつもり。
もし万一遭難したら、こっちのメディアには載ると思うのでヤフー7ニチゴートゥデイあたりを随時チェックしてみてね。


おまけ


かのトモダチ作戦にも参加した、横須賀が母港の揚陸指揮艦ブルーリッジ
今日たまたまケアンズ港に寄港したんで見に行ってきた。
感想は・・・・デカイ。さすが2万トン。海自のイージス艦の2倍以上はあるから当然か。
パーペチュアに衝突してこないことを祈る。